2009年04月21日

オモイガワ

この日、昼過ぎの野迫川入りは、早や満開に近い「思川」が、出迎えてくれました。
桜の庭

思川桜
これはもう、この日を外したら花見は出来ないと、遅めの昼食をもうひとつ遅らせて
急遽花見の宴をすることに...。

「オモイガワ」(思川)
これはkiiさんが一番好きな桜。
思川桜
十月桜と八重の江戸彼岸系の雑種か?といわれる種の選抜だそうな。
kiiさんが十月桜と思川を好むのもわかります。
同属系なんですものね。
似ていますが、思川のほうがいっそう豪華な雰囲気を持つ桜です。
思川桜

思川桜
思川の名は栃木県小山市の修道院の下を流れる思川から名付けられたそうで、
小山市の市花になっているとか。
春爛漫の花の色...。

そして、即席料理で花見の宴です。
1時間で用意した割りにはマシ?
即席料理です
本日のメニューはタケノコの刺身、タコカラ、甘塩鮭、三つ葉入りの玉子焼き、
コゴミの天ぷら、コゴミの白和え、ナバナのお浸し、七目ご飯など...。
うららかな春の陽と桜を楽しみました。

遊んでしまった分、後の作業が堪えるだろうなぁ。
「たまにはいいよ!」と言い訳しながら休まなければならない、そんな自分が
いじらしい。(笑)
posted by けい at 16:13| 奈良 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | ☆サクラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいよいいよ、せっかく桜が咲いてんだもの。
花見もしなくてなんの人生よ〜。
花見も結構、ご馳走も結構、のんびりのんびり参りませう。
キレイな桜だね〜。
色が濃いのかな。
我が家の桜はとっくの遠に散って葉桜ですが、全国各地の桜をみられるのもネットならではですね〜。
思い川というのははじめて聞きました。
Posted by ann at 2009年04月21日 17:47
けいさん、素敵な花見でしたね。思川・・私もはじめて聞きました。
なるほど十月桜と八重の交雑からの選抜ですか、花びらが5枚じゃないんですね。ひらひらしてかわいい花です。ピンクの蕾が開くと色合いがいくらか淡くなって名前も姿もいいですね。

1時間でこんなにたくさんのお料理、さすがけいさんです。

思い描く暮らしをするためにいつも目一杯がんばっているお二人ですもの、一度しか咲かない桜を少しの間だけでも手を休めてちゃんと眺めてあげなくてはね^^

お蔭様で私もお花見ここでお相伴させていただきました。
Posted by ミント at 2009年04月21日 19:27
☆annさん、こんばんは。

慰めてくださってありがとう!!
少し落ち込んでいたのよ。
遊んじゃったぁと...。

思川は開花すると淡くなります。
桜っていいよね〜。
annさんの桜は葉桜ですか...。
同じ関西とは思えませんよね。
Posted by けい at 2009年04月21日 19:53
☆ミントさん、こんばんは。

桜は例年通りなのにね、もう早や草で草で卒倒しそうなのですが、
一日遊んじゃいました...。

思川、いい桜ですよ。
十月桜も好きですけど、思川はピカイチだと言い切りたいぐらい
確かにステキです。
でもね、私が植え込んだものがいつの間にか、かなりがkiiさんの
お気に入りになってしまうのは、ちょっと解せないと思いません??
なんでそうなるの!?(笑)
Posted by けい at 2009年04月21日 20:02
こんばんは
音を立てて雨がふっています。ちょっと強すぎると心配しています。
思川、可愛い桜ですね。 
どこの桜もそれぞれに思い入れがあって大切にされていますね。
この花の可愛らしさを見れば納得です。
さすがけいさん、一時間で準備ですか
桜の下で、楽しい宴だったでしょうね。忙しくしているのに
きちんと楽しむことも忘れないけいさんが素敵です。
Posted by ねねまぁにゃ at 2009年04月21日 20:48
☆ねねまぁにゃさん、こんばんは。

大阪はたいした降りにはなりませんでした。
でもこの雨で、桜は散ってしまうでしょうね。

最初はね、「思川」という名はずいぶん艶やかな思い入れが
あって付けられたのかと感じていました。
実際にある川の名前だったなんてね。

花も色合いもステキでしょう?と、kiiさんの自慢の子です♪
 
目標一時間...で頑張りました。大雑把でいい加減です。
早いのだけが取り柄なの。(笑)
最高のお花見でした。
Posted by けい at 2009年04月21日 23:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック