2008年10月10日

ダイモンジソウ・ジンジソウ

「ダイモンジソウ」〈大文字草〉ユキノシタ科ユキノシタ属
5枚の細い花弁のうち二枚が長く、大の字に似ているので大文字草と呼ばれます。
daimonjisiro01.jpg
花茎は10〜15cmほど。
ダイモンジソウは変異が多い品種なのだそうです。
daimonjiaka01.jpg
現在庭にある野生種は上の白花とこの赤花の二種。

近年園芸新種もかなり作出されているようで、華やかな雰囲気のものも多いですね。
でもやっぱり素朴な原種系に心惹かれます。

「ジンジソウ」(人字草)もユキノシタ科ユキノシタ属でダイモンジソウの仲間です。
花の形が人という字に見えるから人字草といいます。
jinjifu01.jpg
ジンジソウとダイモンジソウの違いは...。
ジンジソウは上部三枚の花弁が小型。
ジンジソウとユキノシタの違いは...。
ユキノシタは上部三枚の花弁に赤色の斑があること。
posted by けい at 13:10| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 草花  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック