2009年03月07日

草花たちは

庭の中でもかなり寒暖の差はあるけれど、それなりに可愛い緑色の芽があちこちから
ニョキニョキ現れてきた。
何も出ていないからとkiiさんが足を入れると、「そこには○○が植わってる!」
即座に鋭い声が走るので、うかうか入れないとぼやかれてばかりいる。
そうなのよ、結界の中には絶対に入れないのよ!!(笑)
だいたいが自分でも「此処には何か植えたっけ?」と頼りなくて、踏み石の上しか
歩けないのにね。
まずは、我が庭に〔遊びの空地〕などないものと思し召されよ。

バイモユリの花芽が上がってきた。
09-02-14a.jpg

「海南サラサドウダンの株元に変わった色の芽が出てるよ。ひょっとしてあれは
スノードロップじゃない??見てよ!!」
09-03-01a.jpg
kiiさんが喧しく言い立てるので、「そんな訳ないでしょ、どれどれ...」
あらぁ、ほんとスノードロップだわ。
花が咲くまでには数年掛かるだろうが、ここでも増えそうな気配♪
しかし、植物に関してはまったく門外漢だったkiiさんが、葉を見ただけで
スノードロップと判るようになるなんてね...。

リュウキンカの花芽も上がってきた。
09-03-01c.jpg

これはローマンカモミール。
09-03-01e.jpg

09-03-01f.jpg
枯葉のベットを突き抜けて、イングリッシュブルーベルも頭を出し始めた。
posted by けい at 16:01| 奈良 ☀| Comment(14) | TrackBack(0) | 草花  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
野迫川もすっかり春ですね。
ブルーベルの鉢植えをさがして
園芸店やホームセンターに足を
向けているのですが
行きあうことができません。
なぜ秋のカタログに載ってこないのでしょう。
カッマシアとブルーベルは不思議です。
Posted by ねねまーにゃ at 2009年03月07日 17:29
イングリッシュブルーベル!
一般に出回っているのと見分けがつかないそうだけれど、咲くのを楽しみにしていますよ。
ここは鹿などに荒らされないところなんでしょうね?
スノードロップも種でも増えるんでしょうか?
花はもう、ほとんど咲き終わって、実がふくらんできましたよ。
私は鉢なので、鉢の中に種を落とすべきか、庭の土に落とすべきか、とけちくさく悩んでいるなんて、けいさんの広い庭から見ると、ばからしい話ですかね?
Posted by ann at 2009年03月08日 07:37
枯葉の間から、ピョコピョコ芽を出す光景は、いかにも楽しげ♪
春の訪れにワクワクしますね。

↓の石窯の設計をしている時間も、ピザやパンのことなど考えながら、楽しそうです。
とうとう、タイルが貼られるのですね。
昔集めたタイルが廃番というのは残念です。
実は私も、アンダルシア地方からえっちらおっちら運んできたブルーの唐草模様のタイル50キロが家に眠っています(笑)
本当は、家を購入した時に使うつもりだったんですけど、もう出来ちゃっているのを壊すのはもったいなくて、結局、田舎に別荘を買ったときにしようとか言ってますが、いつになることやら…(涙)

Posted by モモカナール at 2009年03月08日 14:18
けいさんの所はもう春の芽吹きがあちらこちらから!
一番嬉しい時期でしょうね。
何でも、芽が出ると言うのは良いものです!
こちらまでウキウキしてきます。
↓「ウワ〜ァ」素敵なタイルばかり
とても、想像を掻き立てられますね。
どこかに使えないのでしょうか?ポコットはめ込んでも素敵なような!!
真ん中で曲がったのもあるなんて初めてです。
よそごとながらウキウキです!(早く見たいナ〜!)
Posted by nao at 2009年03月08日 16:52
けいさんのところも次々と春が訪れていますね。
バイモ百合は私のはもう一寸背が伸びていますが
鉢植えのリュウキンカは蕾が一つまだ地についたままです。

カモミールがあちこちに生えてきています。
「カモミール」とだけ覚えていましたが
まったく同じような株です
「ローマンカモミール」ですね。

↓の石窯の設計図作り・・・楽しそうですね。
石窯で焼いた熱々ぱりぱりのパイ・・・・
待ち遠しいですね。
キッチンのタイルも決まり、いよいよですね。
Posted by sakko at 2009年03月09日 00:21
こんにちは・・
けいさんのお家の周りでは
沢山の可愛い花芽が出始めましたね
どきどきワクワクする時を迎えていますね
我家はけいさんほどではありませんがネコか犬くらいの庭
デスそれでも主人があちこち踏みながら進入しますので
大きな声・・・(自分)があちこちから飛び交いながらの庭仕事
を毎年繰り返しています。
リュウキンカの花芽がポッコリ膨らんでいますね
楽しみな時期になりましたね
こちらは先ず雪画なくなるにはまだまだ1ヶ月以上ははるかにかかります。
Posted by hana at 2009年03月09日 12:18
☆ねねまぁにゃさん、こんばんは。

イングリッシュブルーベルは少ないのかなぁ...。
球根ツリガネソウは売っているのを見かけますが、
似ているようでもやはり違うのですね。
球根ツリガネソウもよく増えますね。
混合で植えたもので悲鳴をあげています。
色合いがまとまらずにバラバラなんですもの。

日一日と春めいてきますね。
鳥たちが賑やかになって来ました。
kiiさんは夜なべで巣箱整備をしています。
Posted by けい at 2009年03月09日 18:53
☆ねねまぁにゃさんへ追伸

カマッシアね、やっぱり確かに植えたはずで、それも
白と紫ではなかったかなぁ。
探し回っていたら、細い葉っぱがニョキニョキ出ている
のを見つけました。
ひょっとして...。
やせ細っているので、掘りあげて肥培に努めてみますね。
Posted by けい at 2009年03月09日 18:59
☆annさん、こんばんは。

イングリッシュブルーベルとスパニッシュブルーベルと
両者を掛け合わせたハイブリッドがあるそうですね。
うちの球根は外国からの輸入とのことでしたが、どうも
ハイブリッドではないかと疑っています。
見分け方は香り、とのことですから開花を待っているのですが。
イングリッシュブルーベルのイングリッシュを取らなきゃ
ならないかもね。
育苗者&販売業者の大いなる責任、ですよね。

実はね、鹿はブルーベルも食べるのよ。
大事な大事なニッコウキスゲもね、堪忍して欲しいわ。

スノードロップ、まだ咲いてますよ。
一部は種もできてきました。
こぼれ種でも増えますので、充実するまで置いて鉢の中に
落としてみては?
増えてからごっそり鉢ごと下ろすと安心なんじゃない??
Posted by けい at 2009年03月09日 19:23
こんばんは
突然ですが、堆肥の袋をみていたら
梱包に使えそうと思い立ち
小さい苗ですがポポーの苗を送りました。
こぼれ種で生えたもので7.8年かかるかと
思いますが、じゃまにならないところに
植えておいてください。
ヤマトの人に先が欠けると困ると言われたので
自分で芯を折りました。
一週間くらいそのままで大丈夫とおもいます。
押し付けでごめんなさい。
Posted by ねねまぁにゃ at 2009年03月09日 19:31
☆モモカナールさん、こんばんは。

時々ね、思いがけないものが出てくるので、それが
一番楽しいのよね♪

石窯ねぇ...。
宿題を山積されるようで、私は「ウ〜〜ン...」と歯切れが
悪いのよ。(笑)
美味しいのは好きだけれど、ピザやパンは苦手分野だから...。
でも、自家製のキノコや野菜を使えたらいいわよね。

スペインやイタリアのタイルは深い色合いがいいですよね。
土が違うものね。
テーブルの真ん中にはめ込んであるのも、イタリアタイル
なんですよ。
タイル50キロを持ち帰るなんて、モモカナールさん、執念ですね。(笑)
ブルーの唐草模様ってあの系統のタイルかなと、今、
頭の中を巡っているけれど、見たいわ!!
Posted by けい at 2009年03月09日 19:36
☆naoさん、こんばんは。

春ってほんと楽しいです♪
こぼれ種や、鳥たちの落し物、いや、プレゼントや...。(笑)
それを発見するときが一番嬉しいです。
庭巡りは、ワッ、キャッになってますよ。

タイルね、鍋敷き、なんていっていないで、何処かに使えたら
ステキですよね。
ガラスとかタイルってなんだか夢がふくらむようで好きです。
Posted by けい at 2009年03月09日 19:44
☆hanaさん、こんばんは。

hanaさんのお宅でもそうでした!?
「入らないで!!」「踏まないで!!」とすかさず声が
飛ぶので、kiiさんイワク「アズマシクナイ」(笑)

庭は今早春賦の世界で、お日様が顔を出したときだけ
〔ちょっとだけ春〕の雰囲気になります。
暑いといって上着を脱いだと思うと、寒くなったり...。
でも、ひと足お先の春がもう目の前です。

今年の北海道は春が早いと思っていたら、きっちりと
帳尻合わせの雪ですね。
Posted by けい at 2009年03月09日 19:52
☆ねねまぁにゃさん、こんばんは

ポポーの苗ですか!!
ありがとうございます。すご〜く嬉しいです。
憧れのポポー、夢に見ていたポポーです。
園芸誌を眺めながら、躊躇して、手が出せないでいました。
ねねまぁにゃさんのお宅は一本でたくさんの実が生るのに、
園芸誌では必ず二本以上植える、となっているでしょ。
ずっと「???」だったんです。

あの渋い花が見れる日、魅惑的な果実を口にすることが
できる日がくるかもしれないなんて。
到着をワクワクしながら待っています♪
でも、枯れたら、どうしよう...。
Posted by けい at 2009年03月09日 20:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック