2009年06月25日

スズメバチ対策

ブルーベリーに飛来されてひどい目に遭った昨年の轍は踏むまいと、スズメバチ
トラップの設置に努めている。
何しろ昨年は、1000匹以上のスズメバチをトラップで捕獲したのだった。

女王蜂の捕獲が目的で5月末から設置していたが、乾燥しきっているせいか
トラップの中の誘引液の蒸発が激しい。
蛾もかなり入っているので、作り直して入れ替えた。
作り直す前に入っていたスズメバチがこれ。
取り出して吃驚、卒倒しそうだった。
三個のトラップに入っていたスズメバチ
体長といいその太さといい、まるで単三電池並みのものもある。
これはオオスズメバチの女王か...。
右のキイロスズメバチが、何と可愛く見えることだろう。

庭の何処へでも巣作り開始と見るや、破壊作戦を敢行中。
でも、目が行き届かないこともあり、スズメバチトラップの効果がやはり一番だと思う。

新しく誘引液を入れ替えて
「ようお越し、どうぞお泊まりを!」まるで落語の世界の番頭さんみたい。
思いを込めて、いかにも美味しそうに誘引液を作っているkiiさんである。
今回は5個をぶら下げた。
さて、うまく入ってくれるかな。
posted by けい at 16:30| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 生きものたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
去年は、スズメバチに悩まされましたものねぇ。

それにしても大きなスズメバチ!
これが、女王蜂なのかしらね。
今年はたくさん、ブルーベリーを収穫できるとイイですね。

トリトマ、これは以前、イギリスのローズムーアガーデンに咲いていて、
とても目立ってカッコ良かったので、種を買ってきたんですが、
ちょっと鉢では可哀相かなぁとまだ蒔いていないのです。
イギリス庭園みたいで素敵。

クレマチスは、今年、もの凄くたくさん咲いてくれたのに、バリ紀行を書いていて、アップするタイミングを逃してしまったワ(涙)
バラはいくらでも増やしたくなりますね。
でも、庭での日本の野草系とのバランスが難しそうな気がします。
ところで、けいさんの庭は何坪あるのでしょう?
種類や量の豊富さを見ると、なんだか山一つ持っているような気がしてきます(笑)
Posted by モモカナール at 2009年06月26日 02:50
☆モモカナールさん、おはようございます。

こんなのに襲われたら一刺しであの世いきではないか、
と思われるぐらいに大きいでしょう!?
取り出しているkiiさんの手元を見ながらそれを
想像してね、震えがきてしまいました。

せめて敷地内の巣作りは御免こうむりたいと、撲滅に
努めているけれど、他所に作って食糧探しに飛来する
訪問者は防ぎようがないですから、今年も恐々として
います。
果たして私たちは、美味しいBBを口にできるでしょうか...。

種を買ってこられたトリトマはやはりこの大きなほうの
オオトリトマでした??
かなり大きな株になりますものね。
でもオオトリトマもアカンサス・モリスよりは小型よ。(笑)
最近よくHCなどで見かける大鉢なら、充分だと思いますけど。

クレマチス、見たかったなぁ...。
野迫川では今が旬ですし(まだこれから咲くものもあります)、
遅くはないですからぜひアップしてください。
バラね、恐いわね。
熱中症に罹患しないようにセーブしているんですけど、枕元に
いつもバラの図鑑をい置いている自分が恐いです。
そうなのよ、山野草が多いでしょ。
ひどくバランスが悪くなるので、原種系や大人しいものに
留めておかなくちゃと思ってます。

うちは敷地全体では1000坪ほどしかないのよ。
まだ未開の地部分があるので、庭に利用できているのは半分程度かなぁ。
でもね、一人では完璧に管理の限界を超えていますね。
果樹や山菜などを増やすつもりですから、庭には、あとは山の斜面や
表の土手を利用するぐらいしか無理かも。
Posted by けい at 2009年06月26日 09:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック