2009年04月08日

旬のクリスマスローズ

今が真っ盛りのクリスマスローズといいたいところですが、ノイガーはまだ仲間に
入りたくない様子...。
今年はこの種は異常に遅いです。
ノイガー

オリエンタリス系は今が旬。
オリエンタリス

クリスマスローズのエリア

フェチダスもまだまだ盛り。
私はこのぐらい朱が入ったほうが好きです。
フェチダス
ミントさんから「フェチダスの香りをどう表現します?」と尋ねられていました。
私はゴーヤや原種に近いキュウリの、青っぽい匂いを感じました。
嫌いな匂いではないので、臭いとは書けません。
よい香りがあるといわれている植物以外は、ほとんど匂いを嗅ぐことがなかった
のですが、これからは香りも確かめてみなくっちゃ♪

ところで、ある本を読んでいたら、種を持たせると株が大きくならない、花柄を
こまめに摘むほうが株を大きくできるとのと記述あり。
「そうか!」と合点がいった次第。
でも悩んでしまうわね。
自然任せできたものを、今更ね。
posted by けい at 20:07| 奈良 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | ☆クリスマスローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
私そんなにさぼっていたのかな
と思うほどページの進みが早いです。
フェチダス個性的ですね。
こちらであまり見かけないのは
クリスマスローズにしては寒さに弱いせい?
けいさんのところは雪は降るけど
こちらの寒さとはまた違うような気がします。
プシキニアのアルバはめずらしいです。
かわいくて丈夫というのはうれしいですね。
来春はきっと我が家もシビカリブルーとプシキニアが
芽を出しますよ。
けいさんのブログを見ながら
カタログの丸が増えています。植える場所がないのに〜
水仙の実生というのは初めてです。
でもsakkoさんも同じようなことを言っていましたね。
花柄はつまないのですね。
クリスマスローズは私も今年は花柄を残しますよ。
来春が楽しみです。
Posted by ねねまぁにゃ at 2009年04月08日 22:43
↓プシュケニアって、とても幻想的な花ですね。
ブルーの細いラインが素敵。
写真で見る限り、なんだか雪の女王のイメージだなぁ。
いかにも、高貴な香りがしそうですけど、特に匂いはしないのかしら?

フェチダスは、ブーケに入れると映える気がするけれど、
切ったらもったいないですね。^^;
私も、一昨日ヒヤシンスの香りの嗅ぎ収めだワと、
這いつくばってクンクン犬のようにしつこく嗅いでいたら、別の香りがする。
そうしたら、ビオラの方から青っぽい匂いがしていたの。
今までビオラは何度も育てているのに、初めて気がつきました。
それで「昭和のちゃぶ台」の中のジュリアンを嗅いだら、これも甘い匂いがするのね。

ちょうど私も、これからは香りも確かめてみなくちゃと思ったところでした!


Posted by モモカナール at 2009年04月09日 01:38
おはようございます。

クリスマスローズ、綺麗ですね。
美しいですね。
いろいろなショットを見て、楽しめました。

見て、心和みでした。
ありがとうございました。
Posted by siawasekun at 2009年04月09日 06:20
けいさんの庭は、種をつけて多少株が弱っても、これだけの数があれば全然かまわない気がしますね。
確かに種をつけさせると、株が増えないようですが、クリスマスローズは少しずつ色が変化していって、それを見るのも楽しみの一つですから。
そのうち種ができてしまいますね。

ノイガー種は花の咲く期間に巾があると思いませんか?
私のは、去年の10月ごろから年末まで、次々花を咲かせたのですが、今、別の株にこれくらいのつぼみがついたり、咲いたりしています。
たくさん咲かせて種もつけさせた株は枯れてしまいそうなので、別のはつぼみを摘み取って、養生させることにしました。
Posted by ann at 2009年04月09日 07:04
☆ねねまぁにゃさん、おはようございます。

野迫川の寒さ、雪が降ったせいで今年はマイナス7〜8℃
ぐらいだったらしいですが、例年はマイナス15℃が続いた
ものです。
そんなときは凍てて滑々ですよ。
底冷え、といったらいいのかな....。
植物には雪よりもそのほうが堪えるかもですね。

うちではフェチダスよりも、アグチフォリウスやリヴィダス
のほうがか弱い気がします。
クリスマスローズの花柄ね、ねねまぁにゃさんの所のように
大株にしたいから摘もうかな、どうしようかなと逡巡してます。

怒涛の春が目の前で花のアップが忙しくなりそうですし、
HPのデータの切り替えはいよいよ4月の末でエンドだし、
今ねかなり焦りまくってます。
Posted by けい at 2009年04月09日 07:05
☆モモカナールさん、おはようございます。

幻想的だなって常々思っていたのだけれど、見解が一致して嬉しいわ♪
「雪の女王のイメージ」
なるほど、判るなぁ...。
それもナオミ・ルイス文 / エロール・ル・カイン絵 / ほるぷ出版 が
即浮かびました。
匂いは未体験です(汗
これからはどの植物も香り体験してみなくてはね。

ビオラは草っぽいの?
ジュリアンは甘いんだ...。
草花の香りも様々で面白いですね。
園芸店でね、クンクン嗅いでいたら変な人と思われるでしょうね。(笑)
Posted by けい at 2009年04月09日 07:19
☆siawasekun、おはようございます。

作業が山積でユックリしていられないのですが、
花はどんどん咲き出すし、蝶や鳥からも目が
離せないし、大変です。
といいながら、楽しんでいます♪

目に留めてくださって、ありがとうございます。
Posted by けい at 2009年04月09日 07:22
☆annさん、おはようございます。

やっぱりそうですか...。
うちのノイガー種は少し弱っているのかな?
こんなに遅いのは初めてなんです。
いつもオリエンタリスよりは早く咲いていたのに...。
ノイガーは他に6株ほどあるのですが、今年は花柄を摘もうと思います。

確かに、この種は株によって巾がありますよね。
早くに咲き出して、株を変えて最後まであるものね。

オリエンタリスはこのまま放っておこうかな。
たまに違う品種も植え込まなくては、同じ系統ばかりが増えてしまうのが
難点です。
でもね、開花株は高価だし、苗だけだとまた同じものだったという懸念も
あるでしょ。
考えてしまうわ。
Posted by けい at 2009年04月09日 07:33
またまた可愛いノイガーちゃんですこと。
クリスマスローズにこんなに色々な種類があるとは
知りませんでした。
落葉樹の下に植えてあるのですね。こんな環境がいいのですね。
私のもやっと6株になりました。
1株だけ鉢植えにしています。
木陰が無いので真夏は寒冷紗を張ろうかなと思っています。
昨年は初めてのクリスマスローズ、種も可愛いと
付けていましたが、中に種が入っていなかったような・・・・
今年は花柄を摘んだ方がいいでしょうね。
うまく夏越しできるといいな〜。
Posted by sakko at 2009年04月09日 07:41
こんにちは!
けいさんのお庭はいろんなお花が咲いていてステキですね!
クリスマスローズ・・・名前もステキ!
私は花の栽培はあまりやらないのですが、最近フラワーアレンジメントをやっている姉の影響で、少しは花の名前がわかるようになってきました。
名前をおぼえてしまうと、お友達になったような気がして親近感がわきますね。
クリスマスローズも、そんな姉に教わった花のひとつです。
深い森の中にうつむくように咲く姿がなんとも可憐です。
Posted by みる at 2009年04月09日 16:52
☆sakkoさん、おはようございます。

クリスマスローズは今が真っ盛りです。
そろそろ最後の子たちも全開になってきました。
今年は妙に赤系が多いと思っていたら、ノイガー種が
咲き遅れていたというわけです。

うちには僅かな品種しかありませんが、いろいろ
育ててみたいですね。
Posted by けい at 2009年04月10日 06:46
☆みるさん、おはようございます。

花だらけでしょ...。(笑)
花木が多いものですから、陰が大きくなって消えて
しまった植物も結構あります。
食べられる山菜や野草と花たちが混在している
なんともしまりの無い庭なんです。(汗

フラワーアレンジメントですと、いろいろな種類を
使われるでしょう?
楽しいですよね♪
みるさんももう、しっかり花好きの仲間入りをして
いるんじゃないかしら?
クリスマスローズは趣のある花ですよね。
いろいろ増やしたいなぁなんて思ってます。

でもね、自分の原風景にある植物がやはり愛しいですね。
白樺、スズラン、ライラック、ナナカマド、ノースボール
今年は、スズランエリアを大幅に改良する予定だった
のですが、作業に追われてまだ着手できていません。
もう暖かくなるのにね。
Posted by けい at 2009年04月10日 06:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック