2009年06月14日

ボタンカラマツ

カラマツソウの仲間たちが大好きです♪

「ボタンカラマツ」キンポウゲ科カラマツソウ属
優しい風情がなんともいえません。
ボタンカラマツ1

ボタンカラマツ2

カラマツソウの仲間はいろいろ育ててみたいなぁ。。。
図鑑を眺めては、この子にもあの子にも出会いたいと思いを巡らせています。

春咲きの小型のカラマツソウも何種かあったのですが、4月29日の寒さで
全滅してしまいました。
開花期の早い植物は、こういう事態に遭遇しやすいですね。
そういう懸念のあるものは育てないに限ると、私もようやく学習したわけです。
「もう少し早く気付いていただけませんかね、授業料が掛かりすぎですわ」
そんな厭言を言う者が若干一名おりますが、「気付かないよりは、マシじゃないの」
と開き直っています。
posted by けい at 15:00| 奈良 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ☆カラマツソウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ボタンカラマツ、初めて見ました。
なんとなく秋の風情がある花ですね。

最近は変な時期に雪が降ったりするから、困りものですね。
でもほとんど花のない冬から、一斉に咲き始める時期、
どうしても、たくさんの花がみたくなってしまいますよね。

ムサシノキスゲ、綺麗な山吹色ですね。
山野草の風情がイイな。
Posted by モモカナール at 2009年06月15日 02:37
今日は火曜日でコナミは定休日、その分、畑で運動しょうと
思っていましたが雨模様です。

カラマツそうかわいいですね
私のは、ツクシカラマツです。
花が凄く小さいのでなかなかうまく撮れません。
零れ種でどんどん増えますのに種を取って
蒔くとなかなかはえてきません。

頂いた「うばゆり」「シュウメイギク」「アケボノソウ」の種を
まだ寒い頃に蒔いたのですが・・・・・

アケボノソウは浅鉢に蒔いたのですが、ぎっしり芽が出すぎて
(一面に生えていて)うまく間引けませんでした。
Mさんが「ほっといても、強い苗が育つ」と言ったのでそのままにしていますが
まだ小さいままです。
これも直播したのがやっと一株芽が出てきたようです。
(鉢のと同じ形の葉ですから・・・・)
まだ写真に撮れない大きさです。

うばゆりは地蒔き、鉢まき、ポット蒔きを試みたのですが
いまだ芽が出ません。

シュウメイギクは「零れ種ではえる」が意識にあったので
直播しましたが、ジュウヤク、カタバミ、その他の草がどんどん生えてきて
一向にシュウメイギクらしきものが生えてきませんでした。
ともかく水をやって草取りを続けていましたら
それらしき葉の形の芽が3本でてきました。
猫に踏まれないように覆いをかけてきました。
やっと芽が出てきました・・・・
でも、1cmくらいではっきりしません。
もし違っていたら・・・・もう少し眺め続けます。

アケボノソウには昨日薄い液肥をやりました。
大きくなって欲しいですぅ・・・・。
以上報告まで。
Posted by sakko at 2009年06月16日 06:02
☆モモカナールさん、こんばんは。

ボタンカラマツ、可愛いでしょう?
カラマツソウって大好きなんです。
カラマツソウは全体に弱り気味で、このボタンカラマツや
他にはシキンカラマツが一番元気です。
こういう花の風情って、妙に惹かれません??

最近ね、再び山野草に気持ちが戻り始めた気がします。
やっぱり渋い中にさりげなく美を感じられるものって
ステキだな、なんてね。
Posted by けい at 2009年06月16日 21:45
☆sakkoさんへ

野迫川は気配だけイッチョマエで、雷もドンガラするのに、
雨は降らずなんですよ。
今年は昨年以上の渇水が予想されます。

春のカラマツも可愛いのが多いですよね。
ツクシカラマツやグリーンハリケーンなども育てていたのですが、
遅霜で枯れてしまいました。
これからは強いのばっかり植えようと、最近は少し賢くなりました。(笑)
諦めの境地、だったりして。

その遅霜でね、じつはsakkoさんに戴いた種も全滅させてしまいました。
青い芽を見たものもあって、「悔しい!!」です。
Posted by けい at 2009年06月16日 21:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック