2009年06月11日

山椒の佃煮・我が家流

待ちに待った今年最初の山椒の佃煮作りだが、霜で一度新芽が全滅しているので
今回の量は少なかった。

山椒の若い枝先をブチブチと摘む。
いい香りがするので、山椒仕事は山菜・香味野菜の中でも一番好き。
イラガがいたらと思うと、少し引きますけどね。
今のところは何とか被害者はkiiさんのみで、私は免れている。
もっともドクガに比べたらイラガはまだ可愛いものだけれど、そういう問題では
ないよね。

これほどの量では仕上がりも僅かになってしまうけれど...。
山椒の若い枝先
サッと洗って水を切り、少な目の出し汁に醤油と味醂で調味し、かつおの削り粉を
入れ、ザクザク刻んだ山椒を入れる。
(若い枝は煮てしまうと棘もまったく当たらない。食している本人が言うのだから
間違いはない。だって棘が当たったらどうなる?流石に剛の者を自認している私
だって、口中傷だらけになるのは願い下げじゃない?(笑))

今回はタカノツメと冷凍庫に入っていた山椒の青い実も入れてみた。
うんまい!!
山椒の実は糠漬けや佃煮に重宝するので、我が家ではほとんどを青いうちに摘み、
冷凍で保存している。
今年はまだその時期ではないので、今回使用した実は昨年のもの。

↓出来上がりはこんな感じ。
我が家流山椒の佃煮

これがじつに美味しいんだなぁ...。
山椒大好きの我が家でもイチオシの、貴重な保存食なの♪
勿論、オリジナル。
弁当やおにぎり、熱々の白ご飯、手巻き寿司にもバッチリだし、酒の肴にも重宝する。
手巻き寿司なんて、もう最高!!
こういっては何だが、高価な魚よりも美味しい気がする。(←手前味噌?)

毎年言うことだが、山椒ってほんとに優れもの。
春の花山椒は鍋に、青い実はぬか漬けや佃煮に、熟した実は粉山椒に、そして枝は
すりこ木に...。
おまけに薬効も高い。

今年も実生の苗を二本見つけた。
「どうするぅ?」と細い目をいっぱいに見開いて仰天の風を装いながら、表情は
笑っている。
20株が30株になっても、ちっとも構わない。
山椒にはますます惚れ込んでいる、いや、のめり込んでいる二人なのだ!!
ラベル:山椒 佃煮
posted by けい at 12:00| 奈良 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 香味野菜とハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
けいさん、これおいしそうですね。
またごはん食べたくなってきました^^;
植えてはいるけど利用の仕方がいまいちでお吸い物やたけのこご飯などにちょっと使うだけで終わっていました。
うちのはもう新芽じゃなくなっているかなあ、明日確認してみましょう。
けいさんのところにお邪魔するとついなんでも真似して挑戦してみたくなります。

熊さん、けいさんの所までやってこないといいですね。
ミツバやミョウガ、アルメリアを食べたのは誰でしょう?鹿?
庭仕事の段取りが狂ってしまう不意の訪問者は困りますね・・・お気持ちよくわかります。使える時間は限られていますから。

そうそう、日曜日にスギナを収穫して乾かしました。パリパリになったけどそれから先がまだです。ひなたのにおいがします。
煎じたほうがいいのでしょうか?
Posted by ミント at 2009年06月11日 22:53
去年、たくさん山椒を頂いて、どうやって全部使えばいいのか、
困っていました。あの頃に知っていたらなぁと悔やまれます。
保存食って書いてありましたが、どの位持つんでしょう?
冷凍してのことかな?
来年、頂いたら余すところなく使ってみます。
本当にけいさんのブログは、勉強になるワ。

↑植物の場合、その時期にやらなければならないことがあるから、
やはり了解を取ってから来て欲しいですよね。
それに、庭の手入れをしている時ってスゴイ格好だから、
お客様に見られるのも嫌ですよね(笑)
Posted by モモカナール at 2009年06月12日 03:14
☆ミントさん、おはようございます。

山椒の佃煮は最高に美味しいですよ!!
これを作ってしまうと危険信号なの。
ついついご飯が進むんですもの。

ミントさんのお宅には山椒の木があるのですか?
勿体ないですよ、利用しなくっちゃ...。
うちではタケノコや木の芽和えで利用することはあまりないです。
もろにド〜ンと豪快に使うでしょ。
本当は山椒は香味ではなくて山菜に入れたいぐらいなんです。
山椒の木はドンドン増え続けているけれど、そのうち大変な
ことになるでしょうね。(笑)

ミツバやミョウガなどを食べているのは、切り口の具合から
カモシカだと思うのです。
前門から攻めてくるのは鹿軍団で、裏山から来るのがいつも
カモシカの大将。
この場所は裏ですし多分...。

限られた時間だから、不意打ちには焦りますよ。
許せる親しい友人たちはきっちり連絡してくれるんですよ。

スギナは粉にされますか?
それとも大きく或いは小さく刻んで??
それによっても違ってくると思うのですが。

最近ミントさんのブログが表示されないのです。
セキュリティが掛かっているわけではありませんよね。
表示が白紙のままなので途方にくれてます。
Posted by けい at 2009年06月12日 07:21
☆モモカナールさん、おはようございます。

濃い味で佃煮にするのは、素材の風味が抜けるようで
あまり好きではないので、うちは薄めですから、その
まま常温では無理なんです。
小分けにして冷凍庫利用で、半年は美味しいですよ。

>勉強になるワ。
思い込みの我流だもの、恥ずかしいです。(汗

そうなのよ、自分でもゾッとするぐらい恐ろしい恰好です。
ズボンはドロドロ、あちこち引っかき傷だらけだし、汗臭いし、
おまけに麦わらに虫除けネットでしょ。
そうそう、それに首にはタオルを巻いているしね、体の前後には
蚊取り線香をぶら下げているし・・・今ね、想像してるでしょ?(笑)
不意打ちをする人ってね、草の一本でも引こうという気持ちの
ない人ばかりなのよ。
Posted by けい at 2009年06月12日 07:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック