2008年11月07日

秋色の山の庭

秋色が深まる山の庭です。

niwa11-10.jpg
庭の奥へと小道を辿ると、こんな雰囲気です。

niwa11-09.jpg
自生のモミジがたくさんありますが、品種の同定はまだまったくできていません。

niwa11-08.jpg
これはメグスリノキ。

niwa11-07.jpg
ニシキギです。

niwa11-06.jpg
カシワバアジサイの紅葉も素敵ですね。

そろそろ凍るかな...。
毎回、湧き水の融水の水抜きをして帰阪しなければならない。
そんなひと手間が掛かる季節です。
凍り付いて破裂する、春まで水が来ない、何度も体験済みですがもう
ご免です。
スタッドレスタイヤの履き替えもしなくては...。。
posted by けい at 20:10| 奈良 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
綺麗な紅葉ですね。
庭の小道が自然そのままで
なんとも贅沢な・・・
都会の生活と山の生活
いろいろ努力されているのでしょうが
多くの人が望んで諦めている生活では
ないでしょうか・・・
夢のようですね。
しかっり地に足をつけたけいさんの
生活ぶり 読書を楽しんで音楽も
お料理も庭仕事も・・・
もっともっといろいろあるのでしょうね。
生きることを楽しんでいる姿が見えます。
Posted by ねねまぁにゃ at 2008年11月07日 20:34
赤、赤、赤の世界ですね。
でもそれぞれに違う赤。
今日は立冬、明日は寒いという予報です。
霜のついた赤も綺麗でしょうね。

一番上の写真の山のお庭
ステキですね〜。
ニシキギの赤も大好きです。
山の赤を見に行きたいな〜〜。

私の近くの田圃では稲刈りが済んで、後の藁塚が並んでいます。
しめ縄を作るための藁です。
最近副業にしめ縄を作っている家があります。
夕日に藁塚が浮かび上がるのが好きです。
その遠くに天理への道があって
並木の木が赤くなっています。
あれでもいい見に行こうと思いました。
けいさんの山の赤には及びませんが
赤い秋を見に行きたいです。
Posted by sakko at 2008年11月07日 23:57
わぁ、すごく綺麗!
眼福です。
こんな小道を散策していると、哲学者か俳人になった気分がしそう。
本当に野迫川は四季を十分に堪能できるところですね。
紅葉狩りの観光客で、道が混んでいるのではないですか?
でも、時間をずらして行けば大丈夫かな…。

早く薪ストーブがつくとイイですね。
とても似合うワ。
ところでこちらでは皆暖炉なんですが、どうして日本は皆薪ストーブを選ぶのでしょう?
メンテナンスのせい?

Posted by モモカナール at 2008年11月08日 02:09
もう秋も深まってきましたね。
こんなに紅葉が進んでいるんですね。
ここ2〜3日、ドライブ中に色づいた木々が目立つようになってきました。
今年は台風もなかったので、木々の紅葉、黄葉がきれいですよね。
山のお庭はやはり寒さが厳しいんですね。
もう凍るのを警戒しなくちゃなんないのね。
手間がかかりますね。
Posted by ann at 2008年11月08日 07:24
野暮用で駆りだされていました。
カメレスで申し訳ありません。

☆ねねまぁにゃさん、こんばんは。

庭の奥までそぞろ歩きしてね、一周コースで小一時間。
いい散歩コースです。
裏山へ続く道も完成すると、少しハードな二時間コース
になるでしょうか。
「自然そのままでなんとも贅沢な・・・」と言って
いただくのは最高の褒め言葉。
心から、ありがとう!!
これがしたくて苦節十年。(笑)

読書に音楽、庭仕事に自然を楽しんではいますけど、
ねねまぁにゃさん、私め料理は苦手なんです。
苦手というよりは嫌いかも。
ほんとうは、食べるのが好きなだけなのよ。
誰も作ってくれないから仕方なく、なの。
あなた作る人、わたし食べる人、これが一番好きなんですけど♪


☆sakkoさん、こんばんは

花の季節は勿論好きですが、冬の前の一瞬の華やぎ、
この季節もいいものですね。

藁塚という言葉はお初です。
どんなものかと、興味津々...。
夕日に藁塚が浮かび上がる風景...。
是非拝見したいです。
ブログにアップしてくださいね!!

天理へ続く道、山の辺の道とは違いますよね?
山の辺の道と柳生街道はよく訪れたものですが...。
奈良の古い道筋、趣があってとっても好きです。


☆モモカナールさん、こんばんは

フランスと同じくで、一瞬の紅葉なんです・・・。
すぐにハラハラ舞い散るんですもの。

過疎の村ですから訪れる人も少なく、秋の京都の
ような賑わいはありません。(哀しいなぁ)
人口600人ほどの村なんですよ。
人口密度の低さではピカイチだと思っているのですが。

薪ストーブね、じつは薪オーブンなの。
大きなお魚が丸ごと焼けるオーブンが付いてます。
友人からの頂きものです。
薪オーブン用に、スキレットが欲しいなぁと思うこの頃...。

薪ストーブは手軽で、暖炉を築炉する熟練の技を要しないから
手軽に取り入れられたのかもしれません。
勿論メンテナンスも楽ですよね。

私ね、昔、けんかで負けそうになると、煙突掃除のブラシを
振り回して、隣の健ちゃんや進ちゃんを追い掛け回しました。(笑)
大切な息子の手にブラシが刺さったと、健ちゃんちのおばさん
に叱られましたっけ。
「このどら娘!!」
ふふ、懐かしいなぁ...。

☆annさん、こんばんは

野迫川は、予測不能でアッという間に冬がやってきます。
今年は暖かいほうなのですが、11月の初旬には霙や氷も
不思議ではありません。

先の冬は、三ヶ月も真っ白の世界だったのよ。
庭仕事が全くできなかったので、春先には参りました。
今年の冬はどうでしょうね。

annさんの所もかなり冷えそうですが、うちほどでは
ないのかしら?
Posted by けい at 2008年11月08日 21:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック