2008年11月05日

さんま寿司

相変わらずさんま・秋刀魚・サンマの日々を送っています。
ふふふ、好きだねぇ...。

所用で出かけた先でフラリと入った生鮮スーパー。
なんと新鮮なサンマが9尾パックで450円。
「ほんとぅ?間違いない?」
いくら安価なときでも、一尾50円などというものにはお目にかかったことがない。
新鮮で安いとなれば、これは買いでしょ!!
9尾もどうするか、ですって? ご案じめされるな。
好きなものとなれば、トロ箱一杯のイカでさえ何とかしてしまうけいです。
何のサンマの9尾ぐらい。(笑)

じつは先週、さんま寿司を初めて作りました。
kiiさんの生まれた志摩半島では、サンマはサイラと呼ばれていて、郷土料理として
てこね寿司のほかにサイラ寿司もよく登場し、親しみ深いものでした。
kiiさんの記憶には、油の落ちた紀州沖辺りのサンマが寿司にいいんだとインプット
されていたものだから、そんな秋刀魚が都合よく手に入るとは限らず、今までずっと
作らずにきたのです。
でも、食べてみたいなぁ、一度北海道のサンマで作ってみよう...。
それが先週のことでした。
レシピも何もなく作ったそれは、結構美味しかったのです。
なによ、何処のサンマでも美味しいものは美味しいんじゃないの。すごく損した気分だわ...。

村の友人夫婦にも試食してもらったところ、「美味しいけれど薄皮を引かなきゃ食べにくい」
kiiさんの生家のサイラ寿司は腹開きで棒寿司にするもの。
一尾を丸ごと使うので皮を引くと身が崩れやすく、皮は引かない。

薄皮を引いて果たして上手くできるものなのかと、再挑戦になったわけです。
ネットで検索すると「三枚に下ろす、背開きにする、皮を引く、引かない」といろいろ
出てきました。
背開きにしてどうするのよね。
腹を見せては綺麗な姿寿司にはならないじゃないの...。ヘンなの。
三枚に下ろす?
私が作りたいのはサンマの姿寿司なのよね。箱寿司でもないのです。
試行錯誤、私は私でやってみよう。
腹開きにするのは勿論kiiさんですけどね。
sanma05b.jpg
サンマのきずしを作って、今回は皮を剥いてみました。
背の部分で割れてしまい、三枚下ろしと同じ状態になります。
皮を引くと確かに食べやすいのですが、姿寿司の綺麗さがまったくありません。

「みんな割れちゃうよ。やっぱりうまくできない」
「そりゃぁ、皮を引いてはダメだと思っていたよ。言っておきますけど、薄皮を引いても
割れないほどに背の身を残す、なんて難しいことはできないからね」

サンマの長さに握ったご飯の上に、それだけでは芸がないと青紫蘇と紅しょうがを置き
サンマを乗せる。
とりあえず数本だけ作ってみました。

上の画像はあくまでも試作の失敗作。
まぁ、こんなこともあり、です。

しまいには面倒になり、ざくざく刻んでてこね寿司仕様と相成りまして...。(笑)

sanma04.jpg
てこね寿司は今まで鰹か鯵で作っていたけれど、サンマでてこねなんてね。
かなり醒めた気持ちで口にしたら、これが美味しかった!!
目からウロコ、怪我の功名、kiiさん絶賛、けい大満足...。
こういうこともあるんですねぇ。

数日後に先の姿寿司もどきを口にして「ホウ〜ッ」
寿司飯にサンマの味わいと紅生姜の風味が微妙に馴染んで、これがまた最高の
美味しさ!!
あ〜〜ぁ、これにも填まってしまった。

課題はあるけれど、姿寿司には拘りたい。
今これを書きながら、ふっと閃いたことがありウズウズ...。
試行錯誤とさんま・秋刀魚の日々がまた続くことでしょう。

長くなってごめんなさい。
これはどちらかというと、HPの「けいさんのひとりごと」向きですね。陳謝!!
posted by けい at 11:21| 奈良 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
床板はり、たいへんな作業ですね。
kiiさん1人でこなしているのですか?
サンマもすごい!
美味しいものを食べるのは
簡単ではありませんね。忙しいなか
けいさんがんばりますね。
絶えなき研究心が美味しいものを
作りだしているのでしょうね。
すばらしいことです。
Posted by ねねまぁにゃ at 2008年11月05日 22:36
秋刀魚このとサイラといいました(昔)
懐かしい響きです。
秋刀魚寿司、作ったことがありません。
鯖寿司はよく作ります。
新鮮なことが第一ですね。
近くのスーパーでは手に入りません。
皮を剥くのが大変ですね。
てこね寿司も美味しそう。
私は秋刀魚の佃煮を作っています
ぶつ切りにして甘辛く生姜を利かせています。
ぐつぐつ、コトコト、煮ているのが好きなんです。

↑ 作業すごいな〜〜。
難しそう、でも少しずつ出来上がっていくのが楽しみですね。
頑張ってくださいね。
Posted by sakko at 2008年11月06日 07:42
☆ねねまぁにゃさん、おはようございます。

一応ね、家造り担当はkiiさん、庭造りは私で、
協力し合わなければならないときは共同作業という
パターンになっています。
でも、家造りでは、塗装関連はほとんど私ですし、
庭造りのほうは土木関連はkiiさんの協力がないと
無理ですし、喧嘩しもってうまいこと回ってますね。(笑)

独り仕事だから、家造りも時間が掛かっていますねぇ。
そろそろ走らなくては...。

>サンマ
単に食い意地が張っているだけで...。(笑)
見かけは悪かったですが、とっても美味しかったですよ。
Posted by けい at 2008年11月06日 08:51
☆sakkoさん、おはようございます。

sakkoさの所でも「サイラ」と呼ばれていたのですか!?
志摩半島方面の方言だと思っていました。

鯖や鯵はよくキズシにしていますが、秋刀魚は私も初体験
だったんです。
kiiさんの生家の秋刀魚のキズシとも、ずいぶん違ったもの
になっていますが、意外な美味しさでした。

填まりますよ!!
秋刀魚っていろいろ重宝ですねぇ♪
秋刀魚の佃煮は作ったことがありませんが、煮付けにはよく
します。
ショウガやタカノツメをたっぷり入れて...。

作業ね、地味な作業がずぅっと続くので目立たないのですが、
こんな風に目に付く部分に来ると、一気に進んでいるように
見えるものですね。
Posted by けい at 2008年11月06日 09:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック