2009年09月16日

野の花たち

今夏は山に居ることが多かったので、ユウスゲを見逃すことがなくて嬉しかった。
いつも最後の幾つかになってようやく、咲いていることに気付く有様だったから。
レモンイエローの優しい色合いが好きで、「増えろ、増えろ」と呪文を唱えている
けれど、キスゲ類は鹿やカモシカも好物らしく、ここ数年は芽が出る端から食べられ
減少の一途だった。
ユウスゲ
それが今年はどうだろう。
嗜好が変化したのか、ニッコウキスゲ以外は健在で、いい顔を見せてくれたのである。

そのニッコウキスゲだが、今年は一輪の花も見ることができなかった。
ノカンゾウ1
残念がっていたら、遅まきながらと花芽が見えてきて、ワクワクしながら待って
いたのだが、咲いた花に吃驚した...。
「違う!!」
ノカンゾウ?
エリアはニッコウキスゲの傍ら。
間違いなくそれに違いないと思い込んでいたのだが、これって「ノカンゾウ」だよね。
ノカンゾウ
山の庭には別名「ニッコウキスゲ」と呼ばれる「ゼンテイカ」、「ムサシノキスゲ」
「ユウスゲ」「ヤブカンゾウ」はあったが、「ノカンゾウ」も欲しいと思いながら、
今まで見ることができないできた。
その「ノカンゾウ」が自生で出現したのは嬉しいけれど、少々複雑な心境になっている。
「ニッコウキスゲ」はついに咲かなかったなぁ。

キスゲ類につきましては下記をご参照ください。
「ムサシノキスゲ」は2009年6月13日
http://nosegawaclub.seesaa.net/archives/20090613-1.html
「キスゲたち」は2008年8月23日
http://nosegawaclub.seesaa.net/archives/20080823-1.html

「オオマツヨイグサ」(月見草或いは宵待草)
オオマツヨイグサ

カリガネソウ(雁草)
斑入りカリガネソウ
posted by けい at 09:17| 奈良 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 草花  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
けいさん、こんにちは!
ユウスゲ!!
私も大好き!
でも十勝にはないんですよ。
以前九州の山に住んでいたときに、標高の高い草原に咲いていました。
夕方にひらくレモンイエローの花・・・。
ステキですよねー。
うらやましいかぎり。
ウチのほうにはゼンテイカがありますけれど、年によって花の数の増減がありますね。
気候に敏感に反応するのかな。
ユウスゲもキスゲもだんだん増えてくるといいですね!
Posted by みる at 2009年09月16日 11:11
こんばんは
すっきりしたレモンイエローですね。
ユウスゲはシカさん達には好物でしょうね。
山羊の餌と言ったらノカンゾウやヤブカンゾウを
あげていましたもの。
食害にめげずに増えてくれるといいですね。
カリガネ草もきれいですね。
とても個性的な花ですね。
初秋の野迫川は珍しい花が
いっぱいですね。これからがますます楽しみです。
Posted by ねねまぁにゃ at 2009年09月16日 19:18
奈良盆地は先日のさっと降った雨と昨日のしとしと雨で
地中深く雨水が沁み込みました。
野迫川村は降りましたか。
秋の山野草・・・・
ゆうすげ、見たこと無いです。
レモンイエロー、いいですね。

オオマツヨイグサもいい感じです。
近くの堤防のは色も濃くていかにも雑草と云う感じです。

カリガネソウも写真でしか知りません。
香りはあるのですか
花は小さそうですね。
こんな花が身近に見られるなんて
野迫川村っていいところですね。
Posted by sakko at 2009年09月17日 01:05
☆みるさん、おはようございます。

ユウスゲってステキですよね!!
キスゲ類の中では一番やわらかい色合いですものね。
十勝にはなかったですか?

今年はゼンテイカが咲かないのよ。
哀しいわ。
ここ数年、新芽を全部食べられてしまってね、細るばっかりです。
Posted by けい at 2009年09月19日 07:13
☆ねねまぁにゃさん、おはようございます。

山羊の餌がカンゾウ類だったのですか!?
山羊って魅力的で、いつか買いたいと思っているんです。
そりゃぁ、チーズなんぞを手作りできたら嬉しいけれど、
それとは別でね、村の人からカモシカや鹿が来なくなると
聞きました。
信憑性はまだ確かめていないけれど...。
あの、どことなくとぼけた顔も魅力的です。(笑)

秋の花が咲き出して、冷え込んできました。
もうすぐストーブが出番になりそう。
薪オーブンが冬までに間に合うかどうか、微妙です。
Posted by けい at 2009年09月19日 07:20
☆sakkoさん、おはようございます。

野迫川村は雨がしみ込むまでは降っていません。
渓の水も少なくなり、融水も飲料の湧き水も枯れそうに
なってますよ。
大根やショウサイ、蕪に小松菜などを蒔いてあるのですが。

カリガネソウは臭気があるそうですよ。
私は感じたことがないのですが、どこかに触ると出るのかも。
秋が深まってきて、星を見に外へ出るとついブルッと震えて
しまいます。
Posted by けい at 2009年09月19日 07:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック