2008年11月10日

山茶花・豊麗と想夫恋

昨日品種名は???と記載した山茶花ですが、リストを見ていたら「豊麗」と判明しました。
hourei01.jpg
品種名が判ってホッとしました。


昨日は、「想夫恋」が咲かないと厭言も申しました...。(笑)
咲いていたんです♪
ちょっと出遅れただけじゃないの、という「想夫恋」さんの声が聞こえてくるような。
soufu01.jpg
葉に特徴があります。
蕾のときはこんなに赤みを帯びているのですが、花はほとんど白の八重咲きです。

soufu02.jpg
やわらかい花弁がとても素敵です。
ネーミングがまたすごい。
「想夫恋」なんてね。
posted by けい at 20:54| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
けいさん
想夫恋・・・素敵なネーミングね
葉も変わっているけれど開花した花びらが
可愛いですね。夫を想う恋なのですね・・
素敵な麗しい花ですね。
会話も愉しそう・・・仲良しですね
何時も色々な花などの素材が沢山見られて
楽しみですよ
有難う・・
Posted by hana at 2008年11月10日 23:08
気になっていた花の名前がわがるとほっとしますね。
「豊麗」名前どうりの花ですね。

想夫恋・・・・うう〜ん。花は八重咲きでちょっと俯き加減ですか。
赤い蕾なのに開けば白、それも八重の
これも名前がぴったりですね。

桜井に椿山があって見にいきましたが、
さくらと違いゆっくりと観賞したい花ですね。

我家には今名前の解らないのが3株、
まだ蕾堅し・・・・です。
Posted by sakko at 2008年11月11日 00:19
☆hanaさん、おはようございます。

「咲かないと伐っちゃうよ」と、乱暴で物騒なことを
口走る私に、花たちは危機感を感じるんでしょうね。(笑)
「花を見せておかなきゃ...」と思ったのかも。

「想夫恋」
一見、凄いネーミングですよね。
ネーミングと花の印象で、いろいろ想像の世界で遊ばせて
貰いました。(笑)
Posted by けい at 2008年11月11日 09:15
☆sakkoさん、おはようございます。

「豊麗」
リストには書いてあったのですが、書いてあったということを
忘れてました。
困ったさん、です。(笑)

「想夫恋」
バラに邪魔をされて、この枝は俯いていましたが、他の枝は
そうでもないようですよ。
蕾からは想像できない花ですよね。
今ね、山茶花にもちょっと填まりかけています。

桜井にある「椿山・山の辺」ですよね。
一度行ってみたいと思っているのです。
植樹の品種も多いのでしょうか。
「奈良花の名所12カ月」を見ながら、行きたい場所を
ピックアップしているのです。
kiiさんが一段落したら、ゆっくり訪ねたい場所が
たくさんあります。

うちの椿は、ほとんどが春にならないと咲かないもの
ばかりです。
葉が寒さに焼けて痛々しくなるので可哀想なのですが。
挿し木のままで、まだ本植えしていないものが30株ほど
あります。
ため息まじりにkiiさんが「何処に植える気?」(笑)
Posted by けい at 2008年11月11日 09:34
寒いですね。
豊麗もすてきですが
想夫恋だいすきなタイプです。
なんと読んだらいいのでしょうか?
なんて考えるのは野暮ですか・・・
Posted by ねねまやにゃ at 2008年11月11日 20:16
☆ねねまぁにゃさん、おはようございます。

急に冷え込んできましたね。

水抜きもしてきましたので安心ですが、次回の野迫川では
木々の葉がみんな落ちているかも...。

「山茶花」
町はまだ咲いていませんよね。
「想夫恋」はそのまま「そうふれん」と読まれているようです。
それにしても、これほど想われたのはいったいどんな人なの
でしょう?
Posted by けい at 2008年11月12日 08:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック