2009年02月17日

ホダ木搬入と雪害

多分今回でホダ木搬入は最終になる。
春が早そうで、諸々の案件が急かされる気配。
もう戴きに通っている時間がない。
植菌は相当に時間が掛かりそうだし、木々の移植作業も待っている。
その間にボツボツと山菜も顔を出し始めるだろう。

小切って搬入するために、今回もチェーンソー持参で現地へ行ったのだが、これは
燃料切れになり大きなままで持ち込んだ一本。
重すぎて、下ろす際の受け手に置いた作業台を潰してしまった。
クヌギは杉に比べるととても堅くて重量も相当あり、ホダ木をいただくにあたって、
それが一番吃驚させられたことだった。
09-02-07a.jpg
今回の搬入分。
09-02-07b.jpg
さて植菌は上手くいきますか...。 いってほしいなぁ。
昨年は僅かな植菌で丸三日ほど掛かったけれど、さて、今年はいったい何日掛かる
ことだろうか。

今回も日帰りだった。
作業は進んでいないけれど、谷からの融水も細くなっているし、案件は山積みに
なってくる。

帰路は久しぶりに別ルートで...。
杉がたくさん伐り倒されているので、大規模な間伐に入ったのかなと思ったが、
どうも少し様子が違う。
09-02-09c.jpg
車から降りて見てみると、根元から浮いて倒れている。

ここまでになるほどの雨が降ったとも聞いていないし、やはり雪害なのだろう。

09-02-09a.jpg
湿った重い雪が一気に降った影響は、こんなにひどいものだったのか。
走行中に倒れてきたらどうなるか、想像するとゾッとする。
「この道はやっぱり利用したくないね」と異口同音。
09-02-09b.jpg
堅固な地盤である我が家を、つくづく有難いと思ったことである。
posted by けい at 09:25| 奈良 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほだ木ずいぶん太いから重かったでしょう。
おいしい、しいたけを夢見てがんばりましたね。
こんなのに菌を植えたら何年も持つのでしょう。
植え付けがたいへんでしょうが、楽しみがまっていますね。
ずいぶん山奥の林道を通りましたね。
たくさんの杉が倒れて、雪害のひどさを
ものがったていますね。けいさんんのところは
おふたりの決断と行動力で大事にいたらずよかったです。
Posted by ねねまぁにゃ at 2009年02月17日 17:06
なかなか そそられる画像ですね

見たところ 樹齢25年前後 植え込み幅は、およそ1間のまま...
おそらく植樹後 一度も間伐していませんね
これは自然災害ではなく、明らかに山主さんの管理不足。
悲しいかな 我が家周辺にも このような山がいくつかあります

我が家の山桜と樫の柱ですが、塗装してます
当初はとりあえず そのままにして色艶の変化を楽しもうかと思ったのですが、猫が2匹おりますので恰好の“爪とぎアイテム”にされるのは明白!
そのような訳で、柱 腰壁 床 階段 全て塗りました
使った塗料は ポアステインのオリーブを2.5倍希釈
仕上げは ウレタンフラットです。
ポアステインは、ところによって1〜3度塗り 仕上げはペーパー掛けを繰り返しながら2〜3度塗りです。
共に水性ですので、作業後の道具類のメンテナンスも容易ですよ♪
余談ですが、外壁と私の部屋は「スタッコラート」を塗りました。
大理石の粉末入りなのですが...
『あんまり近くで見ないでね!』仕様でございます。。

あっ また長くなってしまいました!
ついでに、12月にお書きになっていたモミノキですが、樹皮の色がわかりませんが、ひょっとすると「カヤ」じゃないですか?
だとしたら、儲けものですよ!!
Posted by Nao at 2009年02月17日 17:13
度々 申し訳ありません
肝心の報告を忘れておりました  そんな年頃でございます。。

先日 ついに「めかぶデヴュー」しました♪
産地は宮城県 長さ10センチくらいのものが2本で確か75円でした
ついでに「フリルレタス」と云う聞き慣れぬレタスも購入!
こちらは愛知県産 ちょっと元気がありませんでしたが、水にさらし袋に入れて野菜庫で夕食時まで待機
元気をとりもどしたフリルレタスは購入時の2倍くらいになりました

お味のほうは、少々苦味のある野趣あふれるレタスといったところでしょうか。
無農薬で、お値段も懐に優しい\80−でした♪

こちらは、風が強く 夕方になって一段と冷えてきました!
さっ 犬達の散歩に行ってきます☆
Posted by Nao at 2009年02月17日 17:43
☆ねねまぁにゃさん、こんばんは。

冷えますね...。
って、2月ですものね。
当たり前といえば当たり前、なんですよね。

ほだ木、今回のはかなり重かったです。
ガソリンの減り具合が違いましたもの。(笑)

この太さですと、うまくいけば8年ぐらいは持つのではないかしら?
その間にうちのクヌギも少しは大きくなるでしょう。

でもね、植菌はぞっとしてますよ。
大変でしょうね...。

この道は雨が降ると土砂崩れがあるし、雪が降るとこんな調子。
あまり好きではないのですが...。
もう二度と通らないようにしようと、固く決心しました。
Posted by けい at 2009年02月17日 20:01
☆Naoさん、こんばんは

確かに手入れはされていませんね。
反対側の山は倒木がまったくなかったので、雪が因とはいえ、
手入れの差で生じた現象だろうとは思っていました。
根元からごっそりと浮き上がっているのを見ると恐いですね。

管理の補助費も出ていると聞きますが、何故かこんな山も多いですね。

塗装、なるほどです。
うちは何でいこうかな...。
塗装は私の担当なので楽しみながらあれこれ吟味して...。
Naoさんのお宅、参考にさせていただきます♪

『あんまり近くで見ないでね!』仕様は、同じくでございます。
そこがまぁ、素人の良さでもありまして、仮に上手くいったら
プロに申し訳ないし、現実にはそんなに立派にできる訳ないし。(笑)

カヤでしたらカヤの実が採れますよね。イヌガヤの実は食べてますが、
カヤの実は加工できるのであるといいなぁと思ってます。
碁盤の趣味はないのですが...。
地元の人はモミだとのことですが、今度間近で木肌を見ることにします。
もうかなり期待してますけど...。

「めかぶ」
4〜5本入りワンパック280円以下ではありませんので、安いのでは
ないでしょうか。
山側ののNaoさんの所で、でしょ。羨ましいなぁ...。

「フリルレタス」
どんなでしょう。
レタス系はかなり好きです。
サラダは勿論ですけど、チャーハンやとスープにも美味しいですものね。
検索してみよう...。
Posted by けい at 2009年02月17日 20:20
こんばんは。
杉の倒木、雪害でもあるでしょうが人災でもあるようです。
こういう実態を普通私たちは見ることができないので
貴重なお写真だと思います。
日本の林業の補助金は、まじめに山の事を考えている人にはおりないような
制度らしいです。
補助金のための補助金?みたいな?
最近、こんな本を読みました。
『森林の崩壊 国土をめぐる負の連鎖』白井裕子著
(ISBN:978-4-10-610296-7)
Posted by 杉丸 at 2009年02月18日 22:19
☆杉丸さん、おはようございます。

確かに、手入れされている山は倒木がかなり少ない感じです。
手入れされていない山ほど、自然災害には弱いようです。

見聞する行政の不備って、呆れることが多いです。
こんなことがまかり通っているのか、ということにもしばしば
遭遇します。
『森林の崩壊 国土をめぐる負の連鎖』
興味のあるテーマです。早速読んでみます。
ありがとう!!
Posted by けい at 2009年02月19日 08:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック