2009年09月15日

夏の花も終わり

ご無沙汰いたしました!!
ブルーベリー摘みと草引きに追われて、山の庭にへばりついたままで過ごして
いました。
山は少しずつ秋の気配。
僅かに残る夏の名残りの花たちも、侘しげです。

「コオニユリ」
コオニユリ
オニユリはイノシシに食べられてから復活の兆しなし、です。

「レンゲショウマ」
レンゲショウマ
旬を見逃しました...。

「サラシナショウマ」
サラシナショウマ

「シキンカラマツ」
シキンカラマツ
増えているのが嬉しい!!
次々と長い期間咲いて、楽しませてくれます。

「ツリガネニンジン」
ツリガネニンジン2
日の当たる場所へとジリジリと移動しながら、少しずつ増えています。

ツリガネニンジン1
色の薄い固体もあって、そのうち白花なども出てきたら嬉しいのだけれど。

今年は子どもたちの来訪でそちらに気を取られ、見逃したものも多数。
花たちは拗ねているかもですね。
posted by けい at 09:59| 奈良 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 草花  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
朝と昼の寒暖の差が
半端じゃありませんね。
リンゴができれば色、味ともに
最高でしょうに残念です。
レンゲショウマ、サラシナショウマ、シキンカラマツと
けいさんのところの野生植物園オープンですね。
カタログと同じ花に感嘆です。
シュウメイ菊が咲き出しました。
今年は手折られないといいですね。
梅干し まぁにゃが盆休みになってしまい
ずいぶん遅れてしまったと思っていたら
けいさんはもっと遅かったですね。
でも28度あれば十分乾きますね。
Posted by ねねまぁにゃ at 2009年09月15日 19:38
☆ねねまぁにゃさん、おはようございます。

一日の寒暖の差、凄いでしょう!!
よく体調を崩さないものだと思います。
この寒暖の差が霧を生むのかも。
それでなければ植物たちは、雨の少なさに悲鳴を
あげっぱなしでしょうね。

リンゴ、無農薬で作ることの難しさをヒシヒシと感じています。
「奇跡のリンゴ」の木村氏は偉大だとつくづく。

梅干ね、少し日数は掛かりますが秋干しでもいいんですよね。
うちは収穫が遅いからきっとそうなってしまうもの...。
Posted by けい at 2009年09月16日 06:19
けいさん はじめまして(^.^)
レンゲショウマを検索していてこちらにお邪魔しました

掲載されてるレンゲショウマは自生のものでしょうか?

私も奈良県在住です
レンゲショウマの自生の南限は奈良県となっているので
できたら近くで見ることができたら・・・と思い探しています(#^.^#)
Posted by みぃ at 2011年06月29日 21:33
☆みぃさん、はじめまして!!

レンゲショウマ、奈良が南限なんですよね。
いつか自生種を見たいものですが思いはなかなか果たせず、
うちのレンゲショウマは植え込んだものなのです。
ショウマやカラマツソウは大好きな草花で、はまり込んでいます。
最近は鹿にも狙われてまして、ウカウカ出来ませんが。

レンゲショウマはあまり一般の庭では育てられていませんよね。
好まれる方をあまり知りませんでしたから、お好きな方がいらっしゃると
知り、とても嬉しいです。

書き込み有難うございました。
今後ともどうぞよろしく!!
Posted by けい at 2011年06月30日 04:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック