2009年01月24日

水が美味しい♪

山で一番いいものは、美味しい空気と水。
勿論目に優しい緑がたくさんあること、人口密度が低いこと。
人口密度に関しては、これは過疎だということですけどね。
山暮らしは忙しいし、大変なことも多い。
多方面にわたって相当に不便だしと、負を数え出したらキリが無いので、前向きに
考えるようにしている。

でも、フレッツISDNだけは何とかしてくれないかなぁ。
野迫川村はまだ旧式のフレッツISDNなんだよ。
周囲の村落はもう光が来ているというのにさ。
隣の大塔も富貴もとっくに光になっていると聞いて、ずっこけた私。
せめて、せめてADSLでもいい、何とか考えてくださいまし、野迫川村様...。


さて、気を取り直して、そのおいしい水のことである。

村内は簡易水道だが、離れているのでうちにはその供給がない。
やむを得ず、水も自家調達である。
09-01-b2b.jpg
以前にもアップしたが、右は取水権のある谷からエッチラオッチラ、山を越え谷を越え、
ヤブこぎをして700mを引いてきたもの。作業は当然二人の手で。
この谷の水はお風呂に使っているけれど、これがまたすべすべになる気持ちよさで、
しかも、真冬でも雪の中を裸で(想像しないでね。kiiさんが、上半身だけよ)
歩いても平気なぐらいによく温まる。
家造りが一段落したら土木工事に着手して、この水を庭の中へ巡らせたいと思っている。
そこにセリやクレソン、ワサビを植えたいというのが夢。

左は湧き水で飲料水にしているもの。
凍らないようにと細く流しっぱなしにしておいたのに、流し方が足りなかったようで
氷柱になっていた。
お湯を沸かして蛇口に何杯も掛ける。

この湧き水は、毎週、ポリ容器に汲んで町に持ち帰っている。
お茶やコーヒーは勿論だが、ご飯もこの水で炊く。
09-01-b2a.jpg
昨夏は雨が降らず渇水で切れかけたのには参った。
今年はどうなることか、その対策もしっかり立てておかなくてはいけない。

うちの水を美味しいという人が多いが、それは微量の消毒もしていないせいだろう。
私たちはもう慣れてしまったから判らないが、最初は「なんと美味しい!」と感じて
飲み始めたのだから、仮に簡易水道の供給があったとしても、飲料水としてはこれを
使っているに違いない。

この湧き水で氷を作って飲む、夏の夜のオンザロックは絶品である。
今は想像するだけでブルッと震えるけれど、ホタルや満天の星を眺めながら
酒を酌み交わすひとときはまさに至福である。
posted by けい at 09:06| 奈良 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは
今、雪が降り始めました。積もることを願っています。
水がおいしいのは最高ですね。
自分の敷地で美味しくて安全な水が手に入るなんて
最高です。ポリタンクを15個も買ってオトンと一日がかりで
茨城県との県境まで水を買いに行ったことを思い出しました。
一度で後が続きませんでした。
地下水にはいろいろな効用があるようですね。
暮れに残っていた水を処分したのですが、4年もたつのに
きれいなままでした。岩盤を通るときにたくさんのミネラル分を
もらってくるようです。
けいさんのところは居ながらにして
天然の恩恵を授かっているのですね。
たいへんなこともあるけど、プラスのほうが絶対大きいですね。
Posted by ねねまぁにゃ at 2009年01月24日 11:45
☆ねねまぁにゃさん、こんにちは。

雪、降り始めたのですか...。積もるかな?
大阪は気配だけでした。
風は冷たいけれど気持ちがいい日です。
野迫川は・・・多分また雪でしょうね。

野迫川で暮らすことを決めるまでは、月に一度、同じ奈良県下の
天川村へ「ごろごろ水」と呼ばれる水を汲みに行っていました。
美味しくて、夏場でも傷まないいい水でした。
何年か続けましたが、往復5時間はかなりきつかったです。

うちのはそこまでよくはないのですが、でも消毒していない
せいか甘く感じます♪
水に拘っている訳ではないのですが、慣れてしまったのか
もう他の水が合いません。
Posted by けい at 2009年01月24日 14:46
空気と水がイイのが一番ですね。

空気清浄機+浄水器生活の私には、うらやましい限りです。

700mの管は、外に出ているから凍ってしまうこともあるんでしょうか?
流しっぱなしだと大丈夫なのでしょうか?

わさび田、実現したら素敵ですね♪
さすがに、わさびは鹿も食べないかな(笑)
Posted by モモカナール at 2009年01月24日 16:35
☆モモカナールさん、こんにちは。

空気と水は命の元だものね。
全体的に考えれば、田舎の緑を保護することが
環境悪化に歯止めをかける一助にもなると思って
いるのですが...。

700mの融水は流れているから凍らないのですが、
時々ジョイントが外れて修理に難儀します。
そうなると凍ってしまうから、春まで水が来ないという
こともありなんです。
山暮らしは課題山積でしょ。

>わさびは鹿も食べないかな
ところがどっこい、なのよ。(笑)
ワサビの葉っぱも好物ときている。
ワサビの葉やマツタケを食べている鹿の肉って、いい香りが
して、きっと美味しいに違いないと思うわ。
Posted by けい at 2009年01月24日 16:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック