2008年11月08日

またまた、秋刀魚。

凝り性なのかしつこいのか、懲りもせずにまたまた秋刀魚を買ってきました。(笑)
前回のものよりも大振りで鮮度がよく、それなのに一尾78円。
勿論飛びつきました。
6尾はキズシにし、1尾は煮付けに...。
さて、青紫蘇も買ったし、明日は姿寿司にリベンジです。

sanma06.jpg
さんまの煮付けも美味しいけれど、フライってどうなんでしょうね。
美味しいんでしょうか?
試された方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてくださいね。

ところで、秋刀魚の骨が美味しいのはご存知でしょうか?
北海道に住んでいた頃は、ストーブの縁で秋刀魚の骨を焼いていただいたものです。
香ばしくて美味しくて...。
もののない時代だったから?
まぁ、それも確かにあるでしょうが、年月を経ても美味しいものは美味しいはず。
ストーブの縁で焼くということは、街の生活ではなかなかできませんので、揚げてみました。
キズシにした秋刀魚の骨を利用して、「骨せんべい」のできあがり!!
sanma07.jpg
秋刀魚は骨自体が固くないので、上々の美味しさです。
胡麻をまぶして揚げてもいいでしょうね。

捨てるところなく利用できるというのは嬉しいものですが、それが美味しくて滋養があれば
なお嬉しいものですよね。
いくら秋刀魚好きでも、流石に頭と尻尾だけは利用できません。(笑)
ラベル:秋刀魚 さんま
posted by けい at 22:44| 奈良 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちも 昨夜は秋刀魚でした!!
一匹85セント、、、申し訳ない値段でした。
雨季なので BBQ台を軒下に引っ張り寄せて 定番の塩焼き!!
日本の味〜〜〜〜、、、でした。
もうすぐ ニシンが産卵にジョージア海峡を北上する季節、、
しめ鯖ならぬ しめニシン、秋刀魚の代わりに塩焼き 干物 燻製 骨せんべい、、、の季節が来ます。
もうすぐ 年末助け合い寄付のニシン売りがあります。
自分の家からバケツ(大きいのでも小さいのでもOK!!)を片手に
漁船からの直売に並ぶ、、数箇所の漁港で恒例の冬の行事です。
バケツ一杯 5ドルだか10ドル、、、、だったかなあ。
雨でも雪でも みんな早朝から並びます。
しばらく行ってないけど 今年は行ってみようかな〜〜。
Posted by 草刈マッサオの妻 at 2008年11月09日 01:29
秋刀魚、さんま、サンマですね。
78円? この間は99円でした。
骨せんべい、美味しそうですね。

明日の姿寿司・・・・・待っています・

↓の天理への道は
国道24号から東西に走っている道で、
両側に並木があります。
それが色づいて田圃の向こうに並んで見えます。

山の辺の道は我家から真東です。

藁塚は言い方が間違っているかも?
藁の束を5〜6束ずつ穂のほうで括って立てかけて田圃に並べて乾かしているもの
この辺りでは「ちょっぽ」と読んでいますが
俳句を作っている叔父が「藁ちょっぽ」と読んだら、間違っているといわれたそうで「藁塚」に直していましたが

藁塚とは
藁を保存するために真ん中に棒を立ててその周りに藁を積み上げていく。
らしいです。

これをこの辺りでは「藁のススキ」といっていましたが
今はほとんど見かけません。

Posted by sakko at 2008年11月09日 01:39
☆草妻さん、おはようございます。

一匹85セント、似たような値段なんですね。
漁師さんには申し訳ないけれど、庶民は嬉しいわ。
安価で美味しくて栄養価が高いというのは...。

ニシンはこちらでは結構高くて、おまけに店頭にはあまり
並ばないのでなかなか食べられません。
バケツ一杯のニシン!!
一斗缶ぐらいのバケツをぶら下げて、うちなら多分、
最低二名は並ぶわね。(笑)
5ドル・・・安い、10ドルでも安い!! ヒャァ〜〜。
ニシンも秋刀魚も、イカでも鯵やイワシでも、
トロ箱いっぱいあっても使い道いろいろ、平気ですよね♪

ニシンは薄塩で焼いて生姜醤油を垂らすのが好き!!
キズシもおいしいですよね。
うわぁ、ニシンのキズシ、懐かしいなぁ・・・垂涎ものだわ。
そうそう、ニシンの骨せんべいもよくしたわ・・・。

生ニシンはなかなか手に入りませんが、じつは昨日は
ソフトニシンも買ってきたんですよ。
三枚に下ろして薄塩を振って少し干してあるもの。
偶然ながらうちの今日のお昼は「ニシン」です。
熱々に、しょうが醤油でいただきます。
Posted by けい at 2008年11月09日 06:29
☆sakkoさん、おはようございます。

秋刀魚、さんま、サンマで、填まっているでしょ。
sakkoさんの「秋刀魚の佃煮」を拝見して、煮付けを
食べたくなりました。
sakkoさんのように手早くマメには料理ができないのですが、
食い意地だけは張ってますね。(笑)

秋刀魚、一尾50円のときに比べると、一回り大きかったので
嬉しかったです。

骨せんべい、パリパリ、ポリポリしていて、香ばしくって
美味しいですよ。
小さい頃から海藻や骨せんべいをおやつにしていたせいか、
私の骨密度は女性の数値ではないそうな。
お日様をたくさん浴びて動くのも骨が強い一因なのでしょうが、
やはり一番は骨せんべいのおかげかなと思ってます。

妙なことをお聞きしてごめんなさい...。
kiiさんに地図音痴といわれる訳ですね。(笑)
地名を聞きますとあの辺りという東西南北の見当はつくのですが、
道順には弱い...。

「藁ちょっぽ」って味のある表現ですよね。
地方名として呼び方はいろいろなのですから、標準の呼び方に
修正する必要があるのかしら?

そうか、あれを「藁ちょっぽ」というのね。
「藁塚」もよく理解できました。
Posted by けい at 2008年11月09日 06:43
けいさんのサンマを見て
朝ごはんはアジの干物を
やきました。
凝り性が料理上手に
しているのでしょうね。
うらやましいかぎりです。
骨せんべい、子供が小さいとき
良く作りました。
自分の小さい時は囲炉裏の
炭で焼いてたべました。
どちらもおいしいですね。
しばらく食べていませんでした。
今度つくります。
さんま 頭の背骨につながる部分が
いちばんすきです。でもほんの少しで
家族のも貰って食べたいくらいなのですが
場所が場所だけに手をだせないでいます。
Posted by ねねまぁにゃ at 2008年11月09日 09:10
こんばんは
サンマはフライも美味しいですよ。
うちではフライより、手間のかからない空揚げにします。
からっと揚げて、餡掛けも良いです。
最近は、刺身や鮨でもいただくようですが、私的にはサンマは
火をとおさないとだめです。

「藁ちょっぽ」 作物を乾燥や保存のために積み上げるのを
「にお=堆」といいます。秋の十勝ちでは、小豆など堆が絵に
なりますね。

Posted by 南 常雄 at 2008年11月10日 01:11
☆ねねまぁにゃさん、こんばんは。

干物、美味しいですよね。
鯵、イワシ、鯖、カマス、ハタハタ、シイラ...。
シイラの混ぜご飯やお茶漬けは最高ですよね。
好きだなぁ。
kiiさんは秋刀魚の丸干しが大好物なんですよ。
塩気が薄くて味わいが濃い秋刀魚の丸干しが好き、
と言われてもねぇ...。
そんなにピッタシ、都合のいいものはなかなか見つからない
ですよね。
私ね、ネコといわれるぐらいに魚が好きなんです。
舐めるように綺麗にいただきます。(笑)

骨せんべい、美味しいですよね。
囲炉裏がある生活を体験されているのですね。
羨ましい限りです!!
憧れですもの。
じんわりと焼けるから旨みが逃げないし、最高です。

ねねまぁにゃさん、「さんまの頭の背骨につながる部分」
って美味しいんですよね。
「武蔵の恋人だね」とkiiさんが...。
「それってなに?」と私。
「通だね」「ややこしいこと、言わんといて!!」

どのお魚も、頭の背骨につながる部分と頬身とお目目が
美味しいのよね♪
Posted by けい at 2008年11月10日 21:12
☆南さん、こんばんは。

サンマはフライも美味しい?
これは朗報です。
から揚げもO.Kとは...。
から揚げはポン酢で戴くのでしょうか??
あんかけは美味しそうですね。
から揚げ&あんかけ、いただきです。
今週は飽きずにまた秋刀魚が登場しますよ、きっと。(笑)

「にお=堆」=「藁ちょっぽ」
かなり納得です♪
Posted by けい at 2008年11月10日 21:19
サンマの空揚げ
ポン酢、レモン、大根おろし、我家では何でもありです。
マヨネーズやドレッシングも美味しいけど、体重計が恐くなります。
50円以下の時は多めに買って、骨が触らなくなるまで柔らかく煮て、
冷蔵庫で保存します。
Posted by 南 常雄 at 2008年11月11日 00:43
☆南さん、おはようございます。

ポン酢、レモン、大根おろし、ウ〜ん、美味しそうです。
50円以下・・・絶句!!
本場ではそんなときもあるのですか!?

秋刀魚を毎日食べても飽きない私と、嫌いではないけれど
三日以上は続けないで欲しいkiiさんと...。(笑)
これはまぁ、作る人の権利が勝ちそうで、このから揚げを
食べたくなりました。
いいのが手に入りましたら、今日あたりまたサンマですよ。

秋刀魚は刺身ではあまりいただきませんが、kiiさんは
サイラ寿司には完璧に填まり込みました♪
Posted by けい at 2008年11月11日 09:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック