2009年07月07日

シモツケいろいろ

「シモツケ・紅花」(下野/別名キシモツケ)バラ科シモツケ属
シモツケ
シモツケというのは栃木県の下野のこと。
古くからその地で栽培されていたので、この名で呼ばれるようになったとか...。
あるいは花が密生して咲き、霜が降りたように見えるところからこの名がついたとも。
私は紅花が当たり前だと思っていたけれど、霜ということになると、白花のほうが
スタンダードなの??


「黄金シモツケ・ゴールドマウンド」
黄金シモツケ・ゴールドマウンド
新芽が赤くのちに黄金葉になるのが特徴。
ライム色の葉がひときわ目立つ存在。形が整った美しい姿の木。


「シモツケ・白花」
シモツケ白花
透明感のある白い小花がとても可愛いでしょ。
この枝は白ばかりだと思って撮ってきたけれど、ここにも赤い花がポツンと
一個混ざっている。

最近、白花の中にこの源平咲きが増えている。
シモツケ源平咲き

シモツケ源平咲き
源平咲きは葉も二色になって・・・と某ブログで拝見したが、確かにそういう葉も
幾つか見られ、興味深かった。

シモツケ白花
丈夫なのは大歓迎だが、こぼれ種でよく増えるのは少々困りもの。
気がついたら庭中に、こんなのがボコボコ育っている。(笑)
posted by けい at 15:20| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック