2009年11月02日

山椒の実

赤い実がチラチラしていているけれど、そろそろ摘む時期だねとkiiさん。
促されながらなかなかお御輿が上がらないのは、実生が出てきたらそれはそれで
嬉しいと思っているから。
サンショウの実
山椒の実は青いうちにほとんどを摘んでしまうが、それでもまだかなり摘み残して
いるものだと驚く。
サンショウの実
少しだけ、摘んできた。

春の花山椒の鍋に始まって若枝の佃煮や青い実、私たちの山椒狂いはますます
エスカレートして留まるところを知らない。
今や20株を軽く越えた山椒だが、目標は果てしない。
そんなに増やしてどうするのと最初は呆れ顔だったkiiさんだが、今や、山椒に
目をやるときの表情はなんとも愛しげで、以前とまったく違うのだから笑ってしまう。
来年は何本の実生が生まれるだろうか?
雌木は実が採れるし、雄木の花は花山椒鍋に使えるからどちらでも大歓迎なのだ。
山椒の赤い実を摘み香しさに包まれながら、来春の山椒仕事を夢見ている。
ラベル:山椒 サンショウ
posted by けい at 09:00| 奈良 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 山菜・野草・きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
けいさん、こんにちは!
山椒は私も大好き!
以前九州の山にいたときは、そこらの山に山椒の木があって葉っぱはもちろん、実も取り放題だったのに。
十勝は寒すぎて山椒は育たないのがとても残念。
山椒の華やかな香り。
鰻のかばやきだけじゃなく、いろんなお料理に使っています。
麻婆豆腐なんかにも合いますよね。
ウチでは仕方ないからドライ山椒を大量に買ってきていますが、山椒の佃煮なんて、憧れだわー(笑)。
Posted by みる at 2009年11月02日 10:17
山椒の木は何本かあるのにいままで 実が付く木がありませんでした。
山椒の芽がちょこっと出てきたのを見つけたら 竹やぶに行ってみると 孟宗竹が顔を出しかけているんです。
筍の木の芽あえは父が好きで 昔からよくしておりました。
先日 父が 通販で 実山椒の苗木を取り寄せていました。

うちの 家周りの現の証拠は 白花です。ピンクがあるのを知りませんでした。
かわいいですね。
Posted by ようちゃんばあば at 2009年11月02日 17:18
☆みるさん、こんばんは。

山椒は大好き仲間! 嬉しいです!!
山椒って決してうなぎの付け足しだけではないのですよね。
どれだけ優れものか...。
若枝や葉、青い実や赤い実を利用して、最後にはすりこ木
にもなるんですもの。
いじらしいというか、ほんとうに立派だと思うわ。

みるさん、待っててね。
今はまだ数本しか立派な木がないけれど、そのうちに
送れるようになる日を...。
Posted by けい at 2009年11月02日 19:14
☆ようちゃんばあばさん、こんばんは。

山椒ってほんとうに優れもの。
これほど利用価値の高い木を他には知りません!!
多用途でしかも美味しい。
ますます山椒狂いになってます。
何十本でも欲しいぐらい...。(笑)

朝倉の実山椒かしら?
うちもひと株だけあるのですが、どうも自生のほうが
強い様子です。

ゲンノショウコ、ようちゃんばあばさんの辺りは白花なんですか?
白花は懐かしさもあって大好きなのですが、うちの子は消えて
しまったようです。残念!!
Posted by けい at 2009年11月02日 19:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック