2009年06月06日

ハクロニシキやイワナンテンや

「ハクロニシキ」(白露錦)ヤナギ科ヤナギ属

イヌコリヤナギの斑入り園芸種がハクロニシキなのだとか。
白い葉にやがて次第に緑の斑が入りだす。薄桃色の新芽も優しげでしょ。
ハクロニシキ
春はこの美しい姿が鳥が舞うように見えたりする。

数年前に植え込んだが、草刈り担当のkiiさんが雑木と思ってバッサリ切ってしまった。
ようやくここまで復活したもの。


西洋イワナンテン(別名はアメリカイワナンテン)品種はレインボー
ツツジ科イワナンテン属
葉に黄・桃・白などの斑が入る丈夫な常緑低木。
アメリカイワナンテン
寒さにも強くて、冬の庭で一番存在感を発揮します。

動物と霜柱のお陰で崩れが激しい裏山は、何を植えても効果なし。
そうだ!!と思いついて、今セッセとこの苗木を増やしているところ。
「山中こればっかりになったらどうするの!」とkiiさん。
でも、崩れるよりはいいじゃない??
これなら、カモシカに蹴られても逞しく生き残れるかもしれない 。

西洋イワナンテンの冬の様子


「ウリカエデの実」
カエデの花
花を見たいと思っていたのに、今年も知らない間に実になっていた。
小学生の頃、カエデの実でプロペラ遊びしたのを思い出す。
高いところから落とすとクルクル回る、と塀の上に乗ったのは私。
お転婆だった...。
落っこちて足を引きずりながら帰ったっけ。
今とたいして変わらないわね。(笑)

このウリカエデは、ログハウスの前の小さな池に張り出している。
毎年森の奥からモリアオガエルが産卵に訪れ、この木に幾つもの卵塊を産みつける。
野迫川の夜は今、彼らの恋の歌が子守唄である...。
posted by けい at 12:00| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お転婆さん

素敵です
いくつになっても お転婆さんでいてくださいね♪

モリアオガエルと云えば、実家から歩ける距離に光悦寺というのがあり、そこが確かモリアオガエルが有名でした
幼少の頃
バナナ味の歯磨き粉をアブク状にし 口から垂らし「モリアオガエルの産卵!」と言いながら部屋中走り回り母親に怒られた記憶があります。。。
今でも たまにやりますが...

我が家では玄関灯の辺りに、小虫狙いのアマガエルが集結しだしました
Posted by Nao at 2009年06月06日 16:33
こんにちは!
とても不思議な葉っぱ・・・綺麗ですね!
柳はいろんな種類があって、それぞれ個性的ですね。
ウチの近くの山でも、ハクロニシキの原種のほうのイヌコリヤナギが綿毛を飛ばしはじめました!
↓のオダマキの花もとてもきれい。
それから、朴葉焼き・・・そんな風にして食べるのですね!
ウチでも今度やってみよう。
スズメバチトラップ・・・日本酒に砂糖にお酢ね!
覚えました!
Posted by みる at 2009年06月06日 18:44
お早うございます。
けさんのお庭には珍しい木がつきつきと登場しますね。
今日は知らない木ばっかり・・・・
いえ、岩なんてんはどこかで見たような・・・。

ウリカエデの実変わっていますね〜。

お転婆度なら負けていませんよ。
昨日も3段の脚立から梅の木に飛び移って梅を取ってきました。
70ウン歳でこんなことするのって変ですか?

お転婆でお茶目なけいさん、好きですよ〜〜〜。

モリアオガエルが来るのですか・・・

「このウリカエデは、ログハウスの前の小さな池に張り出している。
毎年森の奥からモリアオガエルが産卵に訪れ、この木に幾つもの卵塊を産みつける。
野迫川の夜は今、彼らの恋の歌が子守唄である...。」

最後のこのところ何回も読み返しています
いいですね〜〜。いいです〜〜ぅ。
野迫川の夜の・・・彼らの子守ききたい〜〜〜〜です。
Posted by sakko at 2009年06月07日 07:02
☆Naoさん、こんばんは。

最近はkiiさんに、お転ばばぁと言われています。(笑)
「ばぁ」と書くと赤ちゃん相手に可愛いけれど、お転婆に付けられると
ちょっとねぇ...。
かなり抵抗があるわ。
昔と変わらず飛んだり跳ねたり粗忽をしたり...。
呆れて引かないで下さいね!!

モリアオガエルで有名なお寺があると聞いたことがあるのですが、
Naoさんのお近くなんですか。
いやぁ、世間は狭いものですね。

「カエルの産卵」は面白すぎます♪
Naoさんも相当のやんちゃさんだったのですね。(笑)
Posted by けい at 2009年06月08日 21:39
☆みるさん、こんばんは。

kiiさんは何でも切ってしまうから、草刈りをして貰っても
安心できないんです。(笑)

イヌコリヤナギの綿毛飛ばし、これもみるさんの観察記録に
載ります??
楽しみです♪

朴葉焼きは生の葉ですると、数段風味がいいような気がします。
夏場はお薦めですよ。

スズメバチトラップね、オオスズメバチのごついのが三匹入って
いました。
お酒も酢もね、あまり上等でないほうが効くみたいです。
Posted by けい at 2009年06月08日 21:48
☆sakkoさん、こんばんは。

置物のチビガエルが好きで、集めていた時期もあったのですが、
モリアオガエルが居ることがわかってから、ますますカエルが
好きになりました。

うちにはモリアオさんでしょ、前の川にはカジカガエルがいますし、
他にもクワッツ、クワッツ、クワッツカ...と鳴くのが居るんですよ。
何だろうと思い続けて...まだ調べていません。

sakkoさんも筋金入りみたいですね♪
今日もね、1.8mの脚立の天辺に乗ってね、ヤマボウシの花を撮って
いたのですが、流石にちょっと恐かったです。
梅の木に飛び移って...なんて、おぉ、恐!!

お転婆でお茶目なsakkoさん、いいですねぇ。
パソコンもバリバリで凄いですよ。
かくありたいと思っています。

野迫川の夜の彼らの子守歌、呑んでいなければ煩いと思うかも。(笑)
Posted by けい at 2009年06月08日 22:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック