2008年10月09日

サンマの秋だ・サンマご飯

サンマが大好きです。
だいたいが海鮮ものは何でも好きな家族なのですが、秋は戻り鰹と鮭にサンマ。
中でもサンマは安価で庶民の味方です。
美味しいから好き、安いのも好きで、毎日食べても飽きない私に、kiiさんはうんざり顔。
流石に焼きサンマが続くのも申し訳ないと、サンマご飯にしてみました。
「エ〜〜ッ、サンマご飯なんてイメージが湧かないよ。不味そうじゃない?」と逃げ腰の
kiiさんを無理やり説得して作ったものね。(笑)
美味しくなかったら全部私が平らげるし、決して押し付けないからとは言ったものの、
内心はどうしよう、困ったなと思わないでもありませんでした。
sanma03.jpg
友人は土鍋で炊くのだそうですが、うちの土鍋は大きいし、手ごろな土鍋ではジャムも
作るので、魚の臭いが付くのはチョット困る。
友人からレシピがまだ届かないので、適当いい加減に炊飯器で作りましたが、それが
上々の出来。
kiiさんなど、翌日も「サンマご飯を炊いてよ」ですって。
その翌日もと言われたけれど、そんな三日も続けてなんてね。
誰、イメージが湧かないだの、不味そうだのと散々言っていた御仁は!!

サンマはグリルで焼いて入れます。
隙間には刻み生姜をこれでもかというぐらいにたっぷり入れ、出汁と調味料を入れて
炊くだけ。炊き上がったら魚をほぐして骨を取り出します。
よそったご飯には刻みネギや青紫蘇を乗せて...。
綺麗ですし風味もよかったですよ。
簡単で美味しいこと、これが開拓民の料理では必須条件なのであります。(笑)

ところで焼きサンマ、
サンマは炭火焼に限るとずっと頑固に思い込んでいて、そんなことは町では出来ないので、
山に行くときは、とにかくサンマを提げていく。
毎週毎週、土曜の夜はサンマを焼いてました。
でも、最近少々宗旨替えです。

町でもサンマが食べたい。
火災報知機が鳴るので迂闊にサンマなど焼けない。さてどうするか...。
sanma01.jpg
苦肉の策で、フライパンにクッキングシートを敷いて焼いてみたらこれがいける。
身はふっくら焼けて、しかも油はそこそこ落ちていて丁度いい感じ。
これはメタボにもバッチリではないか...。
で、町でも毎日のように、美味しくて安価なサンマをいただいています。
漁師さん、申し訳ありません。そして感謝しています。
posted by けい at 16:12| 奈良 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サンマご飯、これは絶対美味しいわ♪
こちらでは、いわしは食べますがサンマは食べないです。
採れないのかしら?
小津安二郎の「秋刀魚の味」を初めて観たのはこちらの映画館でです。
いい映画でしたよね。彼はいまだにこちらで大変人気があり、名画座やシネマテークなのどで、よく上映されています。

サンマご飯、日本に帰ったら作ってみようっと。

日本に帰る時期は、まだ決まってないです。
後、3週間から1ヶ月後位じゃないかと思っていますが。
「夢図書館」、期待してくださって本当にありがとうございます。
でも、ここでササッと書いちゃうと、後で困るだろうなぁと思ってナカナカ書けないのです。代わりに、短編を一つアップしておきますので、読んでください。

ところで、ウグイスの卵、あんな色をしているんですね。びっくり!
なんだか、燻製玉子みたいで美味しそうって思ってしまうのは、私だけ?(笑)
Posted by モモカナール at 2008年10月10日 04:43
☆モモカナールさん、おはようございます。

フランスで小津安二郎を観る、なんだか頷ける気がします。
忘れてしまった人情や光景、いい意味で思い返すことが出来る...。
久しぶりに私も観たくなりました。

サンマご飯は絶対にお薦めよ。
この週末も、kiiさんからリクエストが入っているぐらい。
「飽きないの?」「ぜ〜んぜん...」
そんなのイヤだといっていた本人がね。(笑)

あと一ヶ月も本と離れた生活をしなくてはならないの??
ほんとっ、可哀想です。
でも一冊は何とかゲットしたのですから、少しは癒されました?(笑)
あの本、たまたま図書館にあったので借りてきました。
お先にと、kiiさんに横取りされてしまいましたが...。

ウグイスの卵、そういわれると燻製か醤油煮の雰囲気がありますね。
でも、そんな発想を聞いたのは初めて。
モモカナールさん、ひょっとしてお食事前だった??
Posted by けい at 2008年10月10日 07:48
秋刀魚ご飯、美味しそうですね!
鯛めしというのは知っていますが、秋刀魚でも同じように出来るとは!

フライパンでクッキングシート・・・・このアイディアは良いですね。
炭火で焼くのは本当に美味しいですが、うちでも田舎へ行った時くらいしかできません。
家ではグリルで焼いていますが、後始末が結構大変で・・・・
これならフライパンもあまり汚れないし、油も落ちて言うことなしですね。
今度からはこれでいってみます。
Posted by タワラジェンヌ at 2008年10月14日 09:38
☆タワラジェンヌさん、こんばんは。

鯛めしは作ることがありましたが、背の青い魚でご飯
というのはかなり敬遠していました。
でも敬遠していて損をした感じです。
美味しいの何の...。
kiiさんがはまり込んでしまいました。(笑)

炭火で焼くのは街中では無理ですものね。
近所迷惑で叱られそうです。
苦肉の策のクッキングシートですが、kiiさんには
「そこまでして食べたいほどサンマが好きなの?」と
言われてます。
安上がりな奥さんでいいじゃないの、ね。
Posted by けい at 2008年10月14日 19:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック