2009年03月24日

移植作業(2)

先の記事で作業が急遽変更と書いた。
予定ではキノコの植菌を片付けるつもりだったが、桜が里からジリジリと迫ってくる
気配に慌てて、移植のほうを優先することになる。

突然妙な画像が出てきたけれど、これは私の育樹園。
家造りが終わったら納屋を作り、その次にここにレンガを敷いて炉を切って、などと
夢見ているその場所。
育樹園

ところが此処は、ケヤキ、ハナノキ、ナツツバキ、フユザクラ、紅花エゴノキ、
カツラなどに囲まれていて、落ち葉が長年積もってきたせいか、庭の中でも一番
いい土なのである。

切った枝を1メートルもの長さでブツブツ挿すという、極めて大胆な私の挿し木法は
この土があればこそ。
大概のものは地面に直挿しする。
その無謀な有様に、卒倒しそうになる人もいる。(笑)
(ただ、ヤマボウシ系は難しくてギブアップしかけている。)

いろんな植物が飛んできて根を下ろすのも、何故かこの場所が多い。
少し整備して、このまま育樹園として利用するべきか否か、答えは出ているような
ものだけれど、レンガ敷きのテラスとレンガの炉にはずっと憧れていたから、
ウジウジと悩んでしまうのである。

今回はこの育樹エリアにブツブツ挿したままで大きくなり、花まで咲き出して
場所塞ぎになり始めた木々を山に移植する。
オオデマリ、桜、モミジ、アジサイ、アンズに梅、クチナシ、風鈴ガマズミ、山椒など。
動線が長いのと斜面が多いので、移動は重労働である。

モミジ
上の画像はモミジ。
このぐらいなら楽チンだけれど、以前はこの倍ほどあるものを幾つも、二人で、
しかも人力で移植したものだった。

「アンズに梅は4本?オオデマリは5本も有るの?大変だからもう挿さないでよ!!」
しかと厳命されているけれど、枝を切るとつい挿したくなるんだもの...。

長年積み上げてきた草の山はいい土になっている。
土壌の悪いところへはこれを運び、もみ殻などと一緒に混ぜ込む。
草の山が

毎年いったいどれほどの草を引くことか...。
春から秋までは地面を這いずり回り、一人作業の限界を感じて泣きたくなることも
あるけれど、でも植物の芽が出てきたときや花咲くとき、そして雑草の山がこんなに
いい土になったりするのを見ると、苦労なんて思えなくなるわね。

kiiさんがよく言う。
「楽しいという字は楽(らく)と書くけれど、楽(らく)をしていては楽しいことは
やってこないんだよ」
その言葉をしみじみと噛みしめている。


鹿かカモシカが木々の新芽を食べだしたので、その防御対策にも時間を取られ、
一所懸命働いたけれど作業は完遂できず、次回にまだ残してしまった...。
ラベル:移植 モミジ 育樹
posted by けい at 22:22| 奈良 ☀| Comment(16) | TrackBack(0) | 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、大変ですね。

春は待ち遠しいけど、雪深い北国に暮らしていることに感謝です。
あと1ヶ月間はのんびり冬眠していられそうですが、半年も冬眠し
ていると、根っこが生えてきそうです。

今週は毎日のように雪が降っていますが、それでも積雪量は減っ
ているので、確実に春が近づいているようです。
Posted by 南 常雄 at 2009年03月24日 23:19
おはようございます
ふかふかの土ができていますね。
理想の培養土
1メートルの挿し穂ですか
それも半端な種類じゃないですね。
まぁにゃの常識では挿し穂は10センチ
専用の挿し床を用意して薬剤をつけて
と少々めんどう大きくするにも時間がかかります。
けいさんのは立派な成木にしか見えません。
翌年には花も見られますね。
そんないい条件めったに手に入れられる
ものではありませんよね。贅沢ですね〜
人生 楽ありゃ 苦もあるさ〜
楽園に住むには毎日の積み重ねも大切ですね。
kiiさんの言葉肝に銘じておきます。
Posted by ねねまぁにゃ at 2009年03月25日 05:36
すごいねえ、切った枝を一メートルもの長さで挿し木するんですね。
それがちゃんと育つんですね。
山の庭のパワーなのかしら?
普通はねねまあにゃさんのように、10センチくらいの枝でやるのよね。
第一、そんなスペースが、家の庭では取れないもの。

それにしても、山の庭のお世話は、野生の獣たちとの戦いが大変ですね。
丹精した野菜や花をいつも鹿に食べられるというのは、情けないことです。
Posted by ann at 2009年03月25日 06:41
☆南さん、おはようございます。

ゆっくり、じんわりと春に向けて動き出したのですね。
早春って雪国に住まう者には格別な思いがありますよね。

南さんに見せていただく風景は、どれもステキで懐かしい
ですけど、特に春には感動を覚えます。
いっせいに花開く北国の春、少しずつ近づいてきて私も
楽しみです♪

冬場に雪が多い年は、春が忙しくって好きではありません。
元来ズボラなものですから、作業に追われるのは苦痛です。(笑)
Posted by けい at 2009年03月25日 07:41
☆ねねまぁにゃさん、おはようございます。

何も手を掛けないけれど、草の山が小さくなって、
中身はいい土になっているものですね。
草は分解されてしまうけれど、枝は無理。
最初は草も葉も枝も一緒に積んでいましたから。
堆肥場を作って真面目に土作りをしようと考えてます。

挿し木、昔々は10cmぐらいに切って専用の床に
してましたっけ。
今は切る枝も半端な量じゃないでしょ。
小さな挿し穂ですと場所がいくらあっても足りないんですもの。
面倒ですし...。
だから小さくても50cmぐらいなんです。
それもフツーの土にブスッ、ですものね。(笑)
やっぱり、この育樹エリアは専用で置いておくべき、なんですよね。
Posted by けい at 2009年03月25日 07:53
☆annさん、おはようございます。

そうそう、オオデマリや風鈴ガマズミ、山茶花なども
1メートルぐらいで挿し木して、そこで育ち花まで咲いてます。
枝を切ったらブスブス挿すでしょ。
現場を見た人は唖然としてますよ。(笑)
何しろ自然任せが大好きなもので...。

今年は簡易堆肥場を作ろうと思ってます。
にっくき鹿やカモシカは草食だから、その糞も利用してね。
Posted by けい at 2009年03月25日 08:04
育樹園・・・・いいですね。
落ち葉でふかふかの土、そんな場所があったらいいですね。
私も何でも挿してしまいそう。
イチジクが急にカミキリムシにやられてしまって
枝を挿しておいたのですがどうなっているか・・・・

↓もう桜が咲いているのですね。
枝垂れさくらは早いのでしょうか

我が堤防のさくらはまだ咲いていません。
一寸離れた天理の堤防のはもう咲いている木があるという噂です。

わが家の桃が一輪、一厘と咲き始めました。
そうそう、すももが満開です。

でもまた寒くありそうです。
この方が花時が長くていいでしょうね。
Posted by sakko at 2009年03月25日 08:43
忙しい季節になって来ましたね^^

>枝を切るとつい挿したくなるんだもの...。

って私も同じなんです!ついつい増やしてしまうんですよねー^^
大好きなイチジクは特に・・・増やしすぎて、減らされました(泣)

カモシカは充分に保護されたような気がします。。。
我が家の周辺にも良く現れますよー。
まだ特に害は無いので問題無いのですが
結構大きいので近くにいると、こっちがビックリします^^;
Posted by まめっち at 2009年03月25日 14:43
挿し木って、どんどんやりたくなっちゃいますよね。
ウチは、すべての植物がプランターだから、「もうこれ以上増やすな!」とダンナから言われているけど、
ついつい増やしちゃう(笑)
だって、何かがあって枯れちゃった時、挿し木のものがあれば安心ですもの。

ブスッと挿すやり方は豪快でイイなぁ。
簡単だから、どんどんやりたくなっちゃいますね。
でも、移動となると大変!(汗)
それに、草取り、終わりなき作業!!!
除草剤なんか使っちゃったら、せっかくの肥えた土が台無しですものねぇ。。
kiiさんの言葉が、わかります。

ところで、今日はまたさんまご飯を食べるんだ!
もうそろそろサンマも食べられなくなりそうだから、食べ収めによく食べています。
ありがとう、けいさん♪
Posted by モモカナール at 2009年03月25日 17:56
☆sakkoさん、こんばんは。

桜は賀名生の梅林の皇居跡のものなんです。
うちは桜はまだまだ。
梅も咲きそろっていません。

すももの花も光沢のある白でステキですよね。
好きなんです。
スモモは大石早生やサンタローザを植えています。
ソルダムが枯れてしまったので、苗を探しているところです。

寒くなったので、桜花は長持ちするかもですね。
Posted by けい at 2009年03月25日 21:45
☆まめっちさん、こんばんは。

まめっちさんもつい挿したくなるほう!?
フフフ・・・、お仲間がいて嬉しいわ♪

エ〜ッ、秋田でイチジクが育ちます??
防寒とかされているのでしょうか?
イチジクがそちらで育つということは、期待ができそうですね。
柚子は今年も寒さで枯れてしまいましたが...。

カモシカ、もう増えすぎて困っているそうですね。
でも法律に縛られたままで改正されないのですよね。
なんだかね、です。
「おいらの餌場だ」とばかりに、食べまくってますよ。
Posted by けい at 2009年03月25日 21:52
☆モモカナールさん、こんばんは。

モモカナールさんもつい挿してしまうんだ...。
だって、そういう気になるわよね。
「挿すな!!」といわれてもねぇ。(笑)

育樹園の挿し木ね、大きいのは記事に書いたけれど、
50cmぐらいの小さいのは書いていないのです。
それがね、じつは無数にあるの...。
どうしよう...。(汗

さんまご飯、気に入っていただけたようで嬉しいなぁ。
私も食べたくなってきました。
明日はモモカナールバージョンで、作ろうかな。
Posted by けい at 2009年03月25日 22:01
イチジクは植えっぱなしでOKです!
冬の防寒対策もいらないですよー!
ただ、小さいうちは雪が多いと枝が潰れるので
囲いした方がいいかもしれません。
良く増えてくれる優秀な果物です^^v
Posted by まめっち at 2009年03月27日 15:16
☆まめっちさん、こんばんは。

柚子が枯れる地域なのよ。
柑橘類もダメなの。
イチジク、育ちます??

「ヨシッ、チャレンジしてみるからね」と宣言しました。
kiiさんはドッキリしてますよ。(笑)

イチジクのジャムは、ルバーブのジャムと同じぐらい
憧れだもの。
Posted by けい at 2009年03月27日 20:30
大丈夫ですよ!きっと^^
だってうちの近所、ほとんどの家にイチジクありますもの!
1.5メートルの豪雪でも大丈夫ですので、ぜひお試しを。
イチジクの枝を折ると白い汁が出るのですが
昔はイボ取りに使ったそうです。(ウオノメとか・・・?)

(ウチの方も柑橘類は全然ダメです)

イチジクを植える時は根が強いので水周りなどの配管の近くに植えると
配管を壊す可能性があるんだそうです。
トイレ近くに植えると便槽が壊れたり、
浄化槽がやられる可能性もあるらしいので注意です!
Posted by まめっち at 2009年04月03日 13:38
☆まめっちさん、こんにちは。

アドバイスをありがとうございます。
植え場所には注意をしますね。

根が強いということは、崩れそうな場所にもO.K
かもですね。
イノシシや鹿に崩されて、処置なし。根でも何でも
走りまくって欲しい場所があるんです。
試してみようかな。
Posted by けい at 2009年04月05日 17:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック