2009年05月29日

アケビ三種

「アケビ」(木通・通草)アケビ科アケビ属

山野に普通にある、あの這い回り、這い登る厄介もののアケビも、花はとっても
ステキです。
アケビ
花のこの可愛さはなんともいえませんが、庭になど植えると難儀な代物かも。
非情にバッサリ切ることができない人には勧められませんね。(笑)
私?非情になれないから苦労をしているのでございます。
花は可愛い、鳥も喜ぶ...。
それに山はいたるところアケビだらけで、いくら抜いても押しかけてくるから。
そうだ、蔓を使って遊べばいいのよね。

アケビ
↑丸い大きな蕾が雌花、少し白っぽい小花が雄花です。

アケビ

「白花アケビ」
シロバナアケビ

シロバナアケビ
ネムの木に絡み付いて、天辺までいっちゃった。
ズームで寄せてもこの程度です。
実りの秋には鳥たちが、またたくさん訪れるでしょうね。
上の二種は五葉のアケビ。

「ミツバアケビ」(三葉木通・三葉通草)
五葉と三葉が近くにあると実の生りがよいのですってね。
だから欲しいとは思っていたけれど、自生の大きな株があるなんてずっと気付かなかった。
発見したのはkiiさんでしたが、それはもう喜々としていましたっけ。
ミツバアケビ
大きくなってしまい、見上げて撮るので陰になります。

脚立で恐々...。
ミツバアケビ
大きいのが雌花で小さいのが雄花。
ミツバアケビの花は五葉のアケビのイメージとは大分違いますが、渋い雰囲気が
またいいでしょう?

アケビのつる性の茎は木通(モクツウ)と呼ばれて薬用になるそうです。
新芽は天ぷらや黄身和え、お浸しに。
春しか食べられない、少しほろ苦い大人の味わいです。
だから我が家では、じつはアケビは山菜扱いです♪
posted by けい at 07:00| 奈良 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 果樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
あけびの花って、はじめて見ました!
とってもきれいなんですね、ビックリ。
内地にいたころは、よく実が付いてはじめて「あーアケビだったんだ」と発見(笑)。
子供の頃父親にとってもらって食べたらあまり美味しくなくてガッカリして以来、食べていません。
でも、茎も食べられるのね!
↓桑の木、ウチにもたくさんあるんですけど、今年は遅霜でずいぶんやられましたよ!
大丈夫かな?
桑の実は、ベル隊長とお散歩の帰りのおやつにするくらいしかならない、小さな木が多いのです。
ジャムをつくれるのはいつのことか・・・。

スズラン・・・こちらでもちらほらと咲き始めました。
お天気が良くなったらまた「激写」しに行かなきゃ(笑)。
Posted by みる at 2009年05月29日 12:00
こんばんは
アケビの花 きれいですね。
蔓を利用したり、実を食べるなら
ミツバアケビですが
花はアケビやゴヨウアケビがきれいですね。
こちらはミツバアケビが多いいので
下のチョコレート色というか、濃暗紫色です。
剪定を重ねてうまくフェンスにからませて
いるお宅があります。
種だらけですが、父の思い出とともに大好きな食べ物です。
いつも見つけると買っています。
食べ物と思っていない人も多いらしく
値段の付け方もさまざまでおもしろいですね。
Posted by ねねまぁにゃ at 2009年05月29日 19:52
アケビといえば直ぐ実を思い浮かべるのですが、
こんな可愛い花が咲くのですね。
私の辺りではあまり見かけません。
蔓でどんどん伸びるのですか。
それでは庭になど植えられませんね。

花って下からは撮れませんね。
暗く写ってしまいますね。
脚立にのってですか・・・・解りますぅ〜。

ミツバアケビの花 いいですね。

Posted by sakko at 2009年05月30日 02:07
あけびの花って、な〜んて可愛いんでしょう!
こんなに愛らしい花だったんですね。
雌花と雄花があるんですね。
自然界だと雌の方が大きいものってかなりありますよね。
あけびだと、雌花の方が威張っているのかしら(笑)

桑の実は、ちょっと懐かしいです。
口がすごくなっちゃうんですよね(笑)
幼い頃食べた覚えはあります。
ジャムが作れるとイイですね。
Posted by モモカナール at 2009年05月30日 09:06
☆みるさん、こんばんは。

アケビの花ってステキでしょ♪
私も最初見たときは吃驚しました。
何しろ実を見て、「あぁ、アケビ」の口でしたから。(笑)

みるさんちには桑の木がたくさんあるのですか!?
桑の実が鈴なりに生ると、お散歩の楽しみも増えますね。
みるさんの桑(隊長の桑??)も早く大きくなぁれ、ですね。

スズランの「激写」、楽しみにしています。
何しろ本場もんですもの...♪
Posted by けい at 2009年05月31日 20:15
☆ねねまぁにゃさん、こんばんは。

ミツバアケビは少なめですので、我が家では貴重品扱い
されています。
五葉のアケビは見つけると引き毟られてますけど...。(笑)
所変われば、ですね。
新芽を食べたりもしますが、五葉の繁殖力は相当に
旺盛で、追いつきません。

実は三つ葉アケビが濃い青紫で美しかったですよね。
味は、今年全種を比べてみよう...。
Posted by けい at 2009年05月31日 20:23
☆sakkoさん、こんばんは。

町の知人宅では、ミツバアケビと五葉のアケビが棚作りに
されていました。
なかなかステキでしたよ。
うちの山などでは凄い繁殖力ですが、町では意外と
こじんまりに仕立ててありました。
こういうのもいいなぁと目からウロコでした♪

五葉の花は可愛いですが、ミツバも渋くていいですよね。
Posted by けい at 2009年05月31日 20:29
☆モモカナールさん、こんばんは。

雌花のほうが大きいものって、なんだかすごく好きだなぁ。
と思われません??
桑も雌花が多いけれど、それってなんだかハーレムみたい
な気がしないでもありません。(笑)

モモカナールさんも桑の実懐かしい派でしたか?
「ちょっと懐かしい」というところが微妙ですが。
ジャムも勿論作りたいのですが、桑茶、これをまず作って
みたいです。
Posted by けい at 2009年05月31日 20:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック