2009年10月03日

ニンニク、シソの実エゴマの実

今週の野迫川はようやく雨に恵まれ、渇水が一時凌げた。
恵みの雨だ慈雨だとありがたかった雨も、地域によっては豪雨とのニュースもあり、
思うようにいかないものだ。
恵みの雨
これほど降ったから畑仕事は無理だろうと、一応様子を見に行った。
アレッ、ぬかるんでいない...。
土の中を探ってみると、数センチ下はもう乾いた土になっている。
カラカラのところに降った雨はまだ足りないようで、地中深くまで潤うほどでは
なかったようだ。
ぬかるんでいないなら仕方がない...。
kiiさんは建具の細かい細工をしていたし、私はブルーベリーやシソの実を摘み、
そして懸案のニンニクを植えようか。
ニンニクを植える
今年は某氏のご好意で、韓国系のニンニク(手前の分)を手に入れることができた。
嬉しくて飛び上がった私である。
上手く育ってくれますようにと心からの願いをこめて、ことのほか丁寧に植えつける。
後は小粒のひと玉ニンニク(奥左)と島ニンニク(奥右)。
これだけで、もう植え付け予定地はいっぱいになった。
カモシカに新芽を食べられないように、しっかり防御策を講じなくっては!

シソやエゴマの実はいろいろな利用法があるが、我が家はやはり味噌漬け派。
プチプチ感が大きいほうが好きなので今まで摘むのを待ったが、落ちたものもあり、
量が少なくなったのでシソもエゴマも一緒にした。
シソの実やエゴマの実
水に漬け置いてアクを抜いた実を袋に入れ、酒で緩めた味噌に漬け込む。
この夏帰省した娘が、「シソの実の漬けたのが欲しいな」と言ったのには吃驚した。
以前は確か好きではなかったはずなのに、嗜好が変わってきたのか...。
“好き”になってくれるのは嬉しいと、kiiさんと二人でニンマリしたことである。

これは間引き菜用の小畑。
間引き菜用
種を蒔く時期を失したけれど、一ヶ月ほどでも間引き菜が食べられたらヨシとして
一応蒔いてみたもの。
寒さが来るまでの間は何とか使えそう。

ところで先日、某HCに立ち寄った際に処分品が目に留まった。
つい買い込んできたけれど、さて何処に植えようか。
処分品
グスベリを二株、ラズベリーの「サンタナ」とカシスを各一株、ナデシコを三株に
スイレンボクの小苗を二株。
〆て1150円也。

スイレンボクは寒さに弱いけれど、育ててみたかったのだ。
野迫川では冬期室内取り込みが必須。
「部屋の中をジャングルにしないでよ!!」
昔、室内置きの植物を増やしては、kiiさんのヒンシュクを買った前例がある私。
お口チャックでこっそり内緒にしておこうっと。
posted by けい at 17:11| 奈良 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 香味野菜とハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もうニンニクの植え付け時期ですか。
なんだか1年があっという間です。

またたくさん買い込みましたね。
どんどん植える場所があってイイなぁ。

私は鉢の空きがないので、吟味に吟味を重ね、ある品を注文しました。
届いたらアップしますね。ムフフ。


kiiさん、抜糸できて良かったですね。
これからも気をつけながら、張り切ってくださいませ。
Posted by モモカナール at 2009年10月03日 23:43
☆モモカナールさん、こんばんは。

ニンニク、今年もやっぱり植えました♪
珍しい韓国系のを戴いたので、喜々としています。
どんな風にできるんだろうとワクワクなのよ。
大きい玉になったら嬉しいなぁ。
でも小さくてもやっぱり嬉しい♪

島ニンニクは小粒だけど香りがとてもいいそうですね。

モモカナールさんが吟味を重ねた品種は何でしょう?
気になるなぁ。

kiiさんの怪我ではご心配をお掛けしました。
遅れを取り戻すように、これからお尻を叩きまくって...。(笑)
Posted by けい at 2009年10月04日 04:26
けいさ〜ん、シソの実の味噌漬けは、ほんとにそれだけ?
シソの実をガクごと、洗って水につけてアク抜きするの?
袋ごと味噌に漬けておいて、数日で取り出して、シソの実を食べるの?
それとも味噌ごとご飯にかけて食べるの?
詳しく教えて!
私はシソの実入りの昆布の佃煮がすきなんだけど、シソの実をどうやって調理するのかワカラナイんです。
Posted by ann at 2009年10月04日 06:16
お早うございます。
kiiさんの傷が治ってよかったですね。
にんにくは今から植えるのですね。
私は「遅れた〜」と思って9月のはじめに植えてしまいました。
園芸店に行ってお姉さんに話すと「1ケ月早い、もういっぺん堀上げて10月初めに植え」といわれましたが、
ずっと雨が無かったので「土の中に保存している」と思えばいい、
なんてそのままほっておきました。
で、今は心配になっています。
まだ残っているのがあるので、もう一度植えなおそうかとも・・・。

けいさんは色々な種類のにんにくを植えられるのですね。
私は普通の(日本のにんにく)とジャンボにんにくをうえました。

紫蘇の実は味噌漬けですか。
紫蘇味噌ではないのですね。
洗って袋に入れて漬け込む、それだけでいいのですね。
昨日畑で青紫蘇の実を眺めていました。
引かなくて良かったです。
良く熟した?のがあります。
作ってみょうと思います。

またまた沢山のお買い物。
どんどん増えますね。

Posted by sakko at 2009年10月04日 07:20
☆annさん、おはようございます。

洗って水につけてアク抜きしてね、ギュッと絞るでしょ。
日本手ぬぐいを半分に切って三方を縫って、袋状にした
ものに詰めてね、お酒でのばした田舎味噌の中に漬け込むの。
昨年の記事10月3日
http://nosegawaclub.seesaa.net/archives/20081003-1.html
漬け込んで一ヶ月は置き、味噌から上げて瓶などに保存します。
煮ていないので、風味も格別です。
残りの味噌は味噌漬けなどに流用してしまいます。

「シソの実入りの昆布の佃煮」
タイムリーなことにようちゃんばあばさんのブログに掲載されて
いるのよ。
私もメモしてきたところ。
ようちゃんばあばさんのブログは↓
http://blog.goo.ne.jp/tabasami189
紫蘇の実の佃煮は、酒と味醂で煮るとか出汁を入れるとか、
いろいろな作り方があるようですけど、塩昆布というのが
一番美味しそうな感じがしますね。
Posted by けい at 2009年10月04日 08:12
☆sakkoさん、おはようございます。

kiiさんの怪我ではご心配をお掛けしました。
「こんな感じになったよ」「イヤッ、見たくない」
それでまだ傷跡は見ていません。(笑)

ニンニクは9月から10月と書いてありますね。
だからいいのではないかしら?
野迫川では毎年10月に入ると、を目安にしているのですが、
9月末でしたから、もういいかと植えてしまいました。

韓国系のニンニクがずっと欲しかったんです。
ようやく念願が叶いました。
いかに育て増やすかが課題です。

じつは、ニンニクとトウガラシにはぞっこんなものですから。(笑)

うちは紫蘇の実は味噌漬けがお気に入りなんです。
もう、ずっとこれ。
田舎味噌をのばして漬け込むだけの簡単なものですが、利用価値大ですよ。

苗ね、これで1150円というのは安いですよね。
苗類が安いのは嬉しくって大歓迎です。
消えてしまったものもあるので補充を...。(汗
Posted by けい at 2009年10月04日 08:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック