2009年03月28日

クリスマスローズ(4)

原種系のクリスマスローズがかなり好みです。
地味だけれど心惹かれるものがある...。
山の庭にも似合っているのかも。
フェチダスはようやくすっきりと開花です。
咲きそうでなかなか咲かず、いざ咲きかけてみれば先端の赤がなかなか乗らずで、
ジリジリしました。
フェチダス

「リヴィダス」も好きな品種です。
花は小型だけれど愛らしくて、葉に入る網目模様が美しい。
「リヴィダス・緑花」
リヴィダス
「リヴィダス・紅花」
リヴィダス赤

今年はアグチフォリウスが出てこないの...。(涙

ところで、オリエンタリスはせっせと咲いてくれるのに、それよりも早く咲くはずの
ノイガー種ときたら、いったいどうなっているんだろう。
なかなか花茎を伸ばしてこない。
ようやくバレンタイングリーンが一輪。
バレンタイングリーン
ノイガー種さんたち、早く出ておいで...。
まだかまだかと覗き込みすぎかな??
posted by けい at 00:00| 奈良 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | ☆クリスマスローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マァ〜!
可憐で、気品のある奥ゆかしい感じですね!
けいさんの所でクリスマスローズの色んな
種類を見ることが出来て余計に大好きになりました。
フェチダスですか、なんとも言えない良い雰囲気ですね。
ふちの赤い色がより一層良い雰囲気にしていますね。
これはチョッと見たこと無いですね。
近くの花屋さんには売っていないような・・・!!
↓梅が咲き始めましたね。良い風情です!
Posted by nao at 2009年03月28日 17:19
けいさん、クリスマスローズたくさんの種類を植えていらっしゃるんですね。
感激しながら見せていただいています(前の分も)。

フェチダスの花のにおい嗅いだことありますか?
私は入れたあとのコーヒーかすのにおいに似ている気がしますがけいさんはどう感じるでしょう。
気が向いたら試してみてください。
ちなみに私は嫌いではありません。

リヴィダスもほしくてフェチダスと一緒に数年前苗を買ったのに夏に枯れてしまってがっかり、鉢植えの置き場所が悪かったみたい。
フェチダスは地植えにしたらどんどん大きくなりました。
Posted by ミント at 2009年03月28日 19:10
こんばんは
寒いです。
フェチダスはけいさんのところで
初めてみます。
原種系はアーグチフォリスとステルニーだけです
ステルニーはまだ花がつきません。
アーグチフォリスは原種系で寒さに弱いですね。
こちらでは冬は囲いが必要です。
寒さに強いのがクリスマスローズの良いところ
なのに残念です。
梅もたくさんの種類が咲いてきましたね。
青軸ひどいめにあいましたね。
早い復活を祈ります。
Posted by ねねまぁにゃ at 2009年03月28日 21:27
クリスマスローズって色々な種類があるのですね。
園芸店で見かけても「クリスマス」の頃の咲くのかな?って感じで
見過ごしていました。
けいさんの所やねねまぁにゃさんの所、他のブログでも
よく見かけます。

だんだん「クリロー」のファンになってきました。
今6株育てています。
名前???ですが、お仲間入りできて、うれしいです。
来年はきっと咲かせようと思っています。

Posted by sakko at 2009年03月29日 01:31
☆naoさん、おはようございます。

クリスマスローズの原種系って、なかなかいい雰囲気でしょう??
どちらかというとこの原種系に惹かれています。
かなり地味っぽいですけれど...。(笑)

「フェチダス」
花茎が伸び出してからこの赤が出るまでに、一ヶ月半掛かってますよ。
町でしたらもっと早いのでしょうね。

梅もやっと開花ですが、例年より早いのでミツバチさんが遅れています。
Posted by けい at 2009年03月29日 05:24
☆ミントさん、おはようございます。

株自体はまだ大きくはないのですが、こぼれ種の子達が
咲き出したので、全体では結構豪華に見えるようになり
嬉しいです♪
でもね、我が家にはフツーの品種しかないんですよ。

「フェチダス」
絶対嗅いでみます!!
今ね、傍らに淹れたてのコーヒーがありますけど、
コーヒーかすの香りでも、なんだか期待してしまうわ。(笑)
二株あるのですが片方は弱ってます。

リヴィダスは赤系だけだと思っていたら、緑一色もあるんですね。
アグチフォリウスはかなり大きな株になっていたのに、ガッカリ。

そうそう、「ハワーズエンド」
二冊もあるとお話しましたが、書架ができるまで本は
店開きできなくて段ボール箱の中なんです。
何処に入っているか判らないので、図書館で借りて読みました。
笑ってしまいますよね。
でも、ベルーベルの記載が見つけられなかったです。
あれは監督のイメージで作り上げた、映画の中だけのシーン
だったのかな。
Posted by けい at 2009年03月29日 05:44
☆ねねまぁにゃさん、おはようございます。

ほんと、寒いです!
これだけ寒いと、花苗の植え込みができません。

「フェチダス」と「リヴィダス」は原種系の中でも一番好きです。
でもどちらも増えませんね。
種はできているはずなのに、発芽の気配がありません。

「アグチフォリス」はかなり大株になっていたんですよ。
もうガッカリ...。
なかなか苗を見つけられないんですもの。

じつはリヴィダスの名札が付いていた緑花ですが、
ステルニーの仲間ではないのかと疑っているところなんです。
Posted by けい at 2009年03月29日 05:55
☆sakkoさん、おはようございます。

クリスマスローズの種類、多くなっているようですね。
特にオリエンタリス系は凄いですね。
滅多に覗きませんが、目がクラクラします。
「華やかなものは山には似合わないよ。我慢、我慢」と
言い聞かせてますけど、時折は新しい苗も買ってみたいわ。(笑)

原種系にはかなり惹かれていて、オリエンタリス系のエリアと
原種系のエリアが、いつの間にか出来上がりつつあります。

sakkoさんもクリロー仲間になられて、嬉しいです♪
Posted by けい at 2009年03月29日 06:02
けいさん、やはりフォスターのハワーズ・エンドにブルーベルの森は出て来ませんでしたか。月に光に照らし出される青い花の美しさはジェームズ・アイヴォリー監督の演出ではないかと思っていました。
原作と映画どちらを選ぶ?と聞かれたら迷わずに本をとりますが、時には映像で景色や花などの美しさを鑑賞するのもまた素敵なことですよね。

フェチダスの香り、けいさんはどんな風に表現するのか楽しみです。
Posted by ミント at 2009年03月31日 21:47
☆ミントさんさん、おはようございます。

ブルーベルの記述を探すために読んだようなもので...。
でも見過ごしているのか、見当たらなかったのです。
「月の光に照らし出される青い花の美しさ」
ますますなかったような...。
他館からの借入本だったから慌てて読んだのですが、自分の
ものが出てきたらいつかまた見てみましょう。
私は「読んでから見る派」なのですが、映画のほうがいいものも
たまにはありますよね。
でも「ハワーズエンド」はレンタルでも置いていないですね。
ガーデニング探偵シリーズというのもあったそうですが、面白い
のかしら?

「フェチダスの香り」
今回はキノコに追われて、フェチダスのことをすっかり失念して
いました。(汗
まだ花期があるので、次回に必ず!!
ノイガーの花茎もね、やっと伸びてきたんですよ。
Posted by けい at 2009年04月01日 07:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック