2010年02月15日

ごま鍋か坦々ごま鍋か

近頃填まっている鍋は「胡麻鍋」
じつはこれは苦い体験から始まった。
ちゃんこ鍋をしようと思っていたある夕方、いったい何を考えていたのか、
薬味に使うつもりの胡麻をうっかり鍋に入れてしまったのだ。
滅多にないことだけれど、それでもごくたま〜にはこういう失敗もある。
あらら...。
ありゃぁと思ったけれど、掬い上げるのも勿体ないとそのまま鍋にしたら、
怪我の功名か、これが案外いける...。
それが胡麻鍋との出合いで、そのときの胡麻は荒擂りだったから、これを
もっと細かく擂ってみたらどうか、などと考え出したら止まらなくなり、以来
試行錯誤しているのである。

頻繁に試作品が登場するけれど、そろそろ完成品が出てきてもいいんじゃない?
とはkiiさんの弁。

最近は練り胡麻をベースにしている。
胡麻鍋模索中
今回の材料はアサリと白菜、きのこ類にシロネギとシンプルだが、塩味のスープは
コクがあって美味しい。
もっと美味しくできないものかといろいろ手を変え品を変え...。
牡蠣で味噌ベースというのもいいかもしれない。

何かヒントを得たいと思いネットで検索していて吃驚した。
何と「坦々ごま鍋」というものが存在するではないか。
これはひき肉を使うそうな。
おまけに「エバラ坦々ごま鍋の素」なるものも販売されているそうな。
いやぁ、知らなんだ...。
検索を続けると、某メーカーから「ごま鍋のストレートつゆ」なるものも出て
いるらしい。
胡麻鍋を名乗るものが既にあったのだ。
鍋つゆは買うものとは思っていないから、今までその存在に気付くことが
なかったのは不覚だった。

それにしても、「坦々ごま鍋」には大いにそそられるものがある。
市販のつゆの素は使わないが、作ってみようか...。

**********
思い立ったが吉日、食い意地が勝って翌日には自己流坦々ごま鍋を作っている。
豚の赤身ミンチは冷凍庫に常備している。
豆板醤はあるけれど、甜麺醤は野迫川だ。
開封したものが2個になってもイヤだし、ここのところはコチュジャンで代用
しておこう。
大概のところは自分の舌と勘で何とかなるはずだ。

にんにく、生姜、長ねぎのみじん切りをドッサリ入れて、肉味噌を作る。
肉味噌を作る
にんにく、生姜、長ねぎというだけで風邪なんか抜けてしまいそうな気がする。
レシピなどを見ると、ごま鍋というのに胡麻の利用量はたったこれだけ??
少し反発を覚えて(?)私は多めの胡麻を使う。

冷蔵庫一掃の有り合せ野菜と煮込んで、エ〜ッ、これ、いったいどうなるの!?
不安だらけである。
し〜らないっと・・・。
一応坦々胡麻鍋のつもり
ごま鍋というよりは肉鍋のようだが、これが大きな花まる。
非常に美味しかったのである!!
大量の野菜がくつくつ煮えて、ミンチの旨みや辛味と微妙に絡み合い、最高の
味わい。
私がイメージする胡麻鍋とはかなり異なるけれど、これも填まってしまいそうだ。
「坦々ごま鍋」はこの時点で、我が家の鍋のベストテンに躍り出たのである。

この鍋、セリや豆もやしも合うだろうな。
肉味噌は、豚の赤身100%よりは鶏のムネミンチをブレンドしたほうが、より
いいかもなどと課題である。
〆は中華ソバでバッチリ。勿論白ご飯との相性も文句なしだろう。

ところで、「けいこ流ごま鍋」
試行錯誤を繰り返すことに、果たして意義があるのかどうか。
今は大いに悩むところである。
posted by けい at 17:00| 奈良 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
けいさん、今度はゴマ鍋ですか!
新しい料理を開発するとなると、たびたび同じ料理を作ることになりますね、
作ってる本人は少しずつ進化(あるいは失敗)しているんだけど、食べてるほうはそこまで思い入れがないので、「またか〜」ってことになりませんか?
坦々麺のスープはしかし、おいしそうですね、体もあったまる〜〜。
肉味噌はそのままご飯にのっけてもおいしそう〜〜。
Posted by ann at 2010年02月16日 06:33
お早うございます
又、新しい鍋料理、開発ですね。
アサリの入ったゴマ鍋、食べたいな〜。
練りゴマを使う・・・その手がありましたね。
ゴマは調味料としてよく使っています。
けいさんのお鍋は日々進化していますね。
どうか最高の味を極めてください。
「エバラ坦々ごま鍋の素」えらいものがあるのですね。
「けいこ流ごま鍋」の完成を待っています。
Posted by sakko at 2010年02月16日 08:13
☆annさん、おはようございます。

笑っちゃうでしょ!?

週に三度も出てくると流石に胡麻かせません。
もうすっかり飽きられてます。
今度からは週に一度にしておこう。(笑)

坦々胡麻鍋は填まりました。
再々登場することになりそうです。
辛いものといえば、たま〜にキムチ鍋を作ることもあるのですが、
それよりも好きになりそうです。
何しろキムチはキムチで食べたいというのがkiiさんで、
鍋にすると嫌がるんですもん。
Posted by けい at 2010年02月16日 09:14
☆sakkoさん、おはようございます。

貝と胡麻の不思議な関係・・・これね、いけますよ。
私としてはかなり好きで、填まっているのですが、
kiiさんはウ〜ンと唸ってます。(笑)
まだまだ勉強が必要ですね!!

「エバラ坦々ごま鍋の素」これには吃驚しました。(笑)
買う気はありませんが、少しは気になってます。
坦々ごま鍋は在庫一掃に大いにお役立ちの優れもの。
安価で栄養価が高いというのも嬉しいです。
知ってよかった!!
Posted by けい at 2010年02月16日 09:32
けいさん、こんにちは!
へぇ、胡麻鍋・・・。
私は何を隠そう、無類の胡麻好き。
でも胡麻鍋とは気付かなかったなー。
しかもすでにタレが市販されているなんて!
坦々胡麻鍋・・・辛いものが好きな私はこれ、気になりますねー。
こんどスーパーで見てみようかしら。
でもけいさんオリジナルのタレのほうがきっとおいしいですね!
ニンニク、しょうが、長ネギ・・・。
ホント、寒さも吹き飛びそう!
Posted by みる at 2010年02月16日 16:07
☆みるさん、おはようございます。

みるさんも胡麻好きなの!?
私も大好きでね、1キロ単位で買います。(笑)

練り胡麻は高価でしょ、悩みますけど美味しいです。

坦々胡麻鍋は思ったほど胡麻鍋という感じじゃありませんけど、
そこのところは、レシピを無視して好きに入れたらいいのですから♪

坦々胡麻鍋のタレなんて、知らなかったですよ!!
よかった、私以外にも知らない人が居たなんて...。

オリジナルのほうがきっと数段美味しいと確信して(?)、
ぜひお試しあれ!!
私も辛いものは結構好きですけど、これはいいですよ。
Posted by けい at 2010年02月17日 09:11
けいさん、こんばんは〜

「けいこ流ごま鍋」今度の山での宴会メニューに決定です〜〜!!
多分、「もどき」になると思いますが、ご愛嬌ってことで。(~_~)

どんなに美味しいのか!今から楽しみです!!

と言うのは、仲間が今回も採れたての牡蠣を持ってきてくれるからです。
これが何にしてもバカウマで!!牛窓の辺で取れたやつです。

男ばっかりなんで、ねりゴマを買ってやってみます。出汁はいりこ出汁
の粉末のが気に入ってるので、それにして、豆板醤とかなんとかじゃんを
いっぱい入れて。。。

また報告させていただきます!えらい楽しみになってきました〜 (*^_^*)
Posted by mic_river at 2010年02月18日 00:51
☆mic_riverさん、こんにちは。

カメレスでごめんなさい。
風邪をこじらせてしまって・・・。
鬼の霍乱ですって。(笑)

採れたての牡蠣で胡麻鍋なんて、なんと贅沢な...。
羨ましいなぁ。
まだ牡蠣の胡麻鍋は作っていないのですが、きっと、
練り胡麻スープとの相性はバッチリだと思います。
あさりであれほどおいしいんですもん。
結果報告をお待ちしています♪

牡蠣がない時は坦々胡麻鍋も試してみてください。
これには肉味噌に豆板醤などを入れて、そこらにある
野菜をザクザク切って簡単ですし、いかにも男の料理
という感じがしますよね。
Posted by けい at 2010年02月19日 17:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック