2009年05月19日

日本サクラソウ(2)

日本サクラソウのパート2です。

「原種系岩木山」
原種系岩木山
原種系も幾つか植えたけれど消えてしまい、この種だけが残っている。

「原種系白花」
原種系白花
これは土地に合うらしく、増えてきたのが嬉しい。
清楚な雰囲気が好き♪

「松の位」
松の位
紫系も好みで何度か植え込んだが、「紫系は少し弱いですよ」の言葉通り、イマイチ
生育がよくない。

「鶯宿梅」
開くかな、開くかなと思いつつ待つけれど、開花を見たことがない。
留守のときを狙って咲く??
鶯宿梅
これこそ吃驚である。
購入した翌年に咲いた花は予期せぬもので、とっても鮮やかなローズ色。
そして今年はこんな色に...。

「若藤」や「赤蜻蛉」、大好きな「若葉の雪」は咲いていない。
ひょっとして、消えた?? 

日本サクラソウは別の場所に最初のエリアがあったが、数度に渡るイノシシの来襲で
細り、風前の灯になっていた。
僅かに残っていたものを今春このエリアに移動させたが、何株かは残って
くれるだろう。
そのうちの二つが咲いた。
品種不明

品種不明
もう品種もわからないけれど...。

これもサクラソウの仲間。
「クリンソウ」
クリンソウ
これは今年、友人から分けて貰った株。

以前は下の写真のように見事に沢山咲いていたのだが、これもイノシシ軍団の
せいで消えてしまったのである。
イノシシ軍団を初めとして、鹿軍団やカモシカには何度泣かされたことだろう。
クリンソウ
時間が掛かるだろうが、いつか再現できる日を夢見ている。

「シコクカッコソウ」 これもそう。
シコクカッコソウ
あまりの増え方に呆れ果てた風を装いつつ、その実は大喜びで、カッコソウの
カーペットも夢じゃないなどと思った頃もあったのだ。
それが、クリンソウと同じくで、いつしか全滅。
何しろ厚い土の下敷きにされてしまうのだから、たまったものではない。

先日、知り合いからどうぞと言われたときは、嬉しくて飛び上がりそうだった。
カーペットだなんて贅沢は言わない。
活着して、可愛い姿をまた見せて欲しい!!

「風光る庭」のサクラソウのページ
posted by けい at 22:14| 奈良 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 草花  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ニホンサクラソウ、いいですね。
端正な立ち姿がすきです。
クリンそうな何回も挑戦しましたが
2〜3年で今何処になってしまいました。
最近は滅多に園芸店で目にかからなくなりましたね。
下から2枚目の群生しているところ
いいですね。
でもこれも鹿やイノシシのやられてしまったのですか
お友達からいただかれた、かっこうそうが
花の絨毯になってほしいですね、。
Posted by sakko at 2009年05月20日 02:08
☆sakkoさん、おはようございます。

日本サクラソウも好きです♪
でも合うものと合わないものがやはりありますね。
合わないものは無理をしない、ようやくそんな気持ちに
なってきました。
もっと早くに気付けばいいのにね。
(イノシシのお腹に収まったたくさんのユリは、
可哀想なことをしました。)

日本サクラソウを地植えで育てているといいましたら、
高鴨の方は吃驚されていましたが、私はエリアの選定を
するだけですから...。
日本サクラソウもクリンソウも夏の蒸れには弱いかもですね。
野迫川も日中は相当に暑いですが、朝晩の気温が急降下
するので助かっているのでしょうね。
Posted by けい at 2009年05月20日 07:18
こんにちは!
サクラソウ・・・と一言でいってもほんとにいろんな種類があるんですねー。
私もサクラソウは大好き!
でも残念ながら、ウチの山では見たことないのです。
白いサクラソウも、清楚でかわいいですね!
ところで、サクランボ・・・ほんとに期待していたのに残念でしたね。
ウチのサクランボの花も、強烈な霜から日にちがたつうち、やっぱり半分ぐらい枯れてきました!(涙)
今年もダメかぁ・・・という感じですが・・・。
あきらめずがんばりましょうね!(笑)

ブログ村・・・参加カテゴリー変わったのですね!
緑の暮らし・・・けいさんらしいカテゴリーです。
2位でしたから、1位を目指してがんばってください!
私も微力ながら応援させていただきますね。
Posted by みる at 2009年05月20日 11:05
初めてコメントさせていただきます。
最近「緑の暮らし」に登録させていただき、こちらのサイトを知りました。
野迫川村って・・同じ奈良やん!

私は西大和周辺に住んでいます。

同じ奈良県の方なので親しみを持って、少しづつブログやHPを見せて頂いています
まずは、お花が一杯で本当に綺麗ですね

私はずっと箏の演奏活動をしていますが
何年か前まで、コンサートでは奈良県各地の民輪をテーマにした
創作民話を必ず上演していました
その中に「野迫川村」がテーマになったお話もありました
なのでよけいに懐かしい

また、時々お邪魔させて頂きますね
今後ともよろしく!
Posted by 千 at 2009年05月20日 15:36
サクラソウも目を見張るものばかりですね。
イノシシ軍団の暴挙が残念です。
土を掘り返していくのですね。
食べるのとは違うのですか。
カッコソウが元気に増えてくれることを
野迫川ファンとして祈っています。
Posted by ねねまぁにゃ at 2009年05月20日 18:20
☆みるさん、こんばんは。

北海道にはレブンコザクラ(礼文小桜)、ソラチコザクラ(空知小桜)
オオサクラソウ(大桜草)やエゾオオサクラソウという垂涎ものの
仲間がありますものね。
図鑑を眺めては羨ましくってため息です。(笑)

みるさんの山は探検したらいろいろありそうで楽しみ♪
スズランはどうでしょうか??

霜って不思議ですよね。やっぱりそうなんですか!
降りた間際は判らないのですが、数日経ってからびっくりです。
大丈夫だった、よかったというのもぬか喜びで、みるさんと一緒。
思わず涙なんです。
ほんと、いつかはきっと食べきれないほどのさくらんぼ、ですよ!!

カテゴリーね、スローライフとは何か違うなという方が入って
いたりして、少し違和感を感じていたのですが、それもあって
思い切って変えてみました。
いつも応援クリックをありがとうございます。
Posted by けい at 2009年05月20日 20:58
☆千さん、はじめまして♪

「野迫川村」がテーマのお話、村史を見ますと古くから
伝わる民話もあり、心惹かれていました。
そのようなお話もお聞きできたら楽しいです。
コンサートでの上演ということは、創作の筝曲なども
演奏されているのでしょうか?

西大和辺りにお住まいなのですか!
同県人ですね♪
今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by けい at 2009年05月20日 21:06
☆ねねまぁにゃさん、こんばんは。

いつも思うことですが、獣たちの訪問がなければ、今頃は
山の週末を満喫できるぐらいに、完成近しだったかも。
思うように行かないのが世の常、ですよね。
まぁ、そんなに物事がスイスイいきましたら、面白くも
なんともない訳で...と落語的に諦めの科白を申して
みました。(笑)

カッコソウ、可愛い花です。
ひと株ですが何とか増えていって欲しいと、祈る思いです。
Posted by けい at 2009年05月20日 21:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック