2009年06月30日

ウツギ四種

「ヤブウツギ」(藪空木/別名ケウツギ)スイカズラ科タニウツギ属
枝が密生してやぶ状になることからヤブウツギと呼ばれるそうな。
ヤブウツギ
ウツギ&ヤブウツギの繁殖力ときたら、恐ろしいほど。
(このボケボケ写真は載せたくないけれど、他のヤブウツギはもっとひどいので、
やむを得ず...。)
でも、ヤブウツギに付く真ん丸のものが虫こぶと知り、無造作にバッサ、バッサと
切るのが少し可哀想になってしまった。
ヤブウツギの虫こぶ
ネッ、見た目はすご〜く可愛いでしょ。


「黄金葉ウツギ」スイカズラ科タニウツギ属
タニウツギ(谷空木)の中でも特に色濃いものをベニウツギと呼ぶが、これはその
黄金葉のもの。
黄金葉ウツギ
同じ赤花でも、ヤブウツギの恐ろしい勢いに比べて、この黄金葉はなかなか増えない
のが不思議。


「サラサウツギ」〈和名ヤナギハナガサ〉ユキノシタ科ウツギ属
ウツギ(ウノハナ)の八重咲き種で、花弁の外側が紅紫色になる変異種をサラサ
ウツギと呼ぶ。
内側は真っ白。
サラサウツギ

サラサウツギ
小花がビッシリ。
昨年から移植しなきゃと思いつつ、もう移し難いほど大きくなってしまった挿し木株
なんて、まるで笑い話だわね。


「実成りウツギ」
実成りウツギなどという名称は一向に見当たらず、本名が不明のまま。
ラベルのままを今年も使うけれど、こうなってくると、ほんとうに空木の仲間か??
と疑いの気持ちが濃くなってくる。
実生りウツギ
房になって咲く変わったウツギで、花後にできる濃い紫の実も個性的。


ところで検索の際、“「ウツギ」「マルバウツギ」「ヒメウツギ」の三種を「卯の花」
という”という文章を目にした。
それでは、ヒメウツギをずっと卯の花だと思ってきたことは、一部だけ正しかった
ということ??
posted by けい at 16:39| 奈良 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | ☆ウツギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
いろんな「ウツギ」があるんですね!
赤やピンクもあってとてもきれい。
ウチの近くに自生しているのはノリウツギのみ。
でも、それがとてもきれいでよい香りなの。
大好きです。
花の時期はまだもう少し先の7月末ごろ。
たくさんの蜂や蝶も集まるんですよ、楽しみです。

ブルーベリー・・・ウチのも青い実がだんだん膨らんできましたよ!
サクランボの実はやっぱりほとんど落ちてしまったので、今年も期待薄ですが・・・。
ヒヨドリさん、カラスさん、見つけないでー!
と毎日祈るような気持ちです。(笑)
Posted by みる at 2009年06月30日 21:52
こんばんは
うつぎにもたくさんの種類があるのですね。
虫こぶ 変わった物のとりこになりましたね。
昨年も見せてもらいました。
これからの季節に多く見られるのですか。
割って中を見たことがあるような気がするのですが。
色々な植物に出来るのでしょうね。
Posted by ねねまぁにゃ at 2009年06月30日 21:53
うつぎ、もっと早い時期にピンクと白が混ざったのが
咲いていたように思うのですが、
色々な種類がるのですね。
実なりうつぎは変わった形ですね。
虫こぶって可愛い形ですね。
でも中に虫の卵が入っているのですね。
取らないと後で虫が発生するのでしょうか。

今日もお天気が悪いです。
Posted by sakko at 2009年07月01日 06:18
☆みるさん、おはようございます。

ノリウツギ、サビタのことですよね♪
北海道に居る頃はサビタのほうが馴染んでました。
じつは庭にも自生していますし、周辺にもたくさんあるんですよ。
あまり気にも留めていなかったので、香りがあるのは知りませんでした。
今年は香り体験もしてみよう...。

ノリウツギやピラミッドアジサイ、ミナヅキなどは遅いですね。
それらが咲き出すと、あぁ、もうすぐ冬野菜の準備をしなくっちゃ、
なんて少し忙しい気分になります。

野鳥は来て欲しいけれど、ヒヨやカラスは煩くてキライ。
どちらもうちは数はとっても少ないですけど、ヒヨはブルーベリーも
食べに来るものね。
カケスもブルーベリーが好きです。
大きないいとことろばかり食べてくれるのよ。
一応網を掛けるので鳥は問題はないのですが、一番の案件はスズメバチです。
目をつけないで欲しいわ!!
Posted by けい at 2009年07月01日 07:28
☆ねねまぁにゃさん、おはようございます。

いろんな植物につく、いろんな虫こぶがありますね。
今まで気付かなかったものに、目がいくようになったのは
いいことなのですが、切開する勇気はやっぱりないですよ。(笑)
アッ、これも虫こぶかな...という観察程度で。

「切ってみて」「やだよ」と言い合っているくせに、妙に
気になる存在なのよ。
Posted by けい at 2009年07月01日 07:35
☆sakkoさん、おはようございます。

源平咲きの箱根ウツギや、可愛いピンク花の斑入り葉のウツギは、
昨年思い切って切り詰めたので今年は咲きませんでした。

実生りウツギはあまりないでしょう??
実がね、またいい姿なんですよ。
カミキリムシが好きだから、枯れかけては復活しを繰り返しています。
絶えないところが、やはり強い証拠でしょうか。

ヤブウツギのこの虫こぶは可愛い形ですけど、ボコボコのものも
ありますよ。
虫こぶが入ると薬効が高いと珍重されるものもありますし...。
虫こぶの世界は奥が深いから、私は入り口から覗き込んでいる
だけなんです。(笑)
Posted by けい at 2009年07月01日 07:44
こんばんは
立派なウツギの虫こぶができてますね。もう少ししたら、虫こぶの表面に
小さな穴を開けて羽化し、直後なら蛹が表面に残されています。

昨夜、拝見したのですが、夜半からヤマベ釣りに出かけてましたので、
遅ればせながら再訪しました。7/1道北と道東の全域が解禁になりました。
釣果は大満足、これも平日釣行のたまものです。リタイア前のうっぷんを
思う存分晴らした感じです。
今回は、塩焼きサイズもたくさんいましたが、早速小さいのを天ぷらで
食べました。
Posted by 南 常雄 at 2009年07月02日 01:04
☆南さん、おはようございます。

釣果は上々、おめでとうございます♪
しかし、ヤマベの天ぷらなんて贅沢すぎやしませんか??(笑)
天ぷらにしてしまえるというのは、よほど沢山釣れたのですね。
ほんとっ、羨まし過ぎです!

虫こぶは羽化して野葡萄へ...なんですね。
ノブドウのを観察しているのですが、まだポチッとした実が
できかけという段階です。
Posted by けい at 2009年07月02日 05:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック