2009年06月04日

ヒメシャガとクリスタータ

「ヒメシャガ」(姫射干)アヤメ科アヤメ属
花はシャガに似ていますが小型。
ヒメシャガ1
ビッシリと群生している様子は惚れ惚れとしますが、ここ数年元気がありません。
木々が大きく育ちいい日陰を作っていたのですが、年毎に弱り出し、陰でも育つ
植物は陰が好きともいえないということに、ようやく気付いたのです。
ヒメシャガ2
三年前から、ハクウンボクやタムシバの傍らの小山に移動し始めたのですが、
そこがまたカモシカの通り道になってしまい、再びの受難。
ようやく少しずつ回復してきたようです。

ヒメシャガのある風景
こんなに咲き乱れていたる風景を、回復できるのはいつになるでしょうね。
でも取り戻すために頑張るわ!!


「ヒメシャガ・白花」
ヒメシャガ白花


「シャガ」
山道を行くと一面に群生していてあまり気にも留めないシャガも、よく見ると
とっても美しいですね。
シャガ
庭にはなかったのですが、イチハツの群れの中にひと株だけポッと出てきました。
ひと株ぐらいならいいかなと、今は置いてありますが...。


「イリス・クリスタータ」アヤメ科アヤメ属
澄んだ青がとってもすてきでしょう?
大好き♪
イリス・クリスタータ1
初めの植栽場所はやはり陰が大きくなったので懸念し、ログの傍らに新たに場所を
作って移動していたら...。
イリス・クリスタータ2
獣たちの通路にされてしまったようで、崩れ出して無残です。
此処はリスも利用しているみたい。
リスぐらいならどうということはないですよね。
重量級のカモシカが駆けて上り下りするのだからたまりません。
しかし、ここの修復はかなり難儀そうですよ。
どうしたものか...。
posted by けい at 09:21| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ☆アイリスたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
イリス クリスタータの花も素敵ですが
植栽がいいですね。斜面の利用など
夢のまた夢です。
そこをカモシカがさっそうと通り抜けるなんて
絵になる〜。 でも喜んでばかりいられませんね。
そのおかげで、見せてもらえなくなってしまった植物が
たくさんありますものね。
自然界での動物との共生は大変ですね。
スギナ茶は粉末にされているのですか、手がかかりますが
呑みやすいでしょうね。
Posted by ねねまぁにゃ at 2009年06月05日 05:09
☆ねねまぁにゃさん、おはようございます。

上の方まで丸太を組んで何段も作っているんですよ。
この部分をイリス・クリスタータで埋めようという計画だった
のですが、これで頓挫しています。
かなりガッチリ作ったのですが、カモシカには勝てませんね。
重量級のが走り回っているんですもの。
クリスタータが可哀想ですから、早急に何とかしなくては。

スギナ茶
以前は飲みにくいなと感じていましたが、何とかきちんと飲みたい
一心で粉末にするようになりました。
これが正解だったかなと思っています。
でもね、やっぱり手間が掛かりますよ。
それもヨシとすべし、なのですよね。
Posted by けい at 2009年06月05日 06:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック