2008年10月18日

キムチとナムル

日本はいろいろな国の食文化を居ながらにして楽しめる点で、とても贅沢。
そして、日本流にアレンジしてしまう器用さもあるけれど、どうにもかなわない
というものもありますよね。
そのひとつがキムチではないかしら?
浅漬けも糠漬けも大好きだけれど、時々はキムチも食べたくなる、そんなことって
ありません??

大阪の鶴橋には、韓国料理やその素材を扱う店舗が連なっている一画があります。
「鶴橋国際商店街」といい、いつもよく賑わっています。
購入するものによってはたまに行きますが、どちらかというと、私は昔知人に教えられた
猪飼野(いかいの)コリアンタウンと呼ばれる「御幸通商店街」のほうに行くことが
多いです。慣れ、でしょうか。
kimuti02.jpg
たまたま近くまで行きましたので、急にキムチが食べたくなって...。
食い気には勝てません。(笑)

店によって味が微妙に違うので、数軒を渡り歩いて、いつか買う店は決まって
しまいます。
kimuti06.jpg
どれにしようかなといつも迷うけれど、やはり定番のキムチとカクテギ!!
カクテギは酒の肴に、キムチは応用範囲が広いので重宝します。
kimuti04.jpg
すごく辛そうですが、旨みとコクが勝っていて、辛みは色ほどには感じません。
kimuti03.jpg
他に買いたかったものが、この大豆もやし。
キムチ鍋にも絶対に必須で、あるとないでは味わいが違う。
それにナムルが食べたかったのよね。
kimuti01.jpg
キムチは買いますが、ナムルは断固、自家製です。
熱々の白ご飯にキムチとナムル、あぁ、それだけで幸せ♪

そしていつか、自家製のご馳走キムチを作れる日が来ることを夢見て
いる...。北海道の十勝に住んでいたころの、昔の話です。
冬に向けてたくさんの漬物を保存するのが、冬迎えの準備の一つでした。
納屋にいくつもの漬物樽が並んで、圧巻だったのを覚えています。
母の漬物はどれも大変美味しかったのですが、中でも韓国の人に教えて貰い、
それを自分流にアレンジした「ご馳走キムチ」は評判でした。
いつかきっと野迫川で作ってみたいと思っています。

キムチの中に棒ダラ、ミガキニシン、スルメ、昆布、果物などがたっぷり
入っていて、不思議なハーモニーをかもし出す。
たくさんの具材が贅沢に入っているから、「ご馳走キムチ」
シャリシャリ凍った具ばかり食べて、叱られたことも懐かしい思い出です。
posted by けい at 16:09| 奈良 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここ、ウチの姉がよく買いに行くところ。

昔、キムチダイエットをしてました。
Posted by まつ at 2008年10月18日 20:33
こんばんは
キムチたくさんの種類ですね。
カクテキもキムチも大好物です。
これがあったら他のおかずなんて
いりません。
街中にいたころ韓国のお友達ができて
よくキムチをいただいたのです。
それがおいしくて・・・
でも女性の斡旋業をしていたらしく
韓国に強制送還されてしまいました。
ラグラスとかカボチャとか自然のものが
大好きな人だったのに残念でした。
キムチの手作り講座なんてありますね。
時間がないので参加したことはありませんが
楽しそうですね。
けいさんのところだったら食材が
お店で揃いそうですね。
Posted by ねねまぁにゃ at 2008年10月18日 20:38
「鶴橋国際商店街」は、テレビで見たことあるかも…。
猪飼野コリアンタウンは知りませんでしたが、写真で見るとここもずいぶん本格的。
小説の舞台になりそうな場所ですね。
東京では、コリアンタウンとしては、新宿北側の一帯の大久保あたりが有名ですが、小さな店が軒を連ねる感じじゃないので、情緒に欠けます。大型の韓国スーパーで、キムチを買うことになり、ちょっとつまりません。
キムチ、どれもスゴク美味しそう♪
けいさんはいつも一回にたくさん購入されますね。
ご夫婦ともに、強健な胃で頼もしい。

>カモシカはそこを直登するのよ。
追いかけたときにね、吃驚しました。

爆笑してしまいました。
大型動物に出会ったら、逃げるものだとばかり思ってましたけど、けいさんなら大丈夫ですね。安心しました!

スズランの赤い実、可愛いですね。
私も一時育てましたが、見たことありません。
もしかして、スズランも雄雌あるんでしょうか?


Posted by モモカナール at 2008年10月19日 00:20
☆マツさん、おはようございます。

コリアンタウン、ご存知だったんですね。

「昔、キムチダイエット」って、キムチで痩せるの??
食べ過ぎるので、逆かと思ったわ。
でもスリムなマツさんはダイエットには無関係ですよね。
ひょっとして姉上が??

土曜の夜に町に居ることは滅多にないから気付かなかったのですが、
このブログ、10時から12時ぐらいまで、イライラするぐらいに
動かないですね。
容量が魅力でSeesaaにしたけれど、これではいかぬと思いました。
切り替え時期と方法が問題だわ。
記事はそっくり移動できるけれど、画像は一枚ずつ移さなきゃならない
そうで...。
どうしたものかと、ため息です。
Posted by けい at 2008年10月19日 05:57
☆ねねまぁにゃさん、おはようございます。

キムチもいろいろ種類が多いですよね。
迷うのですが、でも、やっぱり定番に落ち着くんです。
菜っ葉キムチは自分でも作れるし...。
食材もたくさん置いてありますよ。
食材だけの専門店もありましたし...。

白菜キムチは本場韓国ものとは味わいが違っているようで、
微妙に味の調整をしてあるんでしょうね。

キムチの手作り講座があるんですか??
同じく時間がないので、知識は本から仕入れる派。
講座って行ったことがないから...。

韓国の友人に教わったチャプチェ、手間が掛かるけれど
久しぶりに作ってみたくなりました...。
Posted by けい at 2008年10月19日 06:12
☆モモカナールさん、おはようございます。

「鶴橋国際商店街」も「猪飼野コリアンタウン」も、時々撮影隊が
入っていますね。
異国の言葉が飛び交ってウロウロさせられるけれど、楽しい雰囲気
ですよ。

>小説の舞台になりそうな場所
やっぱりそうくる??(笑)
露地を歩くと面白いですよ。
ドキッとさせられることもあるけれど。

近場ならいいのですが、結構遠くて時間が掛かるし
車も入れないしで、行けば多めに仕入れてきます。

浅漬けのときは(これは私が好きなほう)もっぱらそのまま
白ご飯の友で食べて、もう一つは熟成させておきます。
kiiさんは、キムチも少し酸っぱくなるぐらいの発酵した
ものが好きなんですよ。
その頃になると、キムチは調理にも使います。
キムチ鍋や豚キムチにも...。
二週間は充分もちますので、献立に困ると「そうだ、キムチ
がある!!」(笑)

スズランは雌雄異株ではなかったと思いますが、何故か花は
咲いても実のつかない株ってありますね。
私も不思議に思っていました。
早春には、スズランエリアを作り直します。
小道を通して振り分けないと、踏んでしまって可哀想で...。
大作業になります。

そうそう、今朝の朝日新聞1、2面に掲載されていたのが、
ロッテルダム発の特別記事でした。
興味深く読んでいます。
Posted by けい at 2008年10月19日 06:43
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Posted by 株の初心者 at 2014年08月21日 09:44
はじめまして!!

記事を目に留めていただきましてありがとうございます。
Posted by けい at 2014年08月22日 08:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック