2009年05月19日

日本サクラソウ(1)

日本桜草も好きで、特に原種系には心惹かれるものがある。
下に記述した五条市の高鴨神社で毎年少しずつ手に入れた苗を、山の庭に植え込んで
育てているけれど、うまく育つものや合わないものやいろいろで、試行錯誤している。
山では日本桜草の花期も長く、いまようやく旬を迎えた。
今年は開花を見れないものもあり、どうしたのかと案じている。

日本桜草エリアの半景。写真の手前にも拡大中。
日本桜草のエリア半景

「墨染源氏」
墨染源氏
これは一番強くてよく増えている。
そのうちこのエリアを席巻するかも。

「流れ星」
流れ星
↓の高鴨神社の所にアップしてある「流れ星」は気品があるけれど、うちのは
かなりの暴れん坊。

「鹿島」
鹿島

「南京小桜」
南京小桜

「夕栄」(ゆうばえ)
夕栄(ゆうばえ)
花色には変化が多いようで、薄いものや濃いものや様々。

こんなの植えたっけ??
?
リストには載っていないのよね。
色合いは夕栄に似ているけれど姿かたちが違う気がするし、ひょっとして交雑種?

********************

奈良県五條市にある高鴨神社では毎年GWの頃に日本桜草展を催している。
毎年楽しみにしているのだが、今年は時間が取れず諦めていた。
最終に何とか間に合って、盛りは過ぎていたがそれでも美しい花々を
僅かの時間
だが眺めさせてもらった。(以下撮影は5月6日)
高鴨神社日本桜草展
今年は日本サクラソウも開花が早く、開催も例年より一週間早めたとのこと。
来年からは開催時期をチェックしたほうがよさそうだ。

「華錦」
華錦

「流れ星」
流れ星
これはうちにもあるけれど、鉢植えだと何故か上等な別ものに見えてしまう。

「慶雲」
慶雲

「風車」
風車

「京の都鳥」
京の都鳥
開催期の前・中・後半によっても開花に応じて展示される品種が異なる。
毎年お気に入りの一品を見つけ、苗を買い求める。
今年は「風車」と「京の都鳥」が好きだと思ったが、あいにく「風車」の苗はなく、
また「京の都鳥」は情けない風体の苗しかなかった。
この二種が来年のお楽しみになった。
posted by けい at 21:25| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 草花  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
けいさんは、本当にいろんな花をそれもいろんな種類育てているのですね。

サクラソウにこんなに種類があるなんて知りませんでした。

私は、流れ星とか鹿島とか、氷の結晶のような形をしているのが、好きだなぁ。
とはいえ、桜の花びらのようなのも素敵。

私もよく売っているサクラソウは育てたことがあるけれど、
日本サクラソウは、気品がありますね。
首がすっと伸びているところがイイのかな。
Posted by モモカナール at 2009年05月20日 08:06
☆モモカナールさん、こんばんは。

日本サクラソウってステキでしょ。
和のようでいて、モダンさも持ち合わせていると思われません??
結構好きで、ジョリジョリとエリアを広げ(させ)ているのよ。

植える場所が限られるからもういいかなと思いつつ...。(笑)

流れ星や鹿島の花弁も個性的でしょ。
桜のような優しい雰囲気のものもいいし。
でもぽっこりしたままで開花を見たことがない品種は、無理やり
開くわけにもいかず、今年も見れそうにありません。
Posted by けい at 2009年05月20日 20:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック