2009年03月16日

西吉野のサンシュユ林

西吉野の大久保口付近にサンシュユ林があり、この時期は山肌を黄色に染めて美しい。
賀名生(あのう)梅林を訪れる人も此処までは足を延ばさないのか、車で一瞬の
うちに通過してしまう場所なので気付かないのか、止まって見ている人もいない。
ookubo01.jpg

ookubo02.jpg
花ではなく赤い実に気付いたのが最初だった。
気付いたのはkiiさんで、実の生っていた木はたった一株しかなかった。
その実を見てサンシュユと判明したのだが、それまでもずっとそこに
あった
はずなのに、私たちもその年まで知ることがなかったのである。
それから毎年、花の時期を楽しみに待つようになった。
何しろ、その頃にはもう、我が家のサンシュユは半ば諦めていたから。

ookubo03.jpg
数年前に道路工事の車輌を止める際に、サンシュユが数株伐採されたようだが、
実を見つけたあの木もその中に入っていたものか、それ以降、赤い実を見かける
ことがなくなった。
雌雄異株ではないと思うが、でも摘んで利用しているようにも見えない。

ookubo04.jpg
美しいサンシュユ林だが、残念なことに伸びた下草やゴミが散乱していて、近寄って
見ると幻滅する。
保護して環境を美しく保てば見物する人が増え、通行妨害事故の元になるから、
それを避けるためにわざと汚れ放題にしているのかと、穿った見方をしてしまうのだ。
posted by けい at 16:58| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらのサンシュは街路樹なので
良く実はなるのですが常に剪定されていて
そちらみたいにのびのびとしていません。
たくさん花はつけますがかわいそうになりました。
木は自然体がいいですね。
Posted by ねねまぁにゃ at 2009年03月16日 21:41
☆ねねまぁにゃさん、おはようございます。

大阪でも街路樹はそんなものですよ。
コブシ、ハナミズキ、ケヤキ、プラタナス、イチョウ
ヤマモモなどを街路樹で見かけますけど、ケヤキや
プラタナス、コブシなどはコブだらけで見苦しくて
かわいそうです。
だいたいこんな木を街路樹として使うから悪いんですよね。

自然体が好きで切るのが嫌いだから伸び放題で、うちの庭は
エライことになってきました。(笑)
Posted by けい at 2009年03月17日 06:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック