2008年11月12日

からしねぎに魅せられて

からしねぎ
ほんとうに魅力的な食べ物です。11月4日に初めて作ってアップ。
本物の味は知らないけれど、自己流のからしねぎもそれなりに美味しかったと思う。
でも、何かもう一つしっくりしないものがあったのです。
それに、「おいしいけれど...」というkiiさんの「けれど...」が気に掛かっていました。

今回、村の友人宅で何を見つけたかというと、長南蛮
こんなに身近にあったなんてね。
思わず、欲しい!!と叫んでいました。(笑)
長南蛮を見たらトーゼン、迷わず「からしねぎ」にリベンジでしょう。
呆れた顔のkiiさんを横目に、長ネギをざくざく刻む私。

使用した材料は以下の通り。
karanegi05.jpg
長ネギ、長南蛮、豆板醤、韓国の唐辛子、鰹の削り粉。
調味料は醤油と三河味醂だけ。

今回はニンニクをパス、ダシジャコもパス。
タカノツメは出したけれど、長南蛮を多めに使用したので使いませんでした。

karanegi04.jpg
「ウン、美味しい♪ これで決まりでしょう!?」と思わずニンマリする。
kiiさんも「バッチリ、いけるよ!!」

長南蛮はからしねぎには絶対に外せない、必須だと改めて感じたことでした。
前回はニンニクが少し鼻につきました。
入れればいいというものではない、削ぎ落としてシンプルに、これも大切なことかも
しれませんね。
あ〜ぁ、やっとスッキリした。(笑)

長ネギと長南蛮をドッサリ刻み終えた少し後、迂闊にもコンタクトレンズを外した私。
「ヒェ〜ッ、ギャァッ」涙、涙でございました。
舐めても辛い指先が、恨めしや〜。

関連記事
からしねぎを作る
からしねぎ、またまた
posted by けい at 14:38| 奈良 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
からしねぎ工夫されていますね。
納得するまで挑戦するからすごい
でも大体1・2回でクリヤーしていますね。
kiiさんといういい相棒がいるから
張り合いがあるのでしょうね。
トウガラシを扱ったあと思わず目を
こすった経験あります。
それは悲惨でした。
話は変わりますが ヤーコン
寒さは大丈夫です。春から秋にかけての
栽培ですから肥料をたくさん入れた
有機質の多い土で栽培すれば
たくさんとれます。
種イモはいもと茎の間に芽をつけた
かたまりみたいないもがあるので
それを新聞紙に包んで暖かいところで
春まで保存してあげればOKです。
こちらでは葉っぱをお茶に
イモはサラダかキンピラで食べます。
我が家はおじいちゃんの拒否にあって
作るのをやめました。
Posted by ねねまぁにゃ at 2008年11月12日 21:55
☆ねねまぁにゃさん、こんばんは

残念ながらにぼし粉がなかったので、また鰹の削り粉を使いました。
食い意地が張っているでしょ、うちの二人は...。(笑)
今回はまぁ、成功といってもいいかしら。
無くなると寂しいものの一つになりそうです。
ちゃんこ鍋の薬味にもバッチリ合うのよね。

でも長南蛮がねぇ。
残っているものは、細かく刻んで冷凍してみようかな。
そうか、コリアンタウンへ行けばあるのか...などと
思い巡らせています。

トウガラシを触った後の指って凶器ですね。(笑)

ヤーコン情報をありがとうございます!!
>葉っぱをお茶に、イモはサラダかキンピラで
捨てるところが無い優れものですね。
種芋がうまく見つかれば、育ててみようかしら。
Posted by けい at 2008年11月13日 00:37
うふふ。やっぱりけいさんもからしねぎにハマったみたいですね。
魔性の食べ物です(笑)

青い唐辛子で作るのも、スッキリしていいかもしれませんね。
kiiさんも満足で、良かった〜。

実は私も、唐辛子を扱った後、目をこすってしまって、「ギャー!」
手は一応洗った後だったんですけど、唐辛子の成分って、残りやすいみたいです。私以外はやらないだろうなと思ってブログに書かなかったんですが、まさか唐辛子のプロのけいさんまで!(笑)
Posted by モモカナール at 2008年11月13日 04:52
からしねぎに再挑戦で成功。
けいさんちの味ですね。
作ってみようと思いながら、
まだ作っていません。
長南蛮は辛〜〜い、唐辛子なんですね。
南禅寺唐辛子を頂いたのですが、あれは普通の唐辛子ですね。
我家には今太ねぎと細いねぎがありますが、どっちがいいかな?
タカノツメは少しありますが・・・・・

昨年、島唐辛子で七味唐辛子を作られた方が、
大被害を受けておられました。
目が腫れてしまったようです。
後の手洗いが肝心ですね

慌て者のsakkoです。気を引き締めてかからねばと思っています。
上のレシピしっかりメモっておきます。
Posted by sakko at 2008年11月13日 07:31
☆モモカナールさん、おはようございます。

ほんと、からしねぎは魔性の食べ物です!!
エライものを知ってしまいました...。(笑)
ちゃんこ鍋のときにも使ったのですが、薬味としても
最高!!
豆板醤と長南蛮がよかったかも...。
長南蛮は旨みが増すようですね。

ふふふ、私だけじゃなかったんだ。
コンタクトを外すときはギャーなんですが、入れる前に
トウガラシを触っていたら、もう悲惨なんてものでは
ありません。
懲りているはずなのに、それがまたウッカリするのよね。(笑)
Posted by けい at 2008年11月13日 10:03
☆sakkoさん、おはようございます。

長南蛮はそんなに辛くは感じません。
むしろ旨みを感じるかも...。
来年は長南蛮を作りたいと思っています。
葱は断然、細葱。

南禅寺唐辛子というのもあるのですか??
万願寺唐辛子と似たタイプなのかしら?
焼いてポン酢に漬けても美味しいですよね。

トウガラシ、泣くだけでなくて腫れてしまった
なんて、余程ひどかったのですね。
コンタクトレンズを使用しているもので、いつも
用心しているのですが、それでも時々ギャ〜と叫んでます。
Posted by けい at 2008年11月13日 10:12
朝から、とほほーです。
頂いたのは万願寺とうがらしです。
口からでまかせ? なんかお寺の名前だった、そうだ南禅寺だ〜。
そんな慌て物のsakkoです

七味唐辛子にされた「島唐辛子」は
普通のタカノツメの何杯も辛いそうです。
その乾燥したのをミキサーで
その威力やすごいそうですよ。
種を取る時も手袋無しでは指の皮がむけるそうです。

私は普通のタカノツメでやったのですが、
やっぱり咳き込みました。

Posted by sakko at 2008年11月14日 07:53
☆sakkoさん、おはようございます。

ご丁寧に、恐れ入ります。
私なんか、自慢ではないですが、しょっちゅうですよ。
思い込みの世界で...。(笑)

自家製の七味唐辛子作りは躊躇してしまいます。
目をこすらなくても泣けてきそう。
島唐辛子ってそれほど辛いのですか。
今ね、寒暖の差が激しい地域で作れるトウガラシを、
いろいろ模索中なんです。
長南蛮が決まりでしょ、あと幾つか育ててみたいです。
Posted by けい at 2008年11月14日 08:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック