2009年03月18日

クリスマスローズ(3)

最初に植え込んだクリスマスローズは小さな苗を三種だけでした。
それが我が家のクリローさんたちの原点になります。
花が咲いている株は買いませんから(日頃の管理が行き届かない山の庭ですから、
枯れる恐れがあるので苗でしか買いません)運を天に任せる心境でね。(笑)
これはその最初の三種のひとつ。
09whia01.jpg
昨年咲きすぎたせいか、今年は花茎の立ちが少ないです。
大丈夫かなと心配しているのですが。

09whia02.jpg

上の品種のこぼれ種から生まれた子どもは、三年目の今年、開花です。
09whic01.jpg

09whic02.jpg
親に似ているけれど、微妙な変化があるのが面白いですね。


追加して幾つか植え込んだ苗も大きな株になってきました。
09whib02.jpg
こんなに可愛い姿だとは、「当り!!」でした♪
美しい白でしょ♪
09whib01.jpg

関連記事
クリスマスローズ(1)
クリスマスローズ(2)
posted by けい at 12:24| 奈良 | Comment(8) | TrackBack(0) | ☆クリスマスローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きれいじゃないですか〜。
そばかすのない、まっしろな花もあるんですね。
そばかすちゃんはあまりにありきたりだけど、たくさん咲いているとそれもかわいいな、と最近思うようになりました。
珍しい豪華なダブルもいいですが、自然の中ではこういう素朴なのがいいかも。
私も今年は株分けせずにおいて、大株にしよう〜っと。
やっぱり一株から花がたくさん上がっていると豪華ですよね。
Posted by ann at 2009年03月18日 13:16
楚々と咲く感じでいいですよね。
うつむき加減なのがなおさら奥ゆかしくて!
でも最近の新種で上を向いているのを見たことあります。
なんかやっぱり、感じが変わってくるようです。
年々、種が落ちて増えてくるのでしょうが
よそのお庭に見事に群生しているのを見た時は
しばし見とれていました。
けいさんの所も色んな種類のクリスマスローズが咲き乱れる日が
楽しみですね。
足元に密やかに咲くのも趣き深いですが・・・
Posted by nao at 2009年03月18日 17:49
こんにちは
けいさんの苗しか買わないという
一言で秋のシュウメイ菊がたくさん
手折られたことを思い出しました。
可愛い春の妖精たちには手を出さないのですね。
よかったです。
でも仏様にあげるお花をおっていくのもね〜。
家の主にもそばかすがあるのですよ。
そばかすは苦手でしたが今年がらりと変わりました。
なぜなのでしょう? かわいいと思えるのです。
ブルーのそばかすさんなど美人にみえます。
Posted by ねねまぁにゃ at 2009年03月18日 18:00
☆annさん、こんばんは。

>きれいじゃないですか〜
って、ありがとう♪
うちはフツーのしかないんだもの...。
皆さんのところを拝見すると、すごいでしょ。
なんだか、遠慮してしまうわ。
「うちはクリスマスローズのサイトじゃないわい」って、
思わずお腹の中で呟いています。(笑)

ねねまぁにゃさんのところには10年経った株があるの
ですが、その花立ちには卒倒しますよ。
annさん、大株仕立て、庭植えはこれが絶対です。(キッパリ)
Posted by けい at 2009年03月18日 19:26
☆naoさん、こんばんは。

上を向いたクリスマスローズ...。
なんだか想像しにくいですが、作出の技術は
進歩しているのですね。

うちの子たちはフツーの品種でそれも数株からの
交配なので、いかにも山の庭向きで素朴でしょう?
自然任せの交配で、芽が出ても三年〜四年経たないと
何が出てくるか判らない、そんなのもいいですよね。

いつかそれぞれが、大株になって咲き乱れる日を
想像するとわくわくします♪
Posted by けい at 2009年03月18日 20:10
☆ねねまぁにゃさん、こんばんんは。

あのシュウメイギク、思い出すと悲しいです。
シュウメイギクと違って、クリスマスローズは
背丈が低い分、目立たなくて得をしてますね。

ねねまぁにゃさんのワサビ畑の傍らのクリスマスローズは
一帯何本の花茎が立っていました??
20本はあるでしょう?
見事ですね!!
全部の株があのぐらいになったら、卒倒しそうに嬉しいわ
と言いましたら、甘いっと即座に返されました。(笑)

クリローさんにブルーのそばかすもあるのですか??
拝見させてね!
Posted by けい at 2009年03月18日 20:16
そろそろ雪の下で、ツボミが膨らんでいるかな。

「花びらは輝くばかりの純白であるが、本当に純真な心を
もっているかどうかわからない」とは・・・。
せっせと実生苗を集めて増殖しているおみちさんが、恐い
今日この頃です。

Posted by 南 常雄 at 2009年03月19日 00:26
☆南さん、こんにちは

50cmの雪の下で、早春を待っている花たち。
愛しいですよね。

「花びらは輝くばかりの純白であるが、本当に純真な心を
もっているかどうかわからない」
不吉な植物から冬のバラへ...。
ファラーも昨今のクリスマスローズの人気振りには、地下で
目を剥いていることでしょうね。

南さん、でもまだトリカブトには手を伸ばされていないから...。(笑)
Posted by けい at 2009年03月19日 15:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック