2009年06月19日

草花いろいろ

草花いろいろ、今回はキキョウソウ、ニワゼキショウ、オオニワゼキショウ、
白花のシラン、カラスビシャク、メノマンネングサなどを...。

「キキョウソウ」〈桔梗草/別名ダンダンギキョウ)キキョウ科キキョウソウ属
北アメリカ原産。
キキョウソウ
移植した植物に付いて野迫川入りしたらしい。
小さいけれどとても美しい花で、群生すると息を呑むほど...。


「ニワゼキショウ」〈庭石菖〉アヤメ科ニワゼキショウ属・北アメリカ原産。
ニワゼキショウ
葉がセキショウに似ていることからこの名がある。
直径1.5センチぐらいの小さな花だけれど、よく見るとほんとうに綺麗。
オオニワゼキショウより花は少し大きく、草丈は低い。


「オオニワゼキショウ」〈大庭石菖/別名ルリニワゼキショウ・アイイロニワゼキショウ〉
アヤメ科ニワゼキショウ属・北アメリカ原産。
オオニワゼキショウ1

オオニワゼキショウ2
花はニワゼキショウより少し小さく、草丈はニワゼキショウよりも大きい。
球形の刮ハも面白い。
上記三種はkiiさんにとっては雑草で私にとっては花という、永遠に見解の一致を
みない草花の仲間です。


「シラン白花」(紫蘭白花)ラン科シラン属
シラン・白花
白花も、口紅シランも、今年もこんな様子で終わりそう。
週末の山暮らしでは、こんな風に旬を見逃してばかり。...。
鹿が食べるのでネットで保護している。


「カラスビシャク」(烏柄杓/別名ハンゲ)サトイモ科ハンゲ属
カラスビシャク
昨年は「カラスビシャク?」というのが出現して、風体が少し異なるので??だった。
今年別の場所に現れたこれは間違いなくカラスビシャクのようだ。
昨年のアレはいったい何だろう?
疑問符絡みのものは、もういいかなと思うわ。
昨年の「カラスビシャク?」


「メノマンネングサ」〈雌の万年草〉ベンケイソウ科キリンソウ属
メノマンネングサ
池の傍らで黄色いカーペットになっている。
背丈の低い肉厚の葉と花は可愛くていいけれど、増えすぎて困りもの。
posted by けい at 09:47| 奈良 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 草花  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おぉ〜〜!!
けいさん 感謝です♪

我が家の庭 抜かない雑草に分類しているのが3種類判明しました!

ニワゼキショウ
これ 大好きなんです
思いっきりたくさんありますが、100株にひとつくらいの割合で白い花の株があります

カラスビシャク
これも ちょろちょろとたまに見かけます 形が面白いのでリザーブ!

メノマンネングサ
肉厚系は結構好き 井戸掘りの際に出てきた花崗岩で、ルルドのマリア像を作り その周りをメノマンネングサや野生のスミレ等を植えたのですが、仰るとおり 凄い生育ぶり...
今や 花崗岩に覆い被さっております!

追伸
一月ばかり前にトップページのアドレスにメールしましたが、フィルターに引っ掛かってしまったでしょうか。。。
Posted by Nao at 2009年06月19日 10:54
☆Naoさん、こんにちは。

今たまたまPCの前に居ました。

HPのトップページのメールアドレスですよね。
フィルターには掛かっていないと思うのですが、HPの引越しの頃
でしたから、アドレスの切り替えでややこしかったかもです。
kei_555@nosegawaclub.sakura.tv
これで届くはずなんですが、ほんとうにご迷惑をお掛けいたしました。

ニワゼキショウね、いいなぁ。思い切りたくさんあるの!?
うちも思い切りたくさんあるはずなのにね、kiiさんが全部
刈ってしまうんです。
それでね、仕方ないから移植するのに、また通路に出てきちゃうの。
切る、切らないで喧嘩ですよ。

カラスビシャクは薬効もあるのでしょ。
ユニークな姿だし、マムシグサのようにおどろおどろしくないし、
可愛く思えますよね。

メノマンネングサ、ふふふ、やっぱり??
抜いては放りを繰り返しているんですけど、一年経つとまた出てくるのよ。
芽や根っこの端っこが残っているだけでも、出てくるんじゃないかしら。

増えて欲しいものはなかなか増えず...なんですけどね。
Posted by けい at 2009年06月19日 11:29
我が家では、今年ネジバナが出てきました。
もちろん抜きませんでした(*^_^*)

我が家のコモチマンネングサは
増えすぎてしまって困ったので
残念ながら抜いちゃいました(^_^;)
Posted by らん at 2009年06月20日 00:09
こちらに来ている方達は間違いなく
ニワゼキショウの仲間は花だとおっしゃるでしょうね。
今の庭の奥の荒れ地にも仲間のBlue-eyed Grass(Sisyrinchium angustifolium)というのが住んでいまして、
青い花がかわいいので家の花壇に引っ越しさせました。
それが芝生を週一で刈りにくるワーカーがわざわざ刈ってしまい
とってもがっかりしているところです。

マンネングサ、セダム類も暑い地方に住むようになってから注目のアイテムです。
肉厚のコロコロ葉っぱのバリエーションはおもしろいです。
Posted by アップル at 2009年06月20日 00:12
シランも鹿のお腹に? 美味しいんだ!
鹿害から逃れたのが健気に咲きましたね。
来年はネット効果があると良いですね。

我が家は赤花があるので、白が欲しいのですが、
お隣の白花を見て
”白も綺麗ですね・・・”で、
”少し株を分けてもらえませんか・・・”
の一言が言えずにおります。

子供の頃、
”この花の名前知ってる?”と聞いて
”知らん・・・”と返事が返ってくるのを期待し、
”そうシラン!”って言ってました。
私も”この花の名前は知らん!”で覚えました。
この会話は主人とも・・・それで名前を覚えてくれました。

子供の頃から大好きだった♪花が”ニワゼキショウ”だと
この歳にして始めて知りました。

エビヅル・・・南さんにも尋ねていただき有難うございました。
今は”柿に近づくと切られる!”とインプットされたのか、
茗荷や草にしがみ付いております。

腕のほうはどうですか?
少しは腫れ・痛みひきましたか?
身近に毒蜘蛛がいるなんて思ってもみませんでした。
お大事になさって下さい。
Posted by クッキーママ at 2009年06月22日 11:41
☆らんさん、おはようございます。

ネジバナとスミレは我が家では不実の代名詞のように
使われています。
だってね、すぐに脱走するんですよ。
せっかくまとめて植えて綺麗だなと思って喜んでいるのに、
翌年はもうそこに居ないんですもの。(笑)

ネジバナ、今年は何処に出現するでしょう...。

コモチマンネングサというのがあるのですか??
見たかったです!
マンネングサはやはり繁殖力が旺盛なんですね。
Posted by けい at 2009年06月23日 04:57
☆アップルさん、おはようございます。

ニワゼキショウはやはり花の仲間ですよね♪
可愛い花ですものね。

kiiさんもそうなんですよ。切ってしまうんです。
もっとも、切られやすいところにばかり出てくるという
習性が災いしているのですけど...。
切られちゃうと少しショボッとしてしまいます。
Sisyrinchium angustifoliumというのは濃い青が美しい品種
でしたっけ??
お隣の方からいただいて植え込んだのですが、寒さに負けて
消えてしまいました。

セダム類は強いですね。
野迫川のような寒い地域でよく育つなと思われるものもあります。

寒暖に強いというのが我が家の植物たちの必須条件ですけど、
そこに蒸れも入りますから選択肢がかなり少なくなります。
Posted by けい at 2009年06月23日 05:08
☆クッキーママさん、おはようございます。

鹿のお腹に納まったものは数知れず...。
今回はミソハギにギボウシ、ソルダムの若葉にササユリ、
ミョウガにアシタバが餌食になりました。
アシタバを食べる鹿なんて、グルメだと思われません??

シランの若葉も好きなんですよ。
ブルーベリーだって食べますし、ネムノキも大好き。
ネムノキはひと株枯れてしまいました。

鹿対策で庭中ネットを張り巡らせてあるので、見苦しいったら
ありませんが、今は仕方がないかなと諦めています。

シランの赤花はよく増えますよね。
白が同じように増えてくれたらいいのですが、どうして
繁殖力が弱いんでしょうね。
そういえば口紅シランも消えてしまったみたいです。

「この花知ってる?」「知らん」「知ってるじゃない!!」
kiiさんにもそうして覚えてもらいましたっけ。(笑)

ニワゼキショウもオオニワゼキショウも美しい花ですよね。
大好きで抜けません。
「切った切ったと大騒ぎするけれど、また出てくるじゃない」
kiiさんは冷たいのですが...。

毒蜘蛛、昨年もやられているのですが今回は少しきつかったです。
疼きはまだ残っていますが、今朝見ると腫れと熱は引きました。
自分でも見るのがおぞましい感じだったのよ。
ヤレヤレです。
今度は何に?? それが恐いです。
Posted by けい at 2009年06月23日 05:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック