2009年05月28日

お日さま大好き四姉妹

今回の草花たちは、オオムラサキツユクサ/シラン/シレネ・ディオイカ/シラー・ペルビアナ
題して、「お日さま大好き四姉妹」

「オオムラサキツユクサ」(大紫露草)ツユクサ科
ムラサキツユクサとオオムラサキツユクサが混同されて、ムラサキツユクサの名で
呼ばれていることが多いとか。
ムラサキツユクサは花径2cmほど、オオムラサキツユクサは花径4〜5cm前後
というのが目安。
オオムラサキツユクサは花色も多く、八重咲きのものあるそうな。
日陰では花付きが悪くなるようです。
オオムラサキツユクサ
この種は日陰になってしまい、最近あまり咲きません。
日向への移動を急がなくては。


オオムラサキツユクサ
オシベにはたくさんの毛が生えていてフワフワ。
オオムラサキツユクサ
バレリーナのように優雅でステキだと、つい見入ってしまいます。


「シラン」(紫蘭)ラン科シラン属
自生地では減少の一途にあり、絶滅危惧種に指定されているとか...。
ポピュラーな花ですが、群れて咲いている様子はとても美しいですよね。
シラン2

シラン1
4月29日のきつい霜で半分以上が焼けてしまいました。
全体が咲くと壮観なのですが...。


「シレネ・ディオイカ」ナデシコ科
シレネ・ディオイカ
とても丈夫で、こぼれ種でよく増えるのが嬉しい。
暑さに向うこれからの庭で、存在感抜群です...。


「シラー・ペルビアナ」(別名オオツルボ(大蔓穂))ユリ科
冠のような花が咲きそろうと見事です。
シラー・ベルビアナ
ずっとベルビアナだと思っていたら、ペルビアナだと判明。(汗)
でも、ベルビアナでも通っているところが不思議。
Scilla peruviana・・・PとBでは大きな違いがあるのにね。
posted by けい at 15:50| 奈良 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 草花  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
シレネの赤い花は珍しいと思うのですが、こんなに綺麗なんですね。
種は違いますが、知床で一度だけ見たことがあるんですが、釣りに夢中
だったので、あまり花の記憶が蘇りません。
Posted by 南 常雄 at 2009年05月28日 23:50
☆南さん、おはようございます。

シレネは、中には時々花の変化もあって面白いです。
白花も出たのですが、種を採りそびれていたら消えてしまいました。
何しろ週末だけというのは弱いですね。
今回はお茶パック方式で種を採りますね。

控えめなところが可愛くて、結構好きな花です。

Posted by けい at 2009年05月29日 07:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック