2009年04月27日

ヒガラさん、こんにちは♪

先日からログハウスのドア横の巣箱に巣を作りかけていたヤマガラは、まだ作業を
続けている様子で、私たちが離れた隙にせっせと苔などを運んでいる。
巣作りにいつまで掛かっているのだろう?と少し疑問を感じて、主のいぬ間に
そっと覗いてみた。
入り口が狭くてはっきり見えないのだけれど、苔が嵩高くなってきたようだ。
邪魔したら可哀想だとkiiさんに叱られてスゴスゴ退散。

先日から探していた「森に生きる鳥〜ヤマガラのくらし」樋口広芳著/小峰書店刊
が出てきた。
(Amazonはイメージ画像がなかったので。)
森に生きる鳥
年に数回、孫たちにはその時々に見合った本を選んでひと箱を仕立て、送っている。
今回もその本の選択中、ふっと目を上げた絵本棚の上にこの本が横になっていた。
やっぱり、読みたい本は無意識のうちに手近に置いてあるものだなぁ。
たいしたものだと自画自賛。(することじゃないわね)
そりゃぁ、きちんと整理して、しかも記憶できていればいいのだけれど、最近は
なかなか覚えてなどいられない。

空き家だった二個の巣箱を見に行くと、一個には同じような苔が運び込まれていた。
もう一つには木の実がいっぱい...。
これはヤマガラの食糧庫?
秋から冬の間に蓄えておいた木の実を、生まれた雛に与える、ある島のヤマガラの
話も上記の本には載っているが、ここはその島ではないし、どこのヤマガラにも
その習性があるとはいえないし...。
まさかリスの食糧庫でもあるまいにと、思いを巡らせている。


鳥たちが訪れると、つい見上げる。
君は誰?「カワラヒワ」かな?
君は誰?


山椒の花芽が気になって様子を見に行く。
目の前にふいに飛んできたのがヒガラ君。
1メートルも離れていない山椒の枝に止まって、あどけない表情を見せる。
ヒガラ
ヒガラはほんとうに人懐っこい。
ヒガラ
「遊ぼうよ!」と誘ってくれても、おねえさん(?)は忙しいのよ。(笑)
posted by けい at 18:20| 奈良 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 生きものたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヒガラさんに誘われてみた〜い!まぁにゃだったら
けいさんみたいにつれなくしないのに。
ヤマガラさんは食糧庫をお持ちなのですか、
本の世界を実体験できるなんて、すばらしいです。
花の写真も好きですが、小鳥さんや動物もいいですね。
暇とお金はないけれど、好きなものがあってしあわせです。

水仙すごい全部名前付きですね。
一番上は口紅水仙と言っていますが
たくさんあるのに花が何年もついていません。
バルボコジュウムはずいぶん増えましたね。
やはり群生した方が水仙は見栄えしますね。
白花もたくさん増えたらいいですね。
きっとふかふかベット来年はたくさん咲くでしょうね。
Posted by ねねまぁにゃ at 2009年04月27日 19:05
☆ねねまぁにゃさん、こんばんは。

草だらけだから遊んでいられないというのに、いかにも
遊んで欲しげに近寄ってくるんですよ。
私たちも風景の一部になれたのかなと、錯覚して喜ぶ一瞬です。(笑)


フフフ...つれなかったかなぁ。
同じく!!
暇とお金はないけれど、好きなものが多方面に渡ってたくさん
持てていることは幸せですよね。

水仙はそろそろ打ち止めです。
あまり続くと嫌われるかも...。
今年咲かなかったご一党様には、咲かなきゃ抜くからねと
凄みのある声で言い聞かせておきました。(笑)
Posted by けい at 2009年04月27日 20:50
sakkoはまだまだ修行が足りません。
「風景の一部」には程遠いのか
sakkoの姿を見つけると小鳥は一斉に飛び立ってしまいます。

ヤマガラには餌を蓄える習性がある・・・知りませんでした。
カワラヒワは新芽の黄緑が良く似合う鳥ですね。
ヒガラは人懐っこいのですか。sakkoのところへも来てほしいな。
畑にはヒヨとカラスばかりです・・・・・。

↓の水仙、本当に色々と植えておられますね
バルボコジュームの黄色はどんどん増えていますが
白もいいですね。
Posted by sakko at 2009年04月28日 01:20
☆sakkoさん、おはようございます。

ヒガラって人懐っこい性格なのかも...。
近くでマジッと見ることができる、数少ない鳥の一つです。
1メートルぐらいのところでカメラを構えていても、なかなか逃げません。
愛嬌のある表情でしょう?

ある島のヤマガラには餌を蓄える習性があると書いてあるのですが、
全てがどうかはわかりません。
でも不思議はないですよね。
ニシキギの巣箱に木の実がビッシリなんですよ。
これ、なに??と、思わず笑ってしまいました。

水仙って種類が多いですね。
もう植えませんけど...。(笑)
どちらかというと、派手なのよりシンプルな姿のほうが好きですね。

黄色いバルボコジュームはよく増えますよね。
こんな群れが幾つかあるのですが、何故か好きなところに飛び出して
いく子も出てきて、居を別に構えようとする気配ですよ。
独立のとき...でしょうか。
そんな子が十数か所に...。
こんなになったら大変だからまとめようかな、でも可哀想だしなぁと
思案中です。
Posted by けい at 2009年04月28日 06:07
けいさ〜ん、小鳥たち、かわいいですね、
うまく撮影されてます。
いいなあ〜。
山に住む小鳥たちは、うちのような平地とは少し違っているんでしょうね。
それとも私が見つけられないだけなのかな。
うちは水辺が近いので、セキレイたちが鈴を振るような美しい声でずっと鳴いてます。
写真は撮れないんですよ、カメラを向けると警戒するのです。

つつじも桜と同時に終わっちゃったかな。
山に自生するつつじは、子供のころから見飽きて、興味もありませんでしたが、確かに鮮やかなピンクですね。
珍しいクリーム色のつつじ、それは最近まで見たことなかったです。
Posted by ann at 2009年04月28日 06:44
けいさん、こんばんは。
ご紹介の本ぜひ読んでみたくなりました・・何しろうちではまだヤマガラが産卵場所をスズメと争っているのですから(来年は入り口をどうにかして小さくしてスズメが入れない大きさにしないと)。

ヒガラっていうのもいるんですね。
前向きカメラ目線のは一瞬シジュウカラかと思いましたが横向きは全然違いますね。

カワラヒワは鳴き声がかわいいですよね。

あ、それから大好きなカツラの木の葉が香る話ですが落葉しないと香らないことに去年気が付きました。押し葉にしたりしてみましたがぜんぜん香らないのに黄葉して散ると香りますよ・・・あたり一面カラメルソースの香り!
Posted by ミント at 2009年04月28日 20:11
☆annさん、こんばんは。

セキレイも好きです♪ いい声ですものね。
走行中の車の前を、水先案内人みたいな飛び方をしません??
巣を守っているのかな...。
忙しいのに、鳥たちが邪魔ばっかりしてくれるのよ。(笑)
鳴き声や気配に反応して、つい手を休めてしまいます。

ミツバツツジやヒカゲツツジって、いかにも山のツツジらしいですよね。
ゴヨウツツジ、レンゲツツジ、モチツツジ、ヤマツツジと続きますが、
どれも好きですよ♪

少しユックリさせて欲しいと思うような今春です。
なにもかもが早すぎだわ。
Posted by けい at 2009年04月29日 20:45
☆ミントさん、こんばんは。

昨年はうちも入り口が少し大きかったらしく、せっかくの巣が
襲われたりもしました。
今年はその上に小さめの穴を開けた板を打ち付けました。
簡単でしょ。(笑)

シジュウカラとヒガラ、コガラは似てますでしょ。
簡単な見分け方はヒガラは蝶ネクタイのような黒が顎にあり、
シジュウカラはそこからお腹まで普通の長いネクタイ付きです。
コガラにはそれがありません。

カワラヒワはディスプレイ飛行も面白いですよね。
初めて見たときは吃驚しました。

落葉すると香るのですか!?
カラメルソースの香りって凄く楽しみです!
香りには敏感なつもりでしたが、どうして気付かなかったんでしょうね...。
香りのお話を伺えるのはとっても楽しみです。
Posted by けい at 2009年04月29日 20:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック