2008年11月11日

さんま寿司にリベンジ

11月5日にアップしたさんま寿司。
思ったようにできなくて悔しい思いをしました。
太くて活きのいいのが手に入ったのでリベンジです。
性格はいたって淡白なのですが、食い意地に関してはかなりしつこいのかも。
これは短所であり、長所でもあるのか...。(笑)

キズシにした秋刀魚です。
sanma10.jpg
食べやすさ優先にしてやはり皮を剥きました。

薄皮を剥くと身が割れるという前回の失敗から、「ひらめいた。これでいこう!!」
疑いの眼で仕方なしに、「まぁ、仰せの通りに・・・」とkiiさん。
ふふふ・・・今回は身が割れずに上手くいったのです。
「マイッタ!!」「何よ、まるで馬鹿にしていたのに...」

背の部分を剥く際に、ここだけが身が見えるまでめくれてしまうのをどうにもできず、
これがまだ課題ですが、今回は一応成功と言ってもいいでしょうか。

恐る恐る巻いてみます。
よしよし、ここでも割れなかった。
sanma09.jpg
一日経ってからのほうが熟れ寿司(なれずし)の味わいが出てきます。

でも作りたても美味しいものですし、美しさに関しては絶対に作ったそのときですよね。
sanma08.jpg
自家製の紅しょうがを合わせて...。
酒の肴を兼ねていますので、寿司飯は少なめです。
当日用には青紫蘇をもっと多めに入れてもよかったかなとは、次回に向けての
留意点です。
これで、とりあえずスッとしました。(笑)

さんま寿司
posted by けい at 10:25| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
見事な出来栄えですね。
おいしそう お呼ばれしたいです。
鯖寿司とか姿寿司を作るという
習慣がないのです。
奈良もそうでしょうが
群馬、栃木は海なし県で
新鮮な魚が手に入りにくかった
せいかもしれません。
今は流通網が発達しているので
そんな事を言うと笑われますが・・・
けいさんもsakkoさんも良く作られる
のですね。
一時電気店のオトンズが海釣りに
填まって毎月出かけたことが
あったのですが
大漁のハナダイやイカ
サバ、アジなどをせっせと配って
あるきました。
ヒラメだけは1匹か2匹またはぼうず
でした。タコもオトンは下手でした。
けいさんのようなお料理上手な
奥さんだったら良かったのに・・・
Posted by ねねまぁにゃ at 2008年11月11日 20:05
わぁ、めちゃくちゃ美味しそうです!
紅しょうがのピンクと紫蘇の緑と秋刀魚の銀色、食欲をそそりますねぇ。
料理屋で出したら、みんな注文するだろうなぁ。
結局、どうやってうまく薄皮を剥げたのですか?
こちらでは、新鮮なお魚が手に入らないので、もっぱら肉食、草食です。

kiiさんは、お料理上手の奥さんと一緒で本当に幸せだワ。

Posted by モモカナール at 2008年11月12日 05:39
美味しそうです。
あの切り口の色、惚れ惚れしますね。
今回は大成功ですね。
皮も上手く剥けましたね。

マイお箸、いえいえ手掴みでいただけそう、
およばれに行きたいな〜〜
なんておもっています。
Posted by sakko at 2008年11月12日 07:14
☆ねねまぁにゃさん、おはようございます。

今回はうまくできたでしょ♪

海が遠いので新鮮な魚が手に入らず、塩鯖にして
移動させたそうで、奈良は柿の葉寿司が有名です。
柿の葉は殺菌効果もあるそうですし、多少の日持ち
もしたのでしょうね。

押し寿司の型もあるのですが、ログに積み上げてある箱の中...。
リビングキッチンに台所用品を移動させて店開きしなければ、
何処に何が入っているのかさっぱり見当が付かないという
状況になっています。(笑)
リビングキッチンの床板張りが済んだら、多少未完成でも
ログからの引越し作業をしようと思ってますが...。

海釣りに凝られたご主人、
新鮮な魚が手に入るので、ねねまぁにゃさんもホクホク
されたのでは??
最近は釣りはされないのでしょうか?
kiiさんは一時期海釣りで、すぐに渓流釣りに転向した
ものですから、大漁は小鯵とイワシしか体験していないです。

とにかく魚が好きなんですよ。
大漁のハナダイやイカ、サバ、アジとお聞きするだけで、
こう食べたい、あれもいいなと頭の中を駆け巡ってます。(笑)

お料理、上手じゃありませんったら...。ほんとうよ。
sakkoさんのお料理上手、工夫上手には脱帽ですよね。
いつか、足元ぐらいにはたどり着きたいわ。
Posted by けい at 2008年11月12日 08:44
☆モモカナールさん、おはようございます。

薄皮ね、剥ぐのは難しくはないのですが、身が割れない
ようにするのが難しかったなぁ...。
骨抜きの際に工夫をして貰ったら、身は割れなくなったけれど、
やっぱり背中の皮は薄皮に付いて剥がれてしまうのよね。
この点はまだ工夫が要りますけど、取りあえずはこれで
よしとしよう...。(笑)

作り立ては見た目が綺麗でしょ。
kiiさんは熟れ寿司が好きですが、私は作り立てのほうが
好きです。
気の合わない二人でしょ。
モモカナールさん、帰国されたら当分はお魚三昧になるの
ではない??
Posted by けい at 2008年11月12日 08:52
☆sakkoさん、おはようございます。

今回の出来上がりには少し気を良くしているのですが、
流石に当分、さいら寿司はもういいです。(笑)
でも安価なさんまがこんなに美味しく変身するのですから、
秋刀魚さま様の心境です。
柚子を効かせてあるので生臭みは全くありませんし...。

そうです、お察しの通り、もう手掴み。(笑)
いつかきっと、いらしてくださいね〜〜
Posted by けい at 2008年11月12日 08:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック