2009年10月18日

アキグミ

「アキグミ」(秋茱萸)
名前の由来は秋に実が熟すからとか。
山の庭にはダイオウグミ(ビックリグミ)、丸葉グミやナツグミ、アキグミが
数知れず...。
小鳥が食べては落し物をして増やしてくれるから、あちこちにボコボコ。
邪魔になり、ビックリグミ以外は山の境界に移植した。
滅多に見に行かないから現状を把握していないが、多分密林になっている
のではないかと思う。
全部移植したつもりでいたけれど、またまた鳥が糞を落としてくれたりして、
一掃したつもりが数箇所でこんな状態になっている。
アキグミ
見上げるとずっと上の枝の先にも実が生っている。

アキグミ
ルビーのような可愛らしい実はよく目立つのか、朝夕に鳥たちが賑やか。
この木もいずれ、切らなくてはいけないのだけれど...。

アキグミ
一粒摘んで食べてみる。「ウッ、渋い!」

「グミの薬用酒って疲労回復に効果があるんだってね。こんなにあるんだから
漬けてみようよ」とkiiさん。
「ということは、疲れてるの?」と私は冷たい。
また一つ仕事が増えるじゃないのよね。
こんなに渋いのに美味しいリカーができるものかなぁ。
ところで、グミジャムというのはどうだろう。
ジャムって果実酒よりずっと手間が掛かると思うけど...。(笑)

さて、グミの実はまだ残っているだろうか?
posted by けい at 07:45| 奈良 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 果樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アキグミっていうのかあ。
ばーちゃんたちは「ツチノコ」って呼んでた気がする。
渋いけど、食べてみたいよね。
見上げるぐらい大きい木になってるの?
この木、トゲがあった気がするんだけど・・・。
渋い実でも小鳥たちは食べるのね。
Posted by ann at 2009年10月18日 13:09
つい最近、あるある大事典だったか、テレビで柿の渋さを感じなくなる方法というのをやっていました。
見ました?
柿の渋さのタンニンが、たんぱく質と一緒になると感じなくなるのだそうです。
テレビでは、柿きんとんとか、渋柿のおろし煮とか、さくらえびと渋柿のかき揚げとか紹介してました。

生でもマヨネーズと渋柿を一緒に口に入れるだけで、渋さを感じなくなるというのだから試してみるとイイかも?
それを応用して、バターグミジャムとか?
味は保証できないけど(笑)
Posted by モモカナール at 2009年10月18日 18:21
こんばんは
アキグミ 懐かしいですね。
こちらに来てからは見ていませんが
山に行けばきっと熟しているのでしょうね。
冬の山はアケビや藤の蔓をとりに
いったことがあるのですが
初夏から秋の山は入れないので
わかりません。
アキグミはお砂糖を入れないで
ホワイトリカーでグミ酒を作って
いたような気がします。
山ブドウも作りますよね。
母たちのころも果実酒つくりが
盛んでしたね。
まぁにゃは今も昔も
梅酒の梅だけが大好きです。
Posted by ねねまぁにゃ at 2009年10月18日 20:50
グミ、私の子供の頃は「ゴミ」っていっていました。
今でもお年寄りの方は「ゴミ」と言っています。
秋祭りの頃になるので「祭りゴミ」と言っていました。

モモカナールさんと同じ番組を見ました。
私流に渋柿を千切りにしてマヨネーズであえて見ました。
やっぱり渋がのこりました。

小鳥が啄ばむくらいですからそんなに渋は強くないのでしょうね。
マヨネーズグミ、お試しを。
Posted by sakko at 2009年10月18日 22:46
こんばんは
アキグミも、果実酒やジャムにすると良いですよ。
グミの渋さは、皮にある毛が原因なので、果実酒にする時は
問題ないのですが、ジャムにする時は、裏ごしをして皮を
取りのぞくと、グミの価値を見直す逸品になります。
手間はかかるけど、労は報われると思います。
Posted by 南 常雄 at 2009年10月19日 02:20
☆annさん、こんばんは。

「ツチノコ」ってね、あの蛇のツチノコと関連があるの??
実を齧ってみると渋いのよね。
「ウッ」とくる感じです。
鳥や虫がたくさん寄ってきてますよ。
そうそう、グミって棘がけっこうきついですよね。
Posted by けい at 2009年10月19日 20:26
☆モモカナールさん、こんばんは。

柿の渋さを感じなくなる方法、え〜っ、そんなのやって
いたんですか?
残念ながら、見てません。
というか、TVはあんまり見ないから情報不足ですね。

バターグミジャム...。
想像すると、けったいな味?(笑)
Posted by けい at 2009年10月19日 20:29
☆ねねまぁにゃさん、こんばんは。

初夏から秋の山...。
虫でしょうか?蛇かな?
私も一人では入れないんです。
居ないはずだけれどヒョッとして居るかもしれないマムシが恐くって。

まぁにゃさん、梅酒の梅がお好きですか!?
私は逆です。(笑)
Posted by けい at 2009年10月19日 20:34
☆sakkoさん、こんばんは。

グミ=ゴミって不思議ですね。
確かに秋祭りの頃ですものね。
「祭りゴミ」って、妙に懐かしい雰囲気の言葉ですね。

富有柿はサラダにしますけど、渋柿では作ったことがないんです。
一瞬、作ってみようかなと思いましたが、やっぱり止めておきます。
柿の渋いのは、ゴミの渋さよりきついですものね。

マヨネーズグミね.....。(笑)
Posted by けい at 2009年10月19日 20:40
☆南さん、こんばんは。

昨日、野迫川入りしたのですが、書き込みを拝見していたら
大いに力づけられましたのにね。(笑)
ネット環境のない不便さですね。

グミの衝撃からまだ立ち直っていません。
ほんとうに手間が掛かりますね。
掛かっただけのことはたしかにありました!!
Posted by けい at 2009年10月19日 20:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック