2010年03月16日

ひらたけの植菌

「体調不良の人は動かないでね」とkiiさんも気を遣ってくれるが、現場に
いる以上、やはり動かないではいられない。

いつもより時間は少し遅めで、午前9時に作業開始。
まずはチェーンソーの刃を研いで、出陣準備である。
チェーンソーの刃を研ぐ

「よし、気合を入れていくぞ!!」
「手出し無用って言ってるのに...」

チェーンソーで2mに切った丸太を、画像の左下端に見える道路まで引き上げ
るのだが、これが重い。
電動ウィンチの力を借りるが、ウィンチも息切れしそうなほどに重い。
この作業が一番きついのだ。
きつい仕事です!
kiiさんは上で調整しながら引き上げる役目、私は下で丸太にロープを括り、
上げやすいように誘導する。
雪と雨で水量が増えている上に、ゴロゴロ石の河原での作業は楽ではない。
上と下での二人作業でもきついのに、これを一人でこなそうなんて、端から
無理な話なのだ。
二名は絶対に必要なこの作業を、kiiさんは一人でどうやってするつもり
だったのだろう。
そういうのを無謀という・・・よね?(笑)

引き上げた丸太を人力で100メートルほど運び、敷地内へ。
薄暗くなって冷え込みがきつくなり、おまけに足元はぐっしょりと濡れている。
二人とも「早く、早く、急げ、ガンバ!」と声を掛け合いながら必死!!
↑画像の一本を残し、此処までで初日の作業は時間切れになった。

私がスムーズに動けない分、kiiさんが手を取られて時間が掛かってしまう。

翌日はホダ木を植菌場まで運び上げる。
運び上げたホダ木

植菌日和だねと言いたくなるほど、陽ざしも風も気持ちがいい。
植菌開始
kiiさんはドリルで種駒用の穴を開け、私はホダ木の掃除(苔などを擦り
落とす)と種駒の植え付け。
流れ作業で息もピッタリ。
私は座り込んで作業しているが、kiiさんは中腰だからかなりきつかった
と思う。
今回はひらたけ1000個を植菌した。

積み上げたホダ木を保温のために囲い、直射日光が当たらないように藁や
杉の枝を被せて二ヶ月ほど寝かせ、その後、本伏せ場所へと移動させる。
囲って完了
たっぷりの水撒きは、植菌の終了を待つようにして降りだした雨のお陰でパス。

残された一本と桜への植菌は次回の作業になる。
植菌の後に降りだした雨は最初はしょぼしょぼだったが、夜半から激しくなり、
増水した水で、その残された一本がどっぷりと浸かってしまった。
今度の引き上げは相当に難儀そうだ。

ギシギシと軋む音が聞こえるほどに、足腰が痛い。
でもこういうことを乗り越えてこそ、キノコとの嬉しい出合いがあるのだ!!
posted by けい at 21:34| 奈良 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
凄いですよね〜
ごん太家も ごん太とじぃ〜のチェーンソーが2台
目立てが大変なので
ネットで電動の目立て機を買いましたぁ

チョット高かったんですが 作業が早くて楽チン
磨ぎ歯も長持ちで重宝しています

切り倒した木材の運搬は大変ですよね
最初はトラクターにワイヤーで引っ張っていたのですが
今はユンボに頼っています…

けいさんの所は息があっていますが
ごん太家はバラバラ
一人作業の方が安心でします
Posted by ごん太 at 2010年03月16日 21:52
お疲れ様でした。
今年も立派なホダ木ですね。
ヒラタケおいしいですが
お二人ともよく頑張ります。
どう考えてもけいさんの力は
必要ですよね。
まさかkiiさんB型なんてことないですよね。
万能職人のkiiさんがとても甘えん坊に
思えてしまったのですが・・・
頑張ったkiiさんに失礼ですね。
ゆっくり休んでくださいね。
Posted by ねねまぁにゃ at 2010年03月16日 22:43
うちのあたりでも、山持ちの人たちはシイタケの原木栽培、ちょうど菌を植える時期なんですね。
皆さん、口々に、シイタケを植えるのがこたえた・・と筋肉痛を訴えておられました。
私は山持ってないので残念〜。
おじいちゃんの山でも植えているころかな?
原木のきのこは本当においしいですものね。
Posted by ann at 2010年03月17日 06:38
お早うございます。
読んでいてけいさん大丈夫って思いました。
お疲れ出ていませんか

危険も伴っているような・・・・お仕事ですね
チエーンソーの音は聞いただけでも怖いです。
引き上げた丸木を人力で敷地まで運び
翌日はホダ木を植菌場まで運び上げる。
すべて坂道の作業、大変ですね。
1000個も殖菌、ヒラタケの収穫が待ち遠しいですね。
Posted by sakko at 2010年03月17日 06:41
☆ごん太さん、おはようございます。

じぃ〜ってお父様ですよね?
イイナァ...知恵も力も抜群の年代ですよね。
強い味方がいらして、羨ましいです。
うちは大方をkiiさんが先頭に立ってこなしてくれますが、
サポートが必須な作業は二人仕事になります。
逆に庭仕事の土木作業では、kiiさんに応援要請をします。
二人で協力しなければやっていられないですもん。

電動の目立て機ってあるんですか!?
調べてみよう。

うちのユンボの老いぼれ卜伝君は今休憩中です。
オイルのパイプとバッテリーを直さなきゃ...。
Posted by けい at 2010年03月17日 08:15
☆ねねまぁにゃさん、おはようございます。

昨年は椎茸で大変でしたが、この引き上げ作業も半端ではないです。
川原での作業だから、知らず知らずのうちに力が入っているんでしょうね。
二人とも足腰が痛んでガタガタ。
その夜の光景といったらなかったわ。(笑)

kiiさん、O型なんですよ。
B型は私。
予想外でしたか?(笑)
Posted by けい at 2010年03月17日 08:22
☆annさん、おはようございます。

今年は椎茸用の原木が手に入らなかったので、残念ながら
椎茸は植えられませんでした。
椎茸はもう少し植えたいんですけど。

原木のきのこって美味しさが違いますものね。
最近は鹿対策も大変そうですが、きのこの美味しさにまで
目覚めてくれなくてもいいのにね。

やっぱり植菌きつい作業ですよね。
kiiさんは中腰だから堪えたと思うわ。
Posted by けい at 2010年03月17日 08:28
☆sakkoさん、おはようございます。

維持と根性に体力がついていかない、というところ
でしょうか?(笑)
今年はいろいろ、参りました!!
まだ一本残っているのを考えると、内心はため息。

菌がうまく活着してくれたら万々歳なんですけど、
これだけはわからないから不安が半分です。
Posted by けい at 2010年03月17日 08:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック