2009年04月06日

蕗畑を作ろう!

このところキノコの植菌や樹木の植え替えで目いっぱい働き、山に居る日はかなり
疲れていた。(kiiさんが...)
家造りのほうはストップしているが、そろそろ動き出せそうである。
でもその前にちょっとばかり、チェーンソー仕事を頑張ってもらおうかしら??

此処は蕗畑の予定地。
蕗畑予定地
鹿に目をつけられても、段差を利用してネットを被せる算段ができる...。
普段ならいや〜な顔の一つも見せようものだが、自分の好きなものだからイヤとは
言えないのよね、kiiさん?
何しろ「穴の開いたフ〜キ」がお気に入りだものね。
一面の蕗畑ってステキじゃない??
蕗畑予定地
反対側、段の上から見るとこんな様子。
凄いでしょ。
何年前になるかなぁ...。
奈良を強烈な台風が襲った年があり、自然の脅威を目の当たりにしたのは。
陽受けで北風に遮られ、いつもは穏やかな土地もそのときは太い杉がバタバタと
なぎ倒され、恐ろしい有様に竦んだものだった。
必要な材は切り出して使ったけれど、家造りが優先順位の筆頭に来るので、残りを
始末するには時間がなくそのまま放置されてきた。
このまま朽ちるに任せるつもりでいたが、それには相当の時間経過が必要なようで、
「時の間に合わない」とついに手を出すことにしたのである。
次回からこの作業に入る予定だが、頭が痛い...。
小切るのは助けてもらえても、始末するのは私の仕事になりそうだなぁ。
イエ〜ィ、頑張るぞ!!(半分ヤケクソに聞こえる?)

チョコッとだけログ関連。
特殊な寸法で在庫が無く、注文してあった流しの排水栓と排水パイプが入荷した。
流し排水栓
バッチリ填まり一安心。測っているんだから当たり前だけど...。
部品が入るとそれらしく整った気がするものですね。
posted by けい at 21:50| 奈良 | Comment(6) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
近くなら手伝ってあげられるのに〜
とみています。
苦手ないもむしはいないし
木の下の土はやわらかそうです
あまりに広いけどそれもやりがいがありそう
草の季節は苦手だけど
この状況には心動かされます。
あまりに遠くて残念です。
けいさんのところはスケールが大きいです。
全てが完成したらどんなになるのでしょう。
Posted by ねねまぁにゃ at 2009年04月06日 23:26
蕗畑、素敵ですね。
ふきのとうで楽しんで、その後ふきが収穫できますものね。
でもあまりふきの美味しいレシピを知らないです。
kiiさんが好きなら、そのうちアップされるかな?
期待しておこうっと(笑)

しかし、台風の後にこんなに木が倒れたんですか!?
怖いですね。
この始末、大変そうです。
本当に次から次へとやることが出てきますね。
でも、こういう場所を選ぶけいさんたちは、
動いているのが好きな性分なんですね。うふふ。
って笑っちゃ失礼ですね。

頑張ってーヽ(゚∀゚)ノ イエーイ

Posted by モモカナール at 2009年04月07日 03:23
☆ねねまぁにゃさん、おはようございます。

ありがとうございます。
お気持ちが嬉しいです。
ねねまぁにゃさんの助っ人なら百人力なんですけどね...。
遠いのが残念!!

この状況を見ると気持ちが萎えてしまうけれど、ねねまぁにゃさん
はファイトが湧くタイプなんですね。

生きてるうちに完成まで漕ぎつけられるんだろうか、ふっと
そんなことを考えないでも...。(笑)
Posted by けい at 2009年04月07日 07:06
次々に仕事が待っていますね。
今度は蕗畑を・・・・・
「大和は国のまほろば・・・・」
滅多に強い台風は来ないのですが、あの時はひどかったですね。
わが家の屋根の温水器が飛んでしまいました。
堤防のさくらの苗木が全滅でしたよ。
あの時の木がまだ腐っていなかったのですね。
この辺りでは、蕗は柿の木の下などに植えられていますが
踏みつけて肥料もやってないわが家の蕗は
毎年小さくなっていって、今は山蕗のようになってしまいました。
佃煮にして食べています(とほほ)

山吹といえば
けいさんのところは山蕗は生えていませんか。
昔は一寸車で走ったら天理あたりで山蕗をどっさり取ったものですが、
最近は車が多くて止められないし蕗もなくなりました。

ぴったりの排水栓ガあってよかったですね。
植菌ガ終って蕗畑完了の後、まだまだ作業は続きますね。
Posted by sakko at 2009年04月07日 07:17
☆モモカナールさん、おはようございます。

山ブキも美味しいですけど、穴の開いた蕗って多用途
ですものね。
シャキシャキして美味しいし私も好きなんですが、kiiさん
ほどではないです。

台風の時は、風の恐ろしさに言葉が無かったです。
中学校の屋根が吹き飛ばされたりしましたもん。
うちの土地は、村の人が「穏やかで羨ましい土地だ」というぐらいに
いいのですが、このときは杉も凄いことになってしまいました。
今年は雪で危機一髪でしたが、自然の威力は背中合わせだと
つくづく思います。

裏山はもっと凄いんですよ。
見たくない、入りたくない...。
うちの杉ばかりではなく、隣地の杉も倒れこんでしまって
放置されたままです。

「動いているのが好きな性分」と言ったほうが救いがあるわよね。
ありがとう♪
音楽や鳥の声を聴きながらぼんやりしているのが一番好きだけれど、
永遠に来ないでしょうね、そんな日。(笑)
Posted by けい at 2009年04月07日 07:24
☆sakkoさん、おはようございます。

蕗畑は以前から作りたいと思ってはいたのですが、この状況を
整理する決断がなかなかできずにいました。
庭に追われているでしょ。
手を出せばまたまた作業が山積になると...。
でも思い切らなきゃ前には進めませんものね。

あのときの台風はものすごかったですよね。
水は恐いと感じていましたが、風も雪も...。
自然は時々強烈なのを見舞ってくれますね。

山蕗も最近はずいぶん少なくなっていますね。
うちの周辺にもあるのですが、鹿さんの餌食になっています。
それと、摘みに入る人たちのマナーの悪さが影響しているようです。
引っ張って摘むでしょ。
根が浅いですから、浮いて乾いてしまい枯れるのです。
根元を押さえたり、カッターで切るなどの配慮が欲しいです。
それも減っている原因だと、数年前から感じています。
山菜に親しむにもマナーがありますよね。

排水栓、バッチリでした。
これで一歩前進です。
Posted by けい at 2009年04月07日 07:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック