2008年11月23日

クリスマスローズたち

日に日に寒さが厳しくなる山の庭は、舞い落ちる木々の葉さえ少なくなってきました。
でもそんな中で元気なのがクリスマスローズ。
xrose01.jpg
どうしてそんなに元気なの?と言いたいぐらいです。(笑)

いくら出番が近いといっても、少なくともまだ4ヶ月は先なのにね。
xrose02.jpg

大きな株たちも、小さかった実生苗もぐんぐん育っている様子。
来春がとっても楽しみです♪
xrose03.jpg
このエリア、11月13日に深まる秋の庭をアップした際に
「イングリッシュブルーベル、クリスマスローズ、スズラン、えびね、ライラック
などのエリアで、私が一番好きな場所です♪
ナツツバキや桃色ナツツバキ、英彦山ヒメシャラ、白や紅のヤマボウシ、スモークツリー
などに囲まれています」と書いたお気に入りの場所です。

クリスマスローズって面白いのよね。
xrose04.jpg
実生苗は何故か、団体さんで芽を出します。
こんな固まりがあちこちに出てくるので、うっかり踏みそうになり慌てます。
変わった子が出現したら面白いのですが、放りっぱなしの自然交配では、
親に似た子ばかり。
それでも、実生苗の小さな群れを見つけると嬉しいものですね♪
posted by けい at 04:43| 奈良 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 草花  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クリスマスローズが庭いっぱいに広がって
咲いている家を見た事ありますが
素晴らしく見事でした。
種が落ちてどんどん広がっていくのでしょうね。
ログハウスの周りはお花など植物でいっぱいのようですね。
まるで、『風のガーデン』の様!
素敵ですね!
あのドラマで庭の花たちを見ているだけでウットリです!
Posted by nao at 2008年11月23日 11:40
こんばんは
イングリッシュブルウベル
花が咲くのを楽しみにしています。
たくさんの花木も植えられている
エリアなのですね。
クリスマスローズが咲き出すと
次から次えと花の饗宴が始まる
のですね。楽しみです。
クリスマスローズ 前に
やはり自生の苗で山いっぱいに
植えている方をテレビで拝見しましたが
けいさんのところもそうなりそうですね。
私はお手本どうり花がみどりになると
全部切り取っていました。
来年からは種をこぼすことにします。
それも楽しみですね。
Posted by ねねまぁにゃ at 2008年11月23日 20:24
けいさん
クリスマスローズが沢山群生しているのですね
羨ましい
開花時季はとても素晴らしいガーデンになるのでしょうね
楽しみに待ちます
本当に風のガーデンですね
お花も愉しいけれど皆演技者が素晴らしい表情で
こちらも力が入ってTV見ています
Posted by hana at 2008年11月23日 22:43
クリスマスローズって寒さにも強いのですね。
地植えて、実生で増えていくのですか。
昨年始めて鉢植えのを買いました。
大事にし過ぎて、夏に枯れさせてしまいました。
やっぱり一株買ってこよう。
地植えで育てて見ます。
Posted by sakko at 2008年11月24日 00:16
クリスマスローズって、クリスマスに咲く花だと思ってました。
種が落ちて増えるなんて、素敵ですね。
4ヵ月後にアップされる写真が楽しみです。
ウチも地面があればなぁ。。
Posted by モモカナール at 2008年11月24日 02:50
☆naoさん、こんばんは。

クリスマスローズは、イノシシも鹿も敬遠してくれるものですから、
ゆったりした気持ちで眺められます♪
スズランを食べる鹿もいることですから、安心はできませんが、
まぁ大丈夫でしょうと...。
毒性があるものを植えると、ドジな私が一番恐いのですが。

こぼれ種で増えるものはとっても嬉しいですよね。
花や木ばかり植え込んでしまって、今頃ね、畑が欲しいなぁと
ため息をついています。(笑)
Posted by けい at 2008年11月24日 21:38
☆ねねまぁにゃさん、こんばんは。

クリスマスローズ、最近は八重咲きなどの交配種が
いろいろ出現していますけど、高価ですね。

山の庭にはごく普通の品種しかないのですが、それが
一番強くて、厳しい環境の中でもよく育ってくれる
ようです。

春の花の饗宴、楽しみですねぇ...。
何にもなくなった土色の庭を見ながら、緑の頃を懐かしんで
います。
ついこの間まで、雑草に追われて泣いていたのにね。(笑)

緑色にくすんだ実もなかなか風情のあるものですよ。
実生の楽しみもあるし、来年はぜひ!!
私ね、結構自然のままが好きです。
それがズボラガーデナーと言われる所以かな?
Posted by けい at 2008年11月24日 21:49
☆hanaさん、こんばんは。

すっかり雪景色になった北海道ですね。
野迫川はまだ土色の世界でした。

クリスマスローズ、放っておいたらよく増えます。(笑)
手を掛けられないから、強い植物は私向きかも...。
野迫川の春も遅いですが、北海道よりはひと足お先の
一気咲きになります。
雑草の季節はつらいものがありますが、花が咲くのは
待ち遠しいですよね。

風のガーデン、舞台が富良野になったので、花好きには
楽しみなシーンが多くなりましたね。
Posted by けい at 2008年11月24日 21:57
☆sakkoさん、こんばんは。

クリスマスローズって、鉢植えは管理が難しいの
でしょうね。
関西の蒸し暑さは、ちょっと表現できないぐらい
すごいですものね。

うちは放りっぱなしで(これは決して自慢できることでは
ないのですが)、いい加減でしょ。
恥ずかしいです。
花たちの健気さに助けられているんですよね。
Posted by けい at 2008年11月24日 22:04
☆モモカナールさん、こんばんは。

ほんとうはヘレボルス・ニゲルというのがクリスマス・ローズで、
クリスマスの頃に咲くらしいのですが、野迫川では早春にならな
いと咲きません。
ヘレボルス・オリエンタリスという系統も、日本ではクリスマス
ローズとして売られていますが、これは春咲きクリスマスローズ
とも言われています。
寒さに強いと聞いていますので、うちはオリエンタリスのほうが
多いです。
クリスマスローズの中では原種系が一番好きかなぁ。

こぼれ種って、なんだかとっても幸せ気分にならない??(笑)
Posted by けい at 2008年11月24日 22:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック