2009年02月27日

マンサクを考察する

車で走行中に、「ちょっと待って!!」
たまたま「道の駅かなん」の横を通ったので、立ち寄ってもらう。
この道の駅はシーズンになるとまるで植木市のようで、いつもたくさんの花を展示
即売している。
この日は平日で人出も少なく、またシーズンには早いので置いてある植物の数も
かなり少なかったが、マンサクが何種かあったので参考のためにと撮ってきた。
でもそのお陰で、労わらなければならないただでさえ少ない脳みそを、酷使する
ことになった...。

「マンサク」
09-02-16a.jpg
これがスタンダードなマンサク。
アテツマンサクとシナマンサク以外は生臭い臭いがあると図鑑には記載されているが、
決して生臭くは感じなかったし、むしろ、いい香りに思えたのはどうしてだろう。
私の鼻が休日だったのか...。

これは「シナマンサク」だろうか・・・。
09-02-16b.jpg
花弁は短くて捩れが少ない。
その時点で「シナマンサク」かと思ったが、ただシナマンサクは開花の時に前年の
枯れた葉が、散らずにそのまま残るものが多い。
この株には葉がまったく残っていなかったが、売り物だから汚い葉を故意に外した
ということはあるかもしれない。
樹高80cmほどの小さな苗だから、それは充分に可能だろう。

さてこれは??
かなりの時間を図鑑とにらみ合う。
トキワマンサクの赤花種である「アカバナトキワマンサク」に色合いはとてもよく
似ているが、トキワマンサクは常緑小高木だから「常緑」ということで除外していい。
09-02-16c.jpg
寒い地方に分布するという「マルバマンサク」の花弁が赤いものを「アカバナマンサク」
花弁の基部だけが赤いものを「ニシキマンサク」というそうだが、アカバナマンサクの
花は暗赤色のように見える。
このローズ色のような美しい花ではない。
したがってこれも除外していいと思う。

この種は在来のマルバマンサクの赤花ではなく、外来種もしくはその園芸改良種
ではないだろうか?
巷でもかなり混同されているようだが、その一因は、このローズ色の品種にしばしば
「アカバナマンサク」の表示がなされていることによるだろう。
道の駅の上記三種のマンサクに付いていた名板にも、すべて「マンサク」とのみ
記載されていたが、実に不親切な話である。

これは我が家の「アテツマンサク」
09mansaku02.jpg
「アテツマンサク」は「シナマンサク」と共に香りがよいとのことだったが、一向に
そうとは感じられなかった。
ますます???が大きくなる。

しかし、マンサクの花は青空によく似合う花木だ。
曇天では黄色がボケてしまうことを、今になって知った。
posted by けい at 20:03| 奈良 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごいですね。勉強になります。
マンサクとけいさんのアテツマンサク
何回も見比べました。
昨日の梅の青軸にも驚きましたが
すごい観察力です。
まるきり違いますね。
トキワマンサクは開花もずっと遅くなりますね。
マンサク奥が深いですね。
Posted by ねねまぁにゃ at 2009年02月27日 20:29
福寿草にマンサクと、春の先駆けの花たちですね、
マンサクって、そんなに色々な花があるの、知りませんでした。
マンサク自体、知らなかったわあ。
ロウバイも今ごろでしょうか?
私は梅くらいしか知らないもんねえ。
雨が続きましたが、今週は回復するのでしょうか?
一気に春が進みそうですね?
Posted by ann at 2009年02月28日 05:30
☆ねねまぁにゃさん、おはようございます。

ローズのはトキワマンサクの赤と似ているでしょう?
でもトキワマンサクは4〜5月が開花ですものね。

ネットの百科事典Wikipediaを見ていましたら、
「中国原産のシナマンサクH. mollisと日本のマンサクとの
雑種H. x intermediaには多くの園芸品種が作出され、
よく栽培されている」と出ていました。
そこに載っていた画像のダイアナが、赤花マンサクと
称されているものによく似ています。

いつも思うことですが、専門業者さんの不勉強は消費者泣かせですね。
Posted by けい at 2009年02月28日 07:29
☆annさん、おはようございます。

春は黄色い花が多いですねぇ。つくづくそう思います。
今はね、早く出て来いリュウキンカの気分です。
待ち遠しくって...。
でもこの前から鹿が食べに来ているのよね。

マンサクも、マルバマンサクやオオバマンサクは知ら
ないし、いつか見てみたいです。
ロウバイはマンサクよりひと足早いようですよ。
五條辺りではもう盛りを過ぎていました。
山の庭にはロウバイがないのです。
満月ロウバイを植えたのですが枯れてしまいました。
もし根付いていたら、先駆けはマンサクでなくてロウバイ
だったでしょうね。

一雨ごとに春が近づいている感じがしますね♪
Posted by けい at 2009年02月28日 07:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック