2009年06月21日

ウツギ、ウノハナ、ヒメウツギ

「ウツギ」〈空木・別名ウノハナ〉ユキノシタ科ウツギ属
(現在は旧ユキノシタ科とされているようで、アジサイ科に変更されているようです。)
枝が中空になるので空木の名があります。
ウツギ
周辺の山野に一番多いのがこのウツギ。
山肌を白く染めて遠目には美しいけれど、至るところにボコボコ出てくる厄介な
嫌われものです。


「ヒメウツギ」ユキノシタ科ウツギ属
(姫空木)
小花がぎっしりと咲いて、一隅が真っ白に浮き上がりました。
ヒメウツギ1
樹高は1.5メートルほど。
ウツギよりも少し早い時期に咲き、白は鮮やかです。
ヒメウツギ2
実は私、長い間こちらのほうを「ウノハナ」だと思い込んでいました。
戴いたときに「ウノハナ」だと教えられてそう思い込んでいたけれど、ある日図鑑を
見ていて吃驚しました。
広言しなくてよかったと、密かに冷や汗が伝ったわ。
posted by けい at 10:00| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | ☆ウツギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウツギ全般を卯の花と呼ぶのかしらね?
私は最近まで、ウノハナってどんな花か、名前しか知りませんでした。
実際、山に咲いているウツギは毎年見ていたはずなのに、興味がないと見てないも同然なのね。
今年はドライブ中もあちこちでウツギを見かけました。
お天気もいい日が続いたので、きれいに咲いてましたよ。
とっくに終わってますが。
ヒメウツギは私も植えています。
丈夫ですね、小さい木で、宿根草にすっかり覆われてしまうのに、ちゃんと生きてるもんね。
Posted by ann at 2009年06月22日 06:45
こんばんは
今年はウツギを見ないですぎてしまいました。
昔はいたるところに生えていたように
思いますが、今はヒメウツギを庭で見るくらいです。
刈り込みに強いので垣根につかっていたのでしょうか
けいさんのところは花木が花盛りですね。
Posted by ねねまっぁにゃ at 2009年06月22日 22:06
☆annさん、おはようございます。

ウノハナって匂うと思ってませんでした。
あの歌詞のウノハナは何だったんでしょうね?

走行中、切り開いた道路脇の斜面がウツギで真っ白に染まって
美しいですが、繁殖力が旺盛で庭では「伐るべし!!」の木。
山の手入れに入るのを一冬抜かっていたら、今年はウツギと
ヤブウツギだらけになってしまいました。
マムシの季節が終わったら一掃しなくては...。

ヒメウツギは強いですけど、ウツギのようには増えませんね。
可愛くて好きなんですけど。
ウツギは嫌われもので、ヒメウツギは大事にされているというところが、
不思議でしょ?(笑)
Posted by けい at 2009年06月23日 05:31
☆ねねまぁにゃさん、おはようございます。

書き込みを中断して、kiiさんの朝ごはん&お弁当作り
に行っておりました。
お弁当もこの季節になるとおかずに悩みます。
ワンパターンになるけれど、やっぱりお弁当がいいと
言われるとね。

ウツギ、山では普通にあるそれこそ雑木ですが、少し拓けた
ところなどではもう見かけなくなりましたね。
山でも繁殖力が凄くて、困ったちゃんの木なんですけど。
ヒメウツギは小振りで可愛いですよね。

花木もそろそろ終盤なので、これからはアップに一息
つけそうですよ。(笑)

ホタルがチラリと舞いだしましたが、今年はやはり早いです。
Posted by けい at 2009年06月23日 06:58
ウツギ、綺麗。
ちょっとお話を聞いてから、恐いけれど(笑)
そんなに繁殖力が旺盛なのですね。
紅花エゴノキも美しいですね。
両方とも、いかにも山に溶け込んで咲いている花で素敵。

セアカゴケグモとカバキコマチグモ、グーグルの画像検索で見ました。

セアカゴケグモは、その名の通り背中に赤が入っていて、いかにも毒がありそう(汗)
見たことなかったです。ホッ。
カバキコマチグモは、いろんな画像があって、よくわからなかったけれど、
日本の草原でよく見かける蜘蛛だという気がしました。
こんな普通の蜘蛛にも、毒があるんですね。
ウチにいる蜘蛛は、脚が長くて茶色いのが多いです。
見た目的には、毒はないような気がします。

もう蛍が舞っているのですねぇ。イイなぁ。
小川もあることだし、たくさんの蛍が飛ぶのでしょうね。
Posted by モモカナール at 2009年06月23日 14:58
☆モモカナールさん、こんばんは。

ダニの木ね。
地元の謂れだそうですが、本当かどうか...。
もしガセだったら怒られますよね、ウツギさんに。(笑)

紅花エゴノキは綺麗でしょう??
お気に入りです♪

セアカゴケグモはいかにも恐そうでしょ。
カバキコマチグモって何処にでも居そうな感じがしません??
素早さ天下一品で、それは凄かったです。
毒のない蜘蛛は不快害虫にされているから、可哀想ですよね。
害虫を食べて、貢献してくれているのにね。

うちもそういう蜘蛛たちは、益虫として放置していますよ。
Posted by けい at 2009年06月23日 19:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック