2009年06月15日

ハリエンジュとバラアカシア

「ハリエンジュ」(針槐/別名ニセアカシア)マメ科ハリエンジュ属
一般にアカシアと呼ばれているのはこの木。
ハリエンジュ1

ハリエンジュ2
花にはいい香りがあってほんのり甘く、天ぷらやサラダにも。
(葉は食べてはいけません!!花だけですよ。)
根が走ってよく育ち、害樹にも指定されているようですが、ひと株だけは欲しい、
私にとっては懐かしい木のひとつ。
ひと株だけはと言いつつ、三株もあるんですけどね。(笑)


以下ニ種はハリエンジュの改良種でしょうか。
「ハナエンジュ(バラアカシア)・ヒスピダ」
バラアカシア・ヒスピダ

「ハナエンジュ(バラアカシア)・ヒレリー」
バラアカシア・ヒレリー

ハナエンジュはバラアカシアとも呼ばれています。
一度切らなきゃと思いつつ、花が見れなかったらどうしようと逡巡している間に、
大きくなりすぎて大変。
撮れなくなるほど遥か彼方で花が咲いています。

挿し木がどうしてもうまくいかないのが、ヤマボウシとこのバラアカシア。

ハナエンジュの横に子どもができて喜んでいたら、なんと咲いたのは白花。
そして楽しみにしていた走り根も白花。
接合部分が見当たらないのだけれど、やはり接木なのかなぁ。

バラアカシアニ種は妙子さんもお気に入り。
二人で、「kiiさんお願い!!」です。
接木でも取り木でもなんでもいいから、とにかく苗木を作って頂戴ませ、ませ!!
posted by けい at 12:00| 奈良 🌁| Comment(12) | TrackBack(0) | 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
ハリエンジュよりもアカシアのほうが
わかりやすいですね。
小さい時からアカシアとしておぼえているものにとっては
こちらがニセアカシアというのは納得しがたいことでした。
種が川で運ばれたのでしょうか
川沿いに生えていました。いい香りの花で遊んだ
記憶はあるのですが、てんぷらが美味しいというだけで
味の記憶がありません。たべてないのかな〜・・・
ハナエンジュもきれいですね。図鑑でしかみたことがありません。
やはり大きくなるのですね。
木のしたは甘い香りが漂っているのでしょうね。
いいですね〜。
Posted by ねねまぁにゃ at 2009年06月15日 22:31
ハリエンジュもバラアカシアも見たことがありません。
アカシアって黄色の花しか知りません。

ハリエンジュの花の天ぷら?
いいかおりの天ぷらって・・・・
こんな花のサラダ、いいですね。

バラアカシアの花、大きな木になるのですね。
海紅豆くらいの大きさですか?

次から次へと珍しい花ばかり
さすが奈良県の北海道ですね〜。
Posted by sakko at 2009年06月16日 06:17
ハリエンジュにバラアカシア・・・どの花色も大好きな色で〜す。
広々としたけいさん宅で、思いっきりのびのびと育ってますね。
花は天ぷらに香りも楽しめるサラダ・・・食べてみたい!
なのに葉、果実、樹皮には毒性があるんですね。

国産アカシアのハチミツはハリエンジュの蜜なんでしょうか?
野迫川産”アカシア・ハチミツ”なんてどうでしょう!
そんな計画・・・もう進んでましたか?
今すぐ予約入れさせていただきますが・・・
主人なら間違いなく!ミツバチの巣箱2〜3個置きそうです♪
   横で2個は置く!・・・って言ってます。

初スギナ茶ですが、
なんとかコーヒー瓶(100g)2個出来ました。
摘む時期が遅かったようですが、粉にすると
お抹茶かと思うくらい綺麗な色なのでビックリしました。
飲み方よろしくお願い致します。
Posted by クッキーママ at 2009年06月16日 19:02
☆ねねまぁにゃさん、こんばんは

アカシアはほんとうはニセアカシアだなんてね...。
インプットされているのはアカシアでしょ、私も回路修正に
時間が掛かりました。
長らく「アカシアと呼ばれているニセアカシア」と言っていたわ。(笑)
河原に結構大きなのがボコボコ育ってますよね。
かわいそうに、害樹なんですってね。

ハナエンジュは美しい木です。
花友達の妙子さんの大のお気に入りなんです。

蜜が美味しいのか、虫たちがブイブイ言ってますよ。
Posted by けい at 2009年06月16日 22:03
☆sakkoさんへ

もう少し落ち着いたら、花巡りにいらしてくださいね。

海紅豆って何かと思いました。アメリカデイゴのことなんですね。
アメリカディゴの大きさを知らないのですが、それよりも花色はかなり
渋い気がします。
バラアカシアぼ花が食べられるかどうかは知らないのですが、白なら
まだしも、色つきはちょっと敬遠したいですよね。(笑)
Posted by けい at 2009年06月16日 22:10
☆クッキーママさん、こんばんは。

以前にね、日本ミツバチが巣を作ったんですよ。
ワイン樽の中に...。
蜂蜜を楽しみにしていたのに、スズメバチに襲われて
全滅してしまいました。
何年も待たずに、味見したらよかった...。
未だに残念無念の思いが残ってます。(笑)

日本ミツバチは今も飛びまわっているので、巣箱を置いたら
いいのですよね。
いつかそんなことも楽しみたいとは思っているのですが、
その前にスズメバチを撲滅しなくっちゃ。

長く留守にしてしまい、申し訳ありませんでした。
明日にはメールでお送りしますので...。
Posted by けい at 2009年06月16日 22:18
庭木で大事にされているとハリエンジュも美しい木ですね。
去年まで住んでいたワシントンDCエリアでは
季節になるとこのハリエンジュ(Black Locust)の花が延々と咲くのが見られました。
車で走っているだけで香りが分かるくらいすごい勢いで確かに害樹の域でした。
園芸種は知りませんでしたけれど変化があって良いですね。
Posted by アップル at 2009年06月18日 02:30
☆アップルさん、おはようございます。

ハリエンジュは北海道でよく目にしていたので懐かしくて、
それに花を食用にできるので楽しいでしょう。
ひと株だけ植えたつもりが、根が走るから難儀な子です。
沢山咲いていると見事だなぁと感嘆詞ですが、あの根走り
を思うとやはり害樹ですよね。

バラアカシアは根が走っても実生でも大歓迎なのですが、
何故か先祖帰りをして白い花しか咲かないんですよ。
不思議です。
挿し木が難しい木で、取り木と接木しかないのかなと
思っていますが、人の手を借りなければ生きられない木
というのは釈然としませんよね。
Posted by けい at 2009年06月18日 08:25
ハリエンジュの類は夏に蓄えたエネルギーで春一気に芽吹くので、緑枝を挿すよりも、冬の休眠期に蓄えたエネルギーの多いひこばえや走り根を切り取って挿しておくと成功率が非常に高いですよ。
Posted by とおりすがり at 2009年07月15日 13:00
☆とおりすがりさん、こんばんは。

ハリエンジュは要らないのですが、バラアカシアはなんとか
根付かせたいと思っています。

ヤマボウシとバラアカシアは苦手で、緑枝挿し以外もかなり
失敗しています。
もともとが接木なのか、ひこばえや走り根は全て白花のハリエンジュが
咲きますので、今度はそこに接木をしてみようかな。
取り木も考えてはいますが。
Posted by けい at 2009年07月15日 20:16
どうやら園芸品種はハリエンジュに接木してある場合もあるようです。深植えして目的の品種のひこばえを待つのも手かと。
当方、落葉期にバラアカシアの先端枝ほんの3センチ程度を切って土に埋めておいたところ、忘れた頃に芽吹いてきました。現在25センチくらいの苗になっています。世話といっても水切れしないようにしていただけですが、ビックリの生命力でした。
ご希望の樹が増えると良いですね。
Posted by とおりすがり at 2009年07月21日 00:45
☆通りすがりさん、おはようございます。

深植えしてひこばえ、そうですね。
増やす気ならそれが一番だったかと、後から気付きました。
木はどちらももう5メートルほどありますし、今更どうにも
なりませんが。

>落葉期に先端枝
>ほんの3センチ程度を切って土に埋めておいた
これは朗報です。
取り木をするにも場所が高く、難儀だなと思っていました。
この落葉期にチャレンジしてみます。
コンテナいっぱいに挿し木していたりして...。(笑)
Posted by けい at 2009年07月21日 06:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック