2009年10月29日

野の菊たち

長い期間咲き続けるから小菊は可愛いですね♪
庭には園芸種の菊はほとんどなくて、野菊が幾つか...。

「ノコンギク」(野紺菊)
山野に普通に見られる菊。
薄い青紫色の花は地味だけれど、可憐です。
でも地下茎を延ばしてよく増える困りもの。
どんどん抜くけれどすぐにまた増える。
ノコンギク

「コンギク」(紺菊)
ノコンギクの選抜種で、観賞用として古くから栽培されていたのだとか。
赤紫から青紫まで色巾があるそうで、その色調の変化も楽しいですね。
コンギク
一角を青紫に染めて、その美しさは息を呑むほど....
コンギク

ノコンギクとコンギクは共にノコンギクと呼ばれることもあるようですが、私は
右サイドバーで紹介している「野に咲く花」を参考にして、“ノコンギクの選抜種
のコンギク”として認識しています。

でね、毎年この季節になるとkiiさんが笑うのです。
「コンギクは抜かないで大事にして、可哀想にノコンギクは抜くのかい??」
コンギクと
勝手気まま、奔放に咲き乱れているコンギク。


「アワコガネギク」〈泡黄金菊/別名キクタニギク〈菊渓菊)〉
別名のキクタニとは京都地方の地名。
アワコガネギク
黄金色の小花が密集して可愛いでしょう?
花径は1.5センチほど。大好きな菊です。

残念なのがリュウノウギク。
今夏の渇水が堪えたのか元気がありません。
枯れそう...。

小菊
これは何かにくっついて山の庭に紛れ込んだ小菊。
木々の陰で日照不足なのか、年々色が薄くなる気がします。

秋の山の庭は花が少なくて寂しい。
一気に寒さが訪れるこの時期は、花を楽しむ気持ちもつい薄れがちだけれど、
来年は可愛い小菊を植えてみようかな。
小菊ならきっと寒さにも強いでしょ?
posted by けい at 16:25| 奈良 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | 草花  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ミントさんとこでけいさんのコメントを読んで、なるほどな〜って、思ってたの。
ノコンギクの中で色のきれいなのをコンギクと呼んで、大事にしたんですね。
田んぼのあぜ道で青いきれいな野菊をよく見たものだけど、今住んでいるところでは普通の白っぽいのしか見ません。
青いのや紫っぽい色のがあるんですね。
きれいだわ〜〜〜
ミントさんのコンギクもキレイでしたね。
最後のはノジギクじゃなくて、小菊なんですね?
こないだ、「アシズリノジギク」っていうのを見せてもらいました。
珍しいんだそうですが、はっきり言って、普通のノジギクのほうがかわいかった(笑)
Posted by ann at 2009年10月29日 17:41
こんばんは
野路菊の話題がでましたね。
まぁにゃの育ったところも
野路菊がたくさん咲きました。
それを野菊と呼んでいたので
野菊の墓の野菊は野路菊とばかり思っていました。
ノコンギクもきれいですよね。
ヨメナやユウガギクなども好きな花です。
空き地ばかりの団地に
お家がふえて身近な花からなかなか見られない
花になりつつあります。
Posted by ねねまぁにゃ at 2009年10月29日 21:48
けいさん
この時季にたくさん開花してくれるコンギクが
綺麗ね・・自分はこの花が好きでたくさん開花すると
たくさんカットして花瓶にどっさり入れ
眺めるのが好きです
一種類のみですが・・
これが終わると雪となります
来週早々ユキマークがtvに出始めました。
寒いのが苦手の季節の始まりです
けいさんもお元気でお過ごしくださいね
Posted by hana at 2009年10月29日 21:49
けいさん、annさんこんばんは。
いいですね〜、やっぱりスケールが違いますよ。
広々したところだと野菊も景色に馴染んでよけい魅力的な姿に見えますね。
やっぱりうちのもコンギクなのですね、開きかけの蕾がそっくりです。
こうして教えていただけてとっても勉強になります。

けいさんのところのコンギクが咲いている小道を歩いてみたいです。
Posted by ミント at 2009年10月29日 21:52
この春に「ノコンキク」ってラベルのついた苗を買って植えたのですが、
写真から見て、あれは「コンキク」でした。
地植えしたのですが、夏の旅行の間に「今何処」になってしまいました。

先日、ミゾソバがきれいに咲いていたので
田圃から一株持って帰りました。
近くに咲いていたノコンギク(一番上の写真に似た花でした)も、もって帰りました。
地植えしたのですが、どんどん増えるのですか。
ミゾソバは鉢に植えました。
野の花も鉢に植えると小さく育ってくれるかなと思うのですが・・・。

ノコンギクとコンギクの違いが良くわかりました。
有難うございました
Posted by sakko at 2009年10月30日 00:56
☆annさん、おはようございます。

コンギクは存在感がありますよね。
群生もいいけれど、一本でも際立ってます。
でもね、うっかりするとすぐにノコンギクの天下になるのよ。
勢力はノコンギクのほうがかなり強いです。

アシズリノジギクは縁の白が個性的ですよね。
ノジギクもアシズリノジギクもあるのですが、リンドウに席捲
されて、今年はあまり育っていないような。
花期は少し遅いので、楽しみにしているのですが...。

今年は弱った植物が多いです。(泣)
Posted by けい at 2009年10月30日 09:29
☆ねねまぁにゃさん、おはようございます。

野の菊も日向が好きですよね。
木々が大きくなり陰の場所が増えるにしたがって、だんだん
細ったり勝手に引越ししたり...。
よりよい住まいを求めて移動したいのは人と一緒かな。(笑)

ヨメナはチョウセンヨメナがありますがユウガギクは見たこと
がないんです。
図鑑で見ると、繊細な雰囲気の菊でしょうか?
クジャクソウのようなイメージを思い浮かべていますが。
そういえばダルマギクも弱ってます。
Posted by けい at 2009年10月30日 09:36
☆hanaさん、おはようございます。

花もだんだん少なくなってきましたね。
ストーブの傍らで春の庭計画を練る日々が待ってますね。

野迫川も氷の季節が目の前です。
せめて椿や山茶花が咲くまで、待って欲しいなぁと
願っていますが。
Posted by けい at 2009年10月30日 09:42
☆ミントさん、おはようございます。

やっぱりコンギク?
コンギクはどんどん増えてもO.Kなんですけど、
邪魔なノコンギクのほうが強いんですから、困ってしまいます。
もいいですね〜、やっぱりスケールが違いますよ。
野の菊って可愛いですよね。
いろいろあるはずなんですけど、今年はあまり咲かないので
ガックリしています。

>コンギクが咲いている小道
近寄ると雑草だらけで荒れているので、幻滅かも...。(笑)
Posted by けい at 2009年10月30日 09:47
☆sakkoさん、おはようございます。

ミゾソバも可愛いですよね。
sakkoさんの所は一面の・・・ですから圧倒されます。
白もいいですけど、ほんのりピンクのミゾソバはとっても
可愛かったです♪

「ノコンキク」でも間違いではないのですよね。
ノコンギクの中のコンギクだから...。
買われたのですか??
出てきません??
たくさんありますので、「今何処」でもご安心を・・・。
Posted by けい at 2009年10月30日 09:54
上から4番目の写真、惹かれます。
紅葉にコンギクの紫がとても趣きがありますね。

だんだん花が少なくなって淋しいけれど、そんな風景もまた素敵な気がします。
Posted by モモカナール at 2009年10月30日 13:19
☆モモカナールさん、こんにちは。

晩秋の庭は少し寂しいですよね。
葉が落ちて明るくなるのはいいのですが、丸裸にされた気分
になります。
落葉樹の多い庭はこうなりますね。

外仕事には向かない季節が、ジワジワと近づいてきました。
焦るわ...。
雑草共は種を落とし、着々と来年の準備をしてるのにね。(笑)
Posted by けい at 2009年10月30日 16:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック