2009年03月09日

ようやく満開♪

2月21日にチラリと咲き出したアテツマンサクが、ようやく満開になった。
日中はそこそこ気温が上がるけれど、朝晩は急降下するせいか、開花までの時間が
とても長いのが山の庭の特徴。
気を持たせてくれるでしょ。

満開になると嬉しくて気もそぞろになるけれど、きのこの植菌が急かれているから、
ゆっくり遊んではいられない。
それでもお日様が照ると、時折こっそり抜け出しては「ワ〜ッ、気持ちいい!!」と
見上げている。
09mansaku03c.jpg

09mansaku03e.jpg

09mansaku03b.jpg

関連記事
マンサクを考察する
マンサクの花

早咲きの紅梅がチラリと咲き出した。
ほんのチラリでまだ8輪。数えるかな...。(笑)
09-03-06a.jpg
昨年は受難だったこの紅梅。
気付かない間にカイガラムシがびっしり付いて、こんなことは初めてだったから、
慌ててバケツにこそげ落として(半分泣きながら...)、木酢液を塗って保護した。
甲斐あって、なんとか持ち直してくれたみたい。
たくさんの花芽をつけてくれた。
昨年の掲示板を見ると3月30日に二、三分咲きだったから、今年はやはり早そうだ。
もうすぐ梅の花が咲くよ、ミツバチ君たち早く出ておいで!!
posted by けい at 22:11| 奈良 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マンサクの花、すっかり満開ですね。
青空に映えて綺麗♪

カイガラムシって、私も一番嫌ッ!
取るのすごく大変だし、潰すと赤くて気持ち悪いし、取り残すとしばらくするとまた一気に増えているし、取りにくい裏側とかにつくし、ウチは屋上なのに、一体どうやってつくんでしょう(涙)
去年はウチは大丈夫でしたが、見つけると枝ごと落としちゃうことが多いです。
木酢液を塗っておくと、予防になりますか?
カイガラムシは、出たらこそげ落とすしかないのでしょうか?
Posted by モモカナール at 2009年03月10日 01:59
☆モモカナールさん、おはようございます。

カイガラムシね、白いのでなくて茶色のが付いたので
判りにくくて...。
鳥さんもサボったのか、知らないうちにビッシリに
なっていました。
何しろうちには鳥たちが多いでしょ。
そのお陰で薬の世話になることはないもので、安心
しきっていたのよ。
集めたカイガラムシは即火あぶりの刑に処しました。

回復と予防の意味で木酢液を塗ったり散布したり...。
なるべく天然に近いものしか使わないようにしています。
木酢液は予防にも効くようですよ。
唐辛子やニンニクもいいと聞きますので、作ってみよう
と思ってます。
やっぱり辛いのかなぁ。
辛くて鳥が来なくなっても困るけれど...。(笑)
Posted by けい at 2009年03月10日 07:32
お早うございます。
今日は又、いいお天気過ぎるくらいの青空です。
このお天気もいつもで続くやら・・・・
最近風の日は少ないですね。
まんさくも梅も咲いて
野迫川村も春ですね〜〜〜。
カイガラムシがついて木が弱るのか
木が弱っているからカイガラムシがつくのか・・・・・
一寸悩んでいるsakkoです。
わが家の小梅にもよくカイガラムシがつきます
これはごく小さいもので棒などで削ぎ落としていますが、
下に落としていました。
そうですね。集めて、火あぶりの刑に処すべきでした。
梅の木の下で「奴らはのうのうと冬を越しているかも」
心配になって来ました。
Posted by sakko at 2009年03月10日 07:56
☆sakkoさん、こんにちは。

よく晴れましたね。晴れたけれど少し寒い??

梅がようやく開き出しました。
これがダラダラと桜の時期までいくんですよ。(笑)
梅と桜と桃が重なるのは、今年はいつ頃になるでしょうね。

梅ってカイガラムシが付きやすいのでしょうか?
木が弱っているからカイガラムシがつく、のほうかも...。
樹勢が強いとカミキリムシにも食害されにくいですものね。
受難のライラック、またひどいことになっていました。
根元をボコボコに食べられていて、気付きませんでした。(涙)

にっくきカミキリムシめと針金で突き倒しましたが、とっくに
巣立ったようで...。
しかし不思議です。
彼らに好かれる木というのがあるんですよね。
Posted by けい at 2009年03月10日 15:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック