2009年05月01日

春の草花たち(5)

「斑入りアマドコロ」(斑入り甘野老/別名ナルコラン)
ユリ科アマドコロ属
斑入りアマドコロ
この斑入りのアマドコロは別として、野にあるアマドコロやナルコユリなどは
判別がしにくいですよね。
いずれも食用になるそうですが、この斑入りは園芸種で植えただけに、何となく
食べにくいです。
斑入りアマドコロ
たくさん増えました。
こんな群れがいくつかできて、大場を取っています。
斑入りアマドコロ
上の画像を反対側から見たら...後方にも手前にもジョリジョリと勢力圏を
広げているでしょう?(笑)

「ツルオドリコソウ」シソ科オドリコソウ属
ラミウム(オドリコソウ属の総称)の名で知られているかもしれません。
ツルオドリコソウ
正面からアップで見ると、ちょっと恐い雰囲気かも。
ツルオドリコソウ
たくさん植え込んだのですが残っているのはこの黄色とピンクだけ。
それもピンクは陰で弱りかけ、慌てて日向に移動させました。
庭にはこのツルオドリコソウとヒメオドリコソウがありますが、オドリコソウも
見たいと憧れています。

「ハナニラ・青花」
ハナニラ
どうしてか、あっちにポツリ、こっちにポツリ。
バラバラに咲かないでまとまってくれたら綺麗なのに...。
またいつの日かそこで、大きな群れを作るようになるのでしょうが...。

スズランの芽、早すぎです。
昨年は5月末から6月初めに咲いたんですよ。
この調子なら、あと一〜二週間ぐらいで咲くのじゃないかなぁ。

「ドイツスズラン」第一エリア
ドイツスズラン
スモークツリー、スノーボール、モモイロナツツバキに囲まれた場所です。

「ドイツスズラン」第二エリア
ドイツスズラン
シラカバを10株も植えたのに、一本減り、二本減りいつの間にか残りがひと株に
なってしまいました。
私の嘆きを聞いているせいか、スズランも寂しげに見えるわね。(笑)
小さな芽がたくさん出てきたけれど、此処は同じドイツスズランでも少し遅めです。
この場所のスズランを植え替えようと思いつつ、果たせないままで春が来て
しまいました。

「日本スズラン」のエリア
日本スズラン
ウ〜ン、やっぱりスズランっていい姿です♪
posted by けい at 22:38| 奈良 | Comment(12) | TrackBack(0) | 草花  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
アマドコロもスズランもケタ違いですね。
広々とたくさん増えています。
ツルオドリコソウはこちらで売られているラミウム
とは少し違うようです。きれいに撮れていますね。
ムシカリの花も咲いてきましたね。
緑の葉が展開したらますます素敵になるでしょうね。
テリカンボクやスノーボールどんな花なのか
いまからとてもたのしみです。
オオルリさん住まいが決まったでしょうか
それも楽しみです。
Posted by ねねまぁにゃ at 2009年05月02日 00:25
は〜〜、ツルオドリコソウ、、ていうんですか、、、
自宅のサンデッキの下あたりに生えまくってます。
スズランも どんどん領域を芝生の中に広げて来てるので 刈り取られてます。
ここの土地に合ってるんでしょうねえ。
アマドコロもよく増えて、、、食してみました。
、、、確かに甘いアスパラガスみたい、、だから山アスパラっていうのかなあ。
、、、しかし ただサッと茹でて鰹節をかけ シンプルに、、
、、、甘味がちょっとイヤらしい、、昔のサッカリンとかズルチンみたいな、、
こんな説明しても判る人 今時居ないでしょうねえ。
、、、砂糖に味の素混ぜた感じの甘さ、、、これなら判りますか?

長年 頑張って生きながらえていたウドが今春は帰って来ませんでした。
天国で のびのび成長してるのかも、、、
やっぱり この地は 寒すぎたんでしょうねえ。
Posted by 草刈マッサオの妻 at 2009年05月02日 00:44
けいさんのところは広くていいですね。
此処は○○のエリア・・・と色々なエリアがあって。
わが家も一つだけ
斑入りアマドコロのエリアがあります。
前にけいさんのブログで食用に出来ると知ったのですが
やっぱり食べられませんでした。

ツルオドリコソウは野草ですか。

春先にUPした踊子草の群生地、コロとさんぼしていて
この時期に凄くエリアを広げて夕方にも白く見えていました。
写真撮ろうねとコロに言っていたのを今思い出しました。

↓ノオオカメノキ
二月の写真はピンと耳を立てたウサギさんのようでしたが
あれから想像もつかない花が咲くのですね。
Posted by sakko at 2009年05月02日 01:56
けいさんのお庭はすっごく広くて
どこかの散策路の中に飛び込んだような
素晴らしい山野草の群生地ですね
知らない草花を良くご存知で
お勉強なさっていますね
ビックリデス
本日こちらもオドリコソウをupしました
桜がやっと開花です
Posted by hana at 2009年05月02日 06:14
けいさ〜ん、ナルコユリとアマドコロは違うんですか?
スイマセン、初歩的な質問で。
いつも庭の草花を切ってきてくださる患者さんがあるのですが、よく名前をご存知で、私が知ったかぶりをして「これはナルコユリですね」と言うと「アマドコロよ、違うわよ」とか言って、怒られるんですよ(笑
斑入りのナルコユリは、私も一株買って植えたんだけど、こんなに増えるには何年かかるのか、どっちにしたってこんなに増やせる場所はないのですが。
壮観ですね。
けいさんのお庭は何にしてもダイナミックですよ。
広さも手入れも、うちの何倍も、ですものね〜。
Posted by ann at 2009年05月02日 07:09
☆ねねまぁにゃさん、おはようございます。

ほんとうは、みんな植え替え時期に来ているんですよね。
仕方ないか...。
自然の中では誰も植え替えなんかしてくれないもの、
後手後手になるぐらいは諦めていただきましょう。(笑)
草も凄いのよ、見るたびに卒倒しそうだわ。

ツルオドリコソウは勝手にランナーを伸ばして増えてくれるから
世話要らずです。
私にピッタリでしょ。
ピンクは可愛いんですよ。
細っていて吃驚、慌てました。

オオルリね、また追加情報をアップしますね。
最近は敷地内の通路にも下りて、虫を物色しているみたいですよ。
Posted by けい at 2009年05月02日 07:32
☆草妻さん、おはようございます。

ナヌゥッ、生えまくりの刈りまくり!?
いいなぁ...。
「スズラン、増えすぎて刈り取ってます」な〜んて、言ってみたい。
バンクーバーは何でもダイナミックだわね。

サッカリン、ハ〜イ判ります。(笑)
小さい頃味わった経験があるわよ。
いやらしい甘さって想像できますもん。
アマドコロ、やっぱり甘いの?
新芽を天ぷらにしたのは、イマイチ美味しくなかったです。
美味しい食べ方、考えてみなくてはね。
Posted by けい at 2009年05月02日 07:43
☆sakkoさん、おはようございます。

広くていいのですが、伴うものがきつくって...。
管理者一名の限界を感じる季節が、早や、やってまいりました。(苦笑)

斑入りアマドコロというのは、どうしても園芸品として考えて
しまいますよね。
それに、斑入りのものはやはりイメージとして食べにくいです。
それでね、こんな有様に...。(笑)

ツルオドリコソウは植え込んだものですが、丈夫で可愛いですよ。
手間要らずで丁度私向きかも。
黄色よりもピンクのほうが好きかな。
(アッ、黄色君、聞かなかったことにしてね。)

sakkoさんのところは白のオドリコソウですものね。
あれ、すごくステキです。
青系の花は好きだけれど、白い花にも惹かれます。
写真、撮ってくださいね!!

オオカメノキって、蕾からこの花を想像するのは難しいでしょう?
咲き進むと純白になり、とっても美しいです。
Posted by けい at 2009年05月02日 07:54
☆hanaさん、おはようございます。

>どこかの散策路の中に飛び込んだような
hanaさん、ありがとうございます!!
すごく嬉しいお言葉。
自然の中にあって、自然に溶け込んだ庭が理想なんですもの。
個人の庭としては、華やかさにはかなり欠けますし、およそ
庭らしくない庭でしょう?
「男のガーデニング」の範疇に入るのだそうですよ。
管理者は一応女なんですけどね。(笑)

札幌にもようやく待ち遠しかった春がきましたね。
GWにピッタリ開花で、さぞ賑わうことでしょうね。
Posted by けい at 2009年05月02日 08:03
☆annさん、おはようございます。

だいたいが、斑入りのアマドコロをナルコユリなる名称で販売したり
するから、ややこしいことになるんですよね。
イングリッシュブルーベルなどもそうだけれど、園芸関係者の責任って
かなり大きいと思うわ。

ナルコユリはアマドコロよりも草丈が少し大きめです。
簡単な見分け方は、茎に稜があるのがアマドコロ、ナルコユリの茎は
丸くて稜がありません。
引っ掛かりがあるのがアマドコロで、ないのがナルコユリ。

花のつき方はアマドコロが1〜2個ずつなのに対し、ナルコユリは
1〜5個ぐらい垂れ下がります。
これが一番簡単な見分け方で、私もこれを目安にしています。

広さはannさんの所も半端でない気がするけれど...。
皆さんほんとうに上手に使っていらっしゃるから、拝見しては
反省ばかりしています。
手入れはね〜、週末の限界を今年もヒシヒシと感じながら雑草と
戯れるのでしょうね。(←かなり悔しい)
Posted by けい at 2009年05月02日 08:30
北海道に行ってみて思ったんですけど、
けいさんの庭は、北海道っぽいですね。
気候が似ているのかな?
でも、白樺は無理なのですね。
北海道は、白樺が普通にたくさん生えているので、びっくりしました。
テレビで写るものは、そういう場所を撮っているのだとばかり思っていたから。
アマドコロも面白いように増えていますね。
ハナニラは、白よりちょっとブルーの方が素敵かも。
スズラン楽しみにしています。

Posted by モモカナール at 2009年05月02日 16:14
☆モモカナールさん、こんにちは。

さきほど帰阪しました。
もっと草引きをしたかったのですが、あいにく昨日から
ずっと雨で、もうどうにも仕方がなく切り上げてきました。

北海道っぽい庭というのは嬉しいお言葉です♪
そうありたいと願っているもの。
確かに十勝の風景はいつも心の中にあって、だから庭の植物も、
北海道に順ずるが基本になっているかな。

白樺はカミキリムシの食害で弱ってしまいます。
よほど美味しいんでしょうね。
北海道に行かれると、何気に生えているのがシラカバでしょ?(笑)
あれが夢なのよね。
とにかくね、シラカバとその株元にはスズラン、これが憧れです。
Posted by けい at 2009年05月06日 13:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック