2009年06月16日

ハーブたち

「ディル」(別名イエローレースフラワー)
ディル
黄色い小花が傘を広げたように咲きます。
全草が使える重宝なハーブ。
赤ちゃんの夜泣きを鎮める効果があり、名前の語源は「なだめる」というのだとか。
様々な薬効があり、魚料理との相性も抜群。
花も美しくて、私の大好きなハーブのひとつです。
ディルのポテトサラダも美味しいのよ。


「ボリジ」(和名ルリヂシャ/別名スターフラワー)
ボリジ
美しい星型の青花が可愛いです。
花はお菓子に、葉はサラダなどに使うようですね。
毛のある葉茎も特徴です。


「ワイルドストロベリー」(和名エゾエビイチゴ/別名ヨーロッパクサイチゴ)
エゾエビイチゴなどという恐ろしげな名前を付けられているけれど、美味しいです!
ワイルドストロベリーの花
生育旺盛すぎるのでつい雑草扱いをしてしまうけれど、可愛くて大好きという
この複雑な気持ち。(笑)
庭中にはびこっています。
ワイルドストロベリーの赤い実
ワイルドストロベリーが実る季節になると、キジバトさんやコジュケイさんが夫婦で
訪問してくれます。
仲良くイチゴを啄ばんでいる光景はなかなかいいものです。
週末開拓民の哀しさで、収穫合戦にはいつも遅れをとり、私たちは庭仕事の合間に
口に放り込むぐらいが関の山。
今年こそジャムにしようと意気込んでいたのに...。
ワイルドストロベリーの白実
白実もあるけれど、甘味と酸味がほどよい赤い実のほうが好きです。
幼い子どもたちは白実を喜ぶようです。


「アルケミラ・モリス」(或いはアルケミラモーリス)
(和名ハゴロモグサ/別名レディス・マントル)
アルケミラモーリス
個性的な花や葉が好きで、白樺エリアの小道の縁や敷地内道路の脇などに植えて
います。
アルケミラモーリス

一番ステキだなと思うのは葉が露を転がしている時・・・。
アルケミラモーリス
葉の形が聖母マリアのマントに似ていることが「レディス・マントル」という
名前の由来とか・・・。


ハーブは香草としての利用よりも、花や香りを楽しんでいることが多いです。
料理に使うのはミントやタイム、ディル、チコリ、サフラン、パセリ、それに
ダッチオーブンでよく使うローズマリーぐらいかしら...。
どちらかというとアサツキ、ネギ、シソ、ミョウガや三つ葉、山椒、生姜などの
和のハーブと呼ばれるものの利用が多い我が家です。
posted by けい at 16:00| 奈良 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 香味野菜とハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パセリ セージ ローズマリー & タイム ♪

S&Gのスカボロフェアを思い出しました
我が家の庭 犬達の散歩コース周辺も様々な野いちごでいっぱいです

日頃のアルコール漬けの不摂生
手ごろに採取できる野いちごで、思いっきりビタミン補給しています!

こちらは、凄い雷ですよ♪

Posted by Nao at 2009年06月16日 19:25
こんにちは!
ハーブっていいですよね!
草じたいの香りがいいし、花もハデさはないけど可憐なものが多くて、しかも食べられて体にいいときたら、もう一粒で2度も3度もおいしいですね!
ウチではチャイブとバジルくらいしか育ててないけれど、けいさんの記事見てたらディルとかミント、タイムなんかも植えてみたくなりました!
それから↓ニセアカシア・・・十勝にもたくさんある木ですよね!
花はホントにとてもいいかおりがします。
花が食べられるというのは知りませんでした。
もとは外国から入ってきた木だということですが、すっかり十勝の木、という顔をしています。
Posted by みる at 2009年06月16日 21:43
☆Naoさん、こんばんは

パセリ セージ ローズマリー & タイム♪
この歌が出てくるのではと思っていました。(笑)
Naoさんもこの歌が懐かしい世代、でした??


この週末はタンゴにヨーヨーマ、P・P&Mを聴きながら
ブヨと戦いつつ草を引いておりました。

野イチゴでビタミン補給、私もそう。
汗をかいたから一粒、ちょっと疲れたから一粒って食べてばっかり。(笑)

そちらは雨はどうですか?
野迫川はカラカラなんです。
隣村は雨なのに、雨雲はわざわざ除けて通ってくれているみたいですよ。
Posted by けい at 2009年06月16日 22:31
☆みるさん、こんばんは。

ハーブって花も可愛いし、香りがいいですものね。
料理に利用しているものというとまだ少なくて、風情を楽しんでいる
ほうが多いかも。

チャイブやバジル、カモミールなどもいいですよね。
まだ花が咲いていないのですが...。
チコリも大好きです♪

ディルはお薦めですよ。
花もいいですけど、いろいろ使えるのが好きです。
タイムの花もとっても可愛いですよ。

↓ニセアカシア・・・そちらにはたくさんあるでしょう??
私にとっては懐かしい木なんですけど、今では厄介ものの木
でもあるのですってね。
花はサラダや天ぷらにしますけど、何処の地方だったか度忘れ
しましたが、その料理を出している店もあるのだそうです。
Posted by けい at 2009年06月16日 22:43
けいさん
ハーブが沢山生えているのですね
自分はアップルハーブくらいで増えて困り物です
でもこのハーブのお陰で蝶が遊びに来てくれます
今年はまだ開花までには時間がかかりそうです
エゾ梅雨でしょうか?北海道神宮のお祭ですが
気温が低く盛り上がりません・
庭の野菜も成長が止まったままに見えます
来週当たりから晴れ間が覗きそうです
ニセアカシア天ぷらで食べれますか?
早速明日の食事の一品に載せますね
Posted by hana at 2009年06月16日 23:25
おはようございます。
アルケミラモーリスは憧れのハーブで
何株植えてだめにしたことか 夏越しができません。
けいさんみたいに通路に沿って茂らせてみたかったです。
白いイチゴもめずらしいですね。
今ベリー類が盛りでヒヨやスズメと
競争で口に運んでいます。
朝の早い彼らにはとてもかないません。
毎日いてもこれですから、けいさんはもっとたいへんですね。
Posted by ねねまぁにゃ at 2009年06月17日 05:24
☆hanaさん、おはようございます。

ハーブ、たくさんあったのですが陰が多くなると
消えるものもかなりです。
品種は少なくなりました。
もっとも、ミョウガやミツバに占領されている部分が
多すぎるといえないこともないのですが。

ミントには蝶がよく遊びに来ますよね。
ミントもいろいろありますけどゴチャゴチャに入り混じり、
何がなんだか判らなくなってしまいました。

庭仕事をしながら知らずに触れて、漂う香りに幸せを感じ
ません?
うちは最近蝶が少なくなりました。
その代わり鳥が増えています。
嬉しいけれど寂しい...複雑ですね♪
Posted by けい at 2009年06月17日 06:54
☆ねねまぁにゃさん、おはようございます。

アルケミラモーリスは夏越しが難しいのでしょうか?
ねねまぁにゃさんの所とでしたら、気温的にはそう
違わない気がしますが...。
夏の日中の気温は凄いですし蒸れもきついですが、朝晩が
涼しい(過ぎる)ので、そこが違うのかしら?

ポキッと株を折っては横に広げて、こんな風に増やして
きました。
なかなか見事になったでしょう??
少し行儀が悪くなってきましたが、まぁいいか・・・です。(笑)

白は突然変異なんでしょうね。
ずっと赤ばかりだったのですが、ある年から急に出始めました。
数は少ないです。
甘いだけなので小さい子どもたちは喜びますけど、大人には
イマイチです。

早朝散歩は我が家は6時からなんですが、鳥には完全に負けて
ます。
彼らの合唱は4時半には始まっていますもの。
最近ずっと朝が早いからか、夜は9時を過ぎるとコックリして
しまいます。
Posted by けい at 2009年06月17日 07:06
わ〜懐かしいハーブばかり!
アルケミラモリスやボリジは昔随分植えていたのですが
暑いところに来たので今は植えていません。
あの葉のくぼみにたまる水のおもしろさは私も良く写真に撮りました。
私もディルはフェンネルと一緒に良く使います。
あとお気に入りはタラゴンにマジョーラム、
やはりこの湿気の多い土地ではどうもうまくいきません。
でも北では冬越しが出来なかったローズマリーが
立派な大株になるのが嬉しいです。
Posted by アップル at 2009年06月18日 02:40
☆アップルさんへ

ボリジってやはり夏の蒸れには弱いです??
結構気難しいんです。
ある日突然元気がなくなってパタリです。
アルケミラモリスはよく育つようになりました。
アルケミラモリスの葉っぱってほんとうに面白いですよね。
眺めていて飽きません。
一番弱かったのがラベンダーで、これは土壌の関係が大きい
そうです。
なにしろうちはきつい酸性土壌なんです。
中和がなかなか上手くいきません。
ローズマリーは大株になると見事でしょうね。
木立性のものを育てていらっしゃるのでしょうか?
うちは数年に一度、世代交代させないと弱ってしまいます。

タラゴンは種と苗が手に入らず育てたことがありませんが、
マジョラムはミントに埋もれて消えてしまいました。
ハーブは花も可愛いですし、香りがいいですから育てて楽しい
ですよね。
Posted by けい at 2009年06月18日 08:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック