2009年07月15日

蛍やカミキリムシや

網戸が入って一安心、今夜はユックリした気持ちになれそうだね。
夕食前のひととき、晴れ上がった空を眺めながら風呂上りのオンザロックを一杯。
梅雨の晴れ間?梅雨は終わり?
梅雨は何処へ行ってしまったのだろう。
この調子では夏場の渇水が心配だ、などと話しながら...。

夕食のメインは伊勢志摩の名物、鰹のてこね寿司。
てこね寿司
満腹になった頃には外もすっかり暗くなっている。
腹ごなしに散策しようか?勿論蛍を見に、である。
カメラをぶら下げ、懐中電灯、捕虫網とホタルブクロも忘れずに持つ。

蛍は今年は例年より少し早くて、6月の第四週が最盛だったそうな。
観光バスも入るほどの盛況だったとか。

最盛期は逃したけれど、それでも結構飛んでいて、光の舞いを楽しませてもらえた。

飛んでいるのは撮りにくいので、捕虫網にそっと入れたものを。
蛍の光跡

ホタルブクロに蛍を放して、今年も古人の遊びを楽しむ。
ホタルブクロに蛍を放し
蛍さん、ごめんなさい。そして、ありがとう!!

***********
夜、窓にへばりついた大きな虫に吃驚。
「アッ、カブトムシだ!!」
「何言ってるのさ、けいさんの一番嫌いなヤツじゃないの。それにしても大きいなぁ」
シロスジカミキリ
子どもの図鑑を見ると、「シロスジカミキリ」。
日本で一番大きいカミキリムシなのだそうな。
なんと大きいこと!
ネッ、大きいでしょ!!

獰猛な顔は見たくないでしょ??
でもどうでも見たいという人は、追記をどうぞ。
おどろおどろしいその顔には、汗も引くかも。

カミキリムシはいろいろ多くて、ページが作れそうなほど。
でも、にっくき敵だし、可愛くないからキライだ!!
先週持ち込んだムクゲに、美しい色の虫が。触角を見てハッとした。
これもカミキリじゃないの!?

「ラミーカミキリ」
ラミーカミキリ
ラミーやムクゲに取り付いて、茎などを食べるそうな。
小さくてすばしっこいからボケ写真しか撮れなかった。
ムクゲを見るたびに、毎回のように見かけるのだ。捕っても捕ってもやってくる。
しかし、今まで目にしたことがなかったが、一体どこから嗅ぎつけてきたのだろう。

「マダラヒゲナガカミキリ?」
??

カミキリムシは日本には700種ほどいるのですってね。
飛ぶ姿はユーモラスでつい笑ってしまうけれど、その所業たるや...。
たくさんの木々を倒された恨みは、簡単には消去できない。

シロスジカミキリの画像
まるでどくろ仮面みたいだ!!
おどろおどろしい...。
posted by けい at 09:10| 奈良 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 生きものたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の方では、蛍は6月第1週ぐらいです。
今年も、近くで見られるところがあるのですが、気がつくと過ぎかけていましたが、蛍くんのほうから家の近くまで散歩に来てくれました。(ありがたい)
近所では、自然に蛍が少しづつ戻りつつあるのです。しかしながら、2つの理由で、他言無用なのです。(下記、桜については有志で管理しています。)
1.観光ではないので、荒らす人が多いので秘密にしてあります。(その他、桜・紅葉・じゅんさいのある池・美味しい水のあるところも秘密にしてあります。)
荒らすだけでなく、ゴミを持ち帰らない、立ち入ってはいけない根を傷める場所に平気で入るなどなどため。
2.場所によっては、危険な所があるため、(まむしと蛍を間違える人もなきにしもあらずなので!!)見るだけでなく持って帰る人の多いことが原因です。
けいさんは、どう思われます???
Posted by クッキーパパ at 2009年07月15日 16:23
☆クッキーパパさん、こんばんは。

時々見るのですが、大きな箱を背負っていて、蛍を捕まえては
入れているんですよ。
大阪の某ホテルの蛍の夕べで使うのだとか...。
無残にも死んでしまうのに、金儲けのために犠牲になる蛍は
たまったものではありません。
また、それを判っていながら蛍の夕べに参加する人も、
どうかと思いますけど。

町から来る人のマナーの悪さは、確かに相当ひどいです。
恥は掻き捨てで、したい放題ですもの。
根こそぎ盗み、ゴミは放りっぱなしの人も多いです。
自然を楽しもうとするなら、自然を大切にしなくてはね。
Posted by けい at 2009年07月15日 20:32
全く同感です。
以前、ささゆりの記事の時に、Naoさんのコメントがありましたが、私の記憶が正しければ、市町村合併の前は、同じ郡内だったかもしれません。(今は、別々の行政区になってしまいましたが!!)すこし脱線しましたが!
何年か前にささゆりが有名な同じ郡内の某町で、群生しているささゆりを見学出来るようにしていたところ、一晩で根こそぎなくなってしまったそうです。それ以来、某町では、栽培した「ささゆり」を見せることにしたそうです。
それから、「小学校でも栽培されるようになった」と聞き及んでいます。
心ない方のせいで、このようになるのは、悲しいことです。しかしながら、自然はすぐには戻ってくれません。だから秘密にせざるを得ないのです。
くどくなってすみません。M○M
Posted by クッキーパパ at 2009年07月15日 22:33
待ってました。
やっとホタルブクロの蛍の光を拝見できました。

写真でこんなに綺麗ですから

実際は吸い込まれそうな綺麗さなんでしょうね。

俗世間のことは皆忘れて
蛍さん有難う
けいさん有難う・・・・・です。
Posted by sakko at 2009年07月16日 00:23
☆クッキーパパさん、おはようございます。

ササユリは持って帰っても咲かなくなるのにね、根こそぎ
ごっそりというのは業者の仕業かな。

山菜の季節になると憂鬱ですよ。
幾度となく、「非常識な光景」を目にしますもの。
山野にあるものと、管理しているものの違いというのは
歴然としているはずなのに、それでも平気ですからね。
他府県ナンバーの車が来ると、特に要注意なんですよ。
悪さの質がかなりひどいような。
Posted by けい at 2009年07月16日 06:36
☆sakkoさん、おはようございます。

今年は蛍はもう無理かなと思っていたのですが、飛んでいて
嬉しかったです。
ホタルブクロも間に合いましたし。
でも赤花のホタルブクロに入れてみるのを忘れてました。
白花ほど美しくはないと思うのですが...。
幻想的な輝きにはウットリしますよ。

うちの辺りは乱舞というほどは飛ばないのであまり人は
来ませんがすが、川の出合いの辺りはかなり飛ぶので、
そこに観光バスが来ていたそうです。
友人宅が傍らにあるのですが、最近留守にされているので
ゴミはどうだったのか、トイレとかついている観光バス
だったのかな、荒らされていないといいなと気がかりでした。
Posted by けい at 2009年07月16日 06:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック