2009年03月29日

クリスマスローズ(5)

ブロッチやスポットやネット、ピコティーにフラッシュ...。
剣弁・丸弁・アネモネ咲きにダブル・セミダブルと、クリスマスローズの世界も
いろいろと複雑ですね。
難しいことは横に置いておいて、単に「オリエンタリス系」としておこう。

クリスマスローズの最初は7年ほど前に植えたたった三株の苗と先に記載したけれど、
それも一株298円の、小さな芽がちょこんと出ているだけの株だった...。
こんなに情けない株では、いったいいつになったら花が咲くのかと思っていたら、
最初の開花までにはかっきり三年掛かったものね。
その三種のエリアが此処。
最初の三種
オリエンタリスというだけで花色も判明しない苗だったが、偶然バラバラだったのが
ラッキーだった。
ピンク

ローズ・スポット

そして3/18にアップした白のそばかすちゃん。
09whia02.jpg
これで親たちが勢揃い。

このこぼれ種から芽を出して、ようやく開花した子どもたちです。
ローズ・スポット
こんなにそっくり親に似なくてもいいと思うわ。
違うところを探したけれど、やっぱりこれは二世だわね。

少し違うものたちも登場してきたけれど、何が出てくるか判らないところが、
自然任せの面白さかな。
濃赤・スポット

ローズ・ネット

花が小さいのに花芯が大きいなんて、これって、あやかっている(奇形)みたい
じゃない?
変形1
これも変な恰好だわ。
変形2
そう思いつつクリスマスローズの本を眺めていたら、小輪多花性タイプに似たような
ものがある...。
せっかく咲いているのに抜くのも可哀想だし...悩んでしまうわね。
posted by けい at 00:00| 奈良 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | ☆クリスマスローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは
どの子もかわいい、どのこもきれい
けいさんのところは広いのですから
抜かないで
そばにちいさのがみえるような
私も今年はこぼれだねに挑戦します。
傾斜地はいいですね。自然にお花が撮れるもの。
遅寝の早起きで昼ごはんをすませたら
眠くなってしまいました。
もう3時です。洗濯物を取り込んで
もうすこし外に出ようと思います。
Posted by ねねまぁにゃ at 2009年03月29日 15:01
ホントにいろんな種類のクリスマスローズがあるのですねぇ。
どれも素敵ですけど、私はどちらかと言うと、こってり色がついたのが、好みかな。。

下から2番目のは、クレマチスとか時計草に雰囲気が似ていて、クリスマスローズに見えません(笑)
自然が工夫して、いろんな形を見せてくれるのは楽しみですね。
Posted by モモカナール at 2009年03月29日 16:19
7年前かああ〜〜、けいさんの庭は歴史を感じる。
私は最初のころはほんの軽い気持ちで始めたので、ここ2〜3年くらいだもんなあ、ちゃんと気を入れてるのは。
何年かたてば、私のクリスマスローズも立派な株立ちになるかな。
その298円くらいの小さな苗を、私も去年買って、育てています。
早ければ来年は咲くかな?と思ってますが、更に一年後、かもしれないですね。
きれいなクリスマスローズコレクションを見せていただきました。
私はローズ色のがきれいだと思うわあ。
そばかすというよりも、かすり模様みたいね、点々が。
Posted by ann at 2009年03月30日 06:41
クリスマスローズの世界を初めて知ったような・・・・
仲間入りにはまだまだ程遠いですが、
零れ種から2世、3世が・・・・
ワクワクしますね。
私も下から2番目のがいいな。あんなのが出てこないかな?
なんて、この夏をうまく越せるかどうかの挑戦なのに・・・。

実は裏の建物を壊して更地にしたのですが、
その時車を止めたりするのにぬかるんではと思い
「五条の砂??」かな、小石の入った堅くなる土を入れてもらったのです。
それで花を植えるときは掘り返して花の土を入れて植えています。
花の土はピートモスなどが入っていて
冬には凄い霜柱が出来て、植えた直ぐの花は盛り上がった霜柱と一緒に
根が出てしまいます。

けいさんのところは落ち葉でふかふかのいい土ですものね。
腐葉土を買ってきて入れてみます。

来年春に「クリローちゃん」がわたしの花園に咲いてくれますように。
Posted by sakko at 2009年03月30日 07:13
親花から、こんなに多種の新しい花が咲くなんて
自然に交配されて変った花になるんですね。
どれも、個性的で素晴らしいです。
自然の力に改めて、感動です。(こんなの買うと大変な値段になりそう)
(チョッと、俗っぽくなってしまいスミマセン!)
いいな〜!
私も、何年か前に鉢植えにしていましたが・・・
結局だめにしてしまいました。(泣)
クリスマスローズだけでこんなに沢山の種類を育てているなんて
それだけで、尊敬です!!
Posted by nao at 2009年03月30日 19:56
☆ねねまぁにゃさん、こんばんは。

「抜かないで」に勇気付けられて、抜かずにおきましょうか...。
種を付けると本体が弱るといいますが、それじゃぁ、自然界では
どうなのよね?
でも、山の庭のクリローさんたちの株立ちが少ないのは、
種を付けるからかも...。

傾斜...土を盛り上げただけなんですよ。
私はかなりいい加減ですから、大層なことはしません。(笑)
Posted by けい at 2009年03月30日 21:06
☆モモカナールさん、こんばんは

うちは種類が少ないですが、填まって植えられている方の
お庭は卒倒しそうな凄さですね。

そうか...。
何かに似ていると思っていたけれど、トケイソウなのね。
抜こうかなと思っていたけれど、ますます抜けなくなって
しまいました。(笑)

クリスマスローズに填まっているわけではないのですが、
自然任せにしていたらいつの間にか増えてきました。
作為しない、これが私の一番拘っている点なのかも...。
Posted by けい at 2009年03月30日 21:12
☆annさん、こんばんは

野迫川は自然環境がかなり厳しいでしょ。
平野部はもっと早くに、理想型になると思います。
それに、annさんは手入れも行き届いていますし、
私のようなズボラガーデニングと違いますからもっと早いかも。

298円、嬉しいお仲間だわ。
高価な苗は植えっぱなしの庭には恐ろしくて...。(笑)
Posted by けい at 2009年03月30日 21:19
☆sakkoさん、こんばんは。

sakkoさんのクリスマスローズは、私が初めて植え込んだ
頃の苗とは違ってずいぶんしっかりしていますし、ねねまぁにゃさん
から届いたものも開花株で大きなものですから、すぐにクリスマスローズ
ガーデンが出来上がると思いますよ♪

エッ、sakkoさんも下から二番目?
マイナーでイヤだなと思っていたのに...。(笑)

山の庭は肥料というものを貰ったことがないのです。
可哀想なぐらいですね。
自然任せもそろそろ限界かなとは思っているのですが。
落ち葉だけでどこまでいけるものでしょうか?
Posted by けい at 2009年03月30日 21:28
☆naoさん、こんばんは。

クリスマスローズは新品種や高価なダブルなどいろいろですが、
うちはそういうのは少ないです。
でも、自然に増えてくれるのが嬉しくって...。
何が出てくるか判らないというのは、かなりギャンブル性もあって
面白いと思われません??

町ではクリスマスローズは難しいのでしょうか??
町の夏の蒸し暑さは異常ですものね。
寒暖の差が激しい地域のほうが合っているのかも...。
寒暖の差がきつすぎて、今朝は氷が張っていましたよ。
Posted by けい at 2009年03月30日 21:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック