2010年01月26日

調味料棚をタイルで

今回から洗面脱衣室の床作りに取り掛かる予定だったが、谷からの融水の
修復で時間を取られてしまったので、作業予定を変更する。

調味料棚の奥にタイルを張って、塗装以外の作業を完了させようということに。
「エ〜ッ、調味料をまた全部引き出すの!?面倒だなぁ!!」
「別に今でなくてもいいんだよ。またいずれの日にか機会があれば・・・」
「それって脅してるの!?出せばいいんでしょ、出せば!」

調味料棚1

棚奥はコンパネの接ぎ合わせで見苦しかったから、これでなかなかいい感じ
になった。
手を掛ければ、掛けただけのことはあるもので...。
調味料棚2
これでkiiさんはこの部分を手離れ。
後は塗装が残っているだけだが、さて、どんな色にしようかなぁ。

アクシデントさえなければ、次回からは洗面脱衣室の床作り。
早く作ってもらわなきゃ、流し台の下にいろいろ置いてある道具類が移動
できない。
移動できなければ、鍋やザル・ボールなどの収納場所がない。
まったく整理がつかないという図式なのである。
頑張ってね、kiiさん!!
posted by けい at 15:45| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 手づくりのログハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すっごい!棚板も厚みがあってしっかりしているね!
それに棚を抜き出してお掃除できるようになってるのね。
便利棚〜〜!
作りつけの家具って、あとから「失敗したな〜、もう動かせないよ」ってこともあるけど、けいさんとKiiさんは使い勝手をよくよく考えて作りつけてあるので、大丈夫ね。
Posted by ann at 2010年01月26日 17:24
こんばんは
調味料棚取り外しができたのですね。
タイルが貼られてますます素敵になりました。
下部の前板も外れるのですね。
すごい発想ですね。
サイズが合うのが見つからなくて
米櫃と野菜ラックの上が開いたままになっています。
kiiさんの調味料棚をまねて
米櫃と野菜ラックを取り込む形の
棚を作ってもらおうと思いつきました。
kiiさんのようにはいきませんが
それらしくはできるかもしれません。
いつになるかはわかりませんが
作ってもらえたらアップしますね。
Posted by ねねまぁにゃ at 2010年01月26日 20:10
お早うございます。
寒さが厳しい朝は、野迫川村のけいさんちの
融水の管は外れてないかなぁと心配なsakkoです。
やっぱり今回も・・・・
kiiさん、怪我も無く無事に修理してくださってよかったですね。

キッチンの調味料の棚、こうなっていたのですね。
取り外せて、高さも調節できて便利ですね。
kiiさん、いえ、けいさんの緻密な設計があるのでしょうね。
沢山入りそうで、調理台周りがすっきりしますね。
どんな色に出来上がるのでしょう。楽しみですね
Posted by sakko at 2010年01月27日 08:04
☆annさん、おはようございます。

>便利棚〜〜!
座布団何枚差し上げましょう??(笑)

便利棚、掃除がしやすいように取り外しが出来るのよ。
造り付けって後から修正がきかないから、よほど考えないと
難しいですよね。

これでもね、棚の位置が少し微妙に「ウ〜〜ン」のところがあります。
私の計算ミスなんですけど、勝手に直したら気を悪くするかなぁ。
ビス穴をあんまり作りたくないしね。
Posted by けい at 2010年01月27日 08:25
☆ねねまぁにゃさん、おはようございます。

棚って取り外せないと不便ですよね。
掃除がしにくいですもん。
特にこの辺りは汚れるところですから...。
最初から此処には調味料棚を作る予定だったのですが、
仕上がってみるとなかなか便利です。

無骨でも自分仕様にできるところが、DIYのいい点ですよね。
私ね、合いにくいものを買って我慢して使う性分ではなくて、
合うものを作ってしまう主義なの。
アッ、作るのはkiiさんですけどね。(笑)

ねねまぁにゃさんのお宅、ご主人が器用でいらっしゃるから、
きっとステキなのが出来るだろうと楽しみです♪
Posted by けい at 2010年01月27日 08:34
☆sakkoさん、おはようございます。

なんだかこのところ、水に祟られていますね。
パイプが途中で凍てていたら、春までお風呂に
入れないところでした。
不幸中の幸い・・・で、よかったです。
温泉に行こうにも、土砂崩れになってますしねぇ。

調味料の棚、掃除もしやすいですし、まだ少し
微調整がありますけど、使い勝手もかなりいいです。
Posted by けい at 2010年01月27日 08:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック